タグ:梅ノ木峠 ( 2 ) タグの人気記事

アプローチを省略したいのだな。

午前中、チャリトレ。
コースは何度か行っている青梅周辺の峠道。
青梅へは多摩サイ経由ではなく、五日市街道~新青梅街道を選択する。こちらは車が多く自転車にとって決して快適とは言い難いが、最短距離ということで。

青梅から北に向かい、山の中に入る。
名栗への道を右手に分けて一登りで無名の峠に到着。

こっちから来て・・・。

d0117565_2273756.jpg


こっちに下る。

d0117565_2281711.jpg


峠の切り通しの苔が美しい。

d0117565_2291576.jpg


夏の花、甘茶や山百合がしばし疲れを癒してくれる。

d0117565_22101688.jpg
d0117565_22101429.jpg


多摩川沿いの軍畑に下り、そこから一般道を梅の里、吉野まで走り、梅ノ木峠に向けて再び山の登りにかかる。

梅ノ木峠にて、こっちから来て・・。

d0117565_22132266.jpg


こっちに下る。

d0117565_22132142.jpg


帰りの途中で豆腐屋さん「一丁庵」に立ち寄ってソフトクリームを食べようとしたら、まだ準備中だった。
代わりにチュロスをいただく。

d0117565_22164777.jpg


これで走行距離66㎞、休憩を含めて約4時間半。
昼前まで太陽が出なかったので、思ったよりも楽であったが、後半はさすがにしんどかった。
by katabami03 | 2013-07-30 22:25 | 運動

梅ノ木峠完走。

梅ノ木峠にチャリトレ。

東京近辺では、コースの長さや周辺ロケーション等といった面で見れば、先日行った「奥多摩周遊」に勝るコースは見当たらない。しかし距離は短いけれど斜度のキツさでは梅ノ木峠はかなりハードなコースだと思う。
つるつる温泉から上、とりわけその後半部分は、自転車を降りて手で押して上がりたくなる誘惑に打ち勝つのに苦労するほどだ。

自転車がある辺りが林道の最高点。
d0117565_19415229.jpg

峠からの眺め。杉の植林と自然林が混成している様子がよく分かる。
遠目に見ても、自然林の植生の豊かさがはっきり確認できる。
d0117565_1942691.jpg

ここは五日市方面と奥多摩方面を結ぶ道と、尾根通しの道の交差点。峠の字そのまんまだ。
d0117565_19422421.jpg

前回来た時はここから来た道を再び引き返したが、今日は思い切って奥多摩方面に下る事にする。
北斜面になるし、杉の植林でなんとなく暗欝な感じがして気が進まないが、ここはひとつやっておくべきだろう。
d0117565_19423934.jpg

車止めの脇から入って下り始めるが、先日の風雨で撃ち落とされた小枝などが散乱しているし、北側につけられた道なので苔が多い。
突然ポーンという音がしたかと思ったら前輪がシュルシュルシュルっとしぼみ始めた。何とパンク!
d0117565_19425034.jpg

嫌な予感が的中。チューブ交換に25分もかかってしまった。

その後は奥多摩側のゲートまで慎重に下る。
d0117565_1943281.jpg


帰りがけに羽村付近で小休止。
d0117565_19431316.jpg

多摩川がここ数日の雨で増水していた。この付近は川幅が広いので、明るく快活なように見えるけれど、川幅が狭まったところは少し白濁した奔流がいつもの多摩川と異なった様相を見せ、怖い感じがした。
by katabami03 | 2012-05-07 19:43 | 運動