高崎物語(2)

毎月第二日曜日は高崎物語の日です。

今日はあいにくの雨降りで歩き回れなかったが、駅から徒歩2分のところに「豊田屋」という、以前から気になっている宿屋がある。そこを紹介しよう。
d0117565_2254949.jpg

以前はもう少し古びた感じだったが、道路拡張で後ろに引っ込んだときに化粧直ししたようだ。高崎は交通の要衝にあるために古くから交易で栄えた街だ。今でも周囲に新しいホテルがいくつもあるが、ここだけ時代に取り残されたようにぽつねんとある、いかにも商人宿といった感じが高崎の歴史を物語っているようだ。
豊田屋さんほど立派ではないものの、街道沿いを車で走っていると、少し前までは商人宿だったと思われる建物がそこここに散見できたが、最近はずいぶんと減ったなあ。

話は変わるが、高崎~八王子間に八高線、八王子~横浜間に横浜線と、関東平野の西縁に沿ってほぼ南北に鉄路が通っている。以前は随分面白いところに電車を通したなあ、と思っていたが、この沿線の歴史を知ったときは、暗いトンネルから明るいところにパッと出たような、そんな感じだった。そう、これは日本のシルクロードだったのだ。
桐生や前橋、高崎といった北関東一帯は蚕(絹糸)や綿の一大産地だったわけで、それが八王子に送られ、そこで織物にされる。(八王子は今でも繊維関係の業者が多い。)織物はやがて横浜に送られ、船に乗せられ外国に輸出されたわけだ。
これも古い話になってしまうが、20年数年前までは高崎の街を出ると桑畑がたくさんあったものだ。東京近辺でも、1970年頃までは多摩の青梅街道あたりは桑畑だらけだったそうだ。(これはスキー友の淵脇英一君から聞いた話。)

日本の産業の盛衰にしばし思いをはせる。あの「豊田屋」にも生糸の買い付けやら何やらの商人が泊まったのであろう。
# by katabami03 | 2007-06-10 23:06 | 高崎物語 | Comments(0)

展覧会告知

資生堂が収集した陶磁器といけばなのジョイント展です。

資生堂が錚々たる先生方の作品を所持しているとは知らなかった。今回は陶といけばな、二作品のコラボレーションを各流派の先生方が週代わりで展示します。
d0117565_21371613.jpg

私は最終週、9月4日からの一週間です。忘れないでくださ~い。
# by katabami03 | 2007-06-09 21:46 | Comments(0)

科学博物館

遅ればせながら上野の科学博物館で開催されている、特別展『花』を見てきました。
ん~、なんて言ったらいいのかなあ・・・・先ずこのような企画を行ったこと、これは素直に評価すべき事だと思います。・・ただ、やっぱり物足りなかったなあ。
場所が場所だけに全体のトーンが博物誌的あるいは植物学的な視点で構成されているのは致し方ないことなのでしょうが、私的にはもう少し文化・芸術的視点を加味していただきたかった。(努力の跡は窺えた。)
文句を先に言ってしまったけれど、いろいろ考えさせられることしきり。いけばなを生業にしていると言うのに、植物に対して何と知識の乏しいことか・・、反省してます。

ものはついで、と言うことで科博の常設展示を覗いてきました。
私、小学生のときに来た覚えはあるけれど何も覚えていない。だけどここ、文句なしに面白いです。ここの学芸員って言うのは多分皆科学者かそれに準じた人達だと思うのだけれど、小難しいことなど皆無。いかに楽しく、面白く、いかに興味を持たすことができるか、といった努力がそこここに窺えて、科学者の良心とか、子ども達への愛情とか、そんなことまで感じてしまった。

天井のドーム。古い建物ってーのは味があるねえ。
d0117565_22144442.jpg

魚の展示と鉱物標本(手ぶれ)、現代アートを見ているようだ。
d0117565_22184677.jpg

d0117565_2219825.jpg


「シアター360」というのがあった。これ、イチオシ。テクノロジー(技術)とエンタテインメント(娯楽性)の見事な融合。
d0117565_22231879.jpg

大きくて写真に収まりきらない、これでは何だか良く分からないでしょう。是非行ってみてください。

忘れていました。『花』展のなかで出会ったいい言葉、正確には覚えていないけれど、こんなでした。
「旧石器時代の、ネアンデルタール人も花を美しいと感じる心を持っていたのだろう。」
ちょっとホロっときた。
# by katabami03 | 2007-06-08 22:35 | Comments(0)

リシノメ(6)

普段見慣れた光景でも、角度をちょっと変えて見ると面白い構図が現れるもんです。

これはサンシャイン60と東急ハンズ、手前の看板の絵(写真?)よく分からないんだよねぇ。犬かなあ。でも何の宣伝なの?
d0117565_21482895.jpg

ビルの上の大広告を見れば、どんな会社(業者)が繁盛しているか良く分かる。バブルがはじけた直後は随分空き看板が目立ったものだ。その後はサラ金全盛。首都高を走っていて、目に付く看板のほとんどがサラ金だったこともあった。
今は相変わらずサラ金そして英会話、その後を追って教育(受験)関係、携帯電話といったところが多いかなあ。

巨大広告は台風にも耐えるだけあって、その構造はさすがに剛健です。ちなみにこれは「NOVA」だ。もうかってるんだねえ。
d0117565_2211244.jpg

今日はスゴイところを見た。
看板の骨組みのところどころにアリンコのように見えるのは鳶さんたちだ。よくあんなところで平気なもんだと感心すると共に看板がいかにデカイか良く分かる。
d0117565_22102620.jpg

グッと寄って見る。鳶が土屋アンナに食われそうだ。
d0117565_22113672.jpg

美観景観おかまいなしに街中広告だらけ。儲かってるんならもう少しましな金の使い方があるだろうに・・、なんて思う私はやっぱり貧乏人のひが目か。
# by katabami03 | 2007-06-07 22:27 | リシノメ | Comments(0)

弥彦の旅

・・・というわけで、行ってきました弥彦の旅。

先ずは玄関口「燕三条」駅。
凧合戦があるそうです。駅の中にはカラフルな凧がいっぱいで、けっこう迫力。
d0117565_2245212.jpg

駅の中にある鳥居。
d0117565_2263923.jpg

4日は弥彦神社、弥彦山周辺探訪。
弥彦神社・立派なお社です。
d0117565_22105712.jpg

弥彦山へ上がるロープーウェイの途中、藤がきれい。
山頂からは少しかすんでいたものの、佐渡島が望まれた。思っていたよりずっと近くにあって、且つデカイ。
d0117565_2216840.jpg

5日は良寛さんの資料館や史跡巡り。
「書」はまったく素人だが、なんとなく「小気味いい」という感じがした。良寛さんのような無欲恬淡な生き方に出会うと、やっぱり自分の生き方を少し反省するなあ・・・。
# by katabami03 | 2007-06-05 22:32 | 旅・山 | Comments(0)