<   2009年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

盛りだくさん。

池坊の展覧会を見に上野に行く。

上野駅公園口前、土日でもないのにたいへんな人出だ。
d0117565_22352657.jpg

上野公園ではそこここでヘブンアーティストがパフォーマンスをおこなっている。
ヘブンアーティスト-都が審査して認定された人は公認で芸を披露できると言う資格。何でも制度にからめ取るお上のやり方は素直によろこべないが、問答無用で警察に取り締まられることを思えば、一歩前進か。

プログレッシブ・クラッシックだって。すごいテク!
d0117565_2245551.jpg

このジャグリングはすごかった。投げ銭、奮発して200円。
d0117565_22473616.jpg

この人だかりは・・・?
d0117565_2249191.jpg

人間風船、あはははは。
d0117565_22495648.jpg


さて池坊展。
都美術館に来るのは久し振り。
d0117565_22503782.jpg

立華、生花(古典花)共に新風体という、現代的にアレンジしたものが多い。

新風体でもこんなのは面白いなあ。
d0117565_2256110.jpg
d0117565_2256576.jpg
d0117565_2256843.jpg

変わったしつらえ、と思ったら目黒区の稲葉先生。
d0117565_2256372.jpg

自由花の小品。愛らしい佳品が散見される。
d0117565_2258060.jpg
d0117565_22581258.jpg
d0117565_2258263.jpg

見終わって会場を出ると隣の部屋で面白そうなものをやっているので覗いてみた。
「ガラス教育機関合同作品展」とな。つまり、いろんな学校でガラスをやっている生徒の卒業制作展だそうだ。
d0117565_2355368.jpg

工芸品的なものやオブジェや、いろいろあって見ごたえがある。
面白いのをいくつか。
d0117565_2351357.jpg

d0117565_2362669.jpg
d0117565_2364216.jpg

この作品はとても綺麗だった。
d0117565_2372937.jpg

細部をアップで。
リボンの部分。
d0117565_238233.jpg
d0117565_2383915.jpg

これは花の部分。
d0117565_2393627.jpg

横においてある蝶。
d0117565_23101374.jpg

こんなのほしいなあ。
d0117565_23101716.jpg

未来がいっぱい広がっている若い人達の作品を見ることが出来たのは、思わぬ収穫だった。
ほんのり暖かい気持ちで美術館をあとにした。
by katabami03 | 2009-03-18 23:20 | 展覧会・イベント

陽気に誘われて。

いやはや昨日霜の話をしたかと思ったら、本日は急転直下、春たけなわの様相。全く季節の移ろいは油断も隙もあったもんじゃない。

で、本日の寸景。

池袋東口、通称映画館通りの木蓮(モクレン)が満開。
d0117565_22375224.jpg

ちょっと駅寄りでは、ペルーだかボリビアだかのおっちゃんがフォルクローレを奏でていた。
d0117565_22404865.jpg

このテのグループは度々目にする。大概は3~4人のグループが多いが、二人と言うのは珍しい。
暇なときは2,3曲聞いていき、100円投げ銭して立ち去る。
常々思うのだが、この人達って総じて演奏は上手い。本国ではプロなのだろうか?というのが疑問①。
総じて民族衣装をまとっているが、普段はどんな服を着ているの?コレ疑問の②。
夜だと酔客が時々CDを買っているのを見かけるが、昼間はほとんど売れているように思えない。これで商売になっているのだろうか?-疑問の③。
③に付随して、いろいろなグループを見かける、ということは、日本は出稼ぎ場所としては良い国なのだろうか?-疑問の④。
あんまり儲かっていない(ように思える)みたいだけど、どこに寝泊りしているのだろうか?-疑問⑤。

よけいなお世話じゃ、と言われそうだが、疑問は尽きないのよね。
by katabami03 | 2009-03-16 23:01 | 私は思う。(日々雑感)

今日も霜。

日中は暖かい日が続いているが、朝夕はまだまだ寒い。
昨日の雨をたっぷりと吸った畑の土も日陰はまだ真っ白。
d0117565_22151565.jpg

ちょっと目を転ずれば、そこここに面白い現象を見出せる朝。
d0117565_22182514.jpg


いつでも自然は最高のアーチストだ。
by katabami03 | 2009-03-15 22:21 | 私は思う。(日々雑感)

ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ。(リシノメ54)

d0117565_22233390.jpg

だからぁ、家でやられても困るんだってば。
by katabami03 | 2009-03-13 22:24 | リシノメ

古典花の楽しみ。

梅も終わって次は桜かと思いきや、昨日今日と寒い。
バス停近くの畑の脇の霜柱。もう小学生に荒らされていた。
d0117565_22282980.jpg

今日は3ヶ月に一度の古典研究の日。
花材には比較的に扱いやすい山茱萸(サンシュユ)を選び、古流の生花、5つの形態の一つである「受け流し」型をテーマに行った。
d0117565_22521863.jpg

「受け流し」型は5つの形態の中でもメリハリの効いた、力強い形態だ。

K先生作。枝の屈曲を上手く利用している。
d0117565_22375565.jpg

O先生作。枝の向きによっては、左右を逆に生けることもある。
d0117565_22403184.jpg

山茱萸は柔らかな曲をつけることも出来るし、逆に直線的にすっきりとあるいはゴツゴツとした屈曲を見せたりと、作者の趣向によっていろいろな表情を描き出せる材料だ。

今年の古流協会展より、山茱萸と柊南天(ヒイラギナンテン)の受け流し2作を。
d0117565_2251092.jpg

d0117565_22512525.jpg

by katabami03 | 2009-03-12 22:56 | いけばな

いけばな協会展から。

朝の開店前に花の手入れに行った折に、会場内をサーッと見てきた。
古典花やさっぱりとした投げ入れ花、ド派手なものや造形的な花。いけばなの見本市みたいだ。

一際目に付く大きな桃の花。誰かと思ったら亜美ちゃん・・なんていっては失礼か、小原流の工藤亜美先生でした。
d0117565_22441114.jpg

木瓜(ぼけ)の枝で作った堅固な構築物のよう。龍生派の関本先生父子の作。
d0117565_22475645.jpg

格調ある生花はLABOでお馴染み、鳥谷部先生。
d0117565_22483697.jpg

手直ししている先生方の中に千羽理應君と藤原素朝さんを見かけた。

千羽理應君の作品。今年は上に飛び出していませんでした。散らした赤いバラの花びらがチャーミング。
d0117565_2252192.jpg

藤原さんは梶井の宮御流という遠州流系の流派。徹底して作りこんだ、曲芸的な生花が特徴。
d0117565_22544549.jpg

第一次は明日まで。明後日には、一部を残して作品が入れ替わる。次はどんなものが出てくるのか、楽しみだなあ。
by katabami03 | 2009-03-11 23:09 | 展覧会・イベント

明日から「いけばな協会展」が始まります。

本日、上野松坂屋にて花を生けてきた。

「花は足で生けろ」という言葉がある。
といっても、足で生けるわけではない。つまり、方々を見て回って花材を探せ、ということ。
それが出来ればもちろんそれに越したことはない。けれども今の時代、なかなかそのような時間はとれない。で、花材はほとんど花屋まかせ、ということになる。
まあ、花屋さんとも付き合いが長くなると、大体コチラの希望するものも分ってきて、大きく外れることはほとんどない。

今回は生花(せいか・古典花)を生けた。花材は今が盛りの木瓜(ボケ)と山茱萸(サンシュユ)。

花屋さんから届いた木瓜と山茱萸。
d0117565_22205458.jpg
d0117565_2221689.jpg

器はこれだ。通常、牡丹籠(ボタンかご)とよばれている大蔓籠。
d0117565_22244475.jpg

生けこみ寸景。いつもながらごった返している。
d0117565_22245660.jpg

生け上がりはサッパリとこんな感じ。
d0117565_22255372.jpg

長年花を生けてきて、今までパーフェクトというのはないし、これからも無いと思う。
いつもそれを目指しているわけだが、今だ道遠し。とはいうものの、今回はまずまず・・・かな。
by katabami03 | 2009-03-10 22:36 | 展覧会・イベント

いつの間にか・・。

2年前にいけばなの展覧会で使った春蘭、鉢植だったので家に持ち帰ってきた。これが律儀なやつで、昨年も花を咲かせてくれた。
半日陰に置いておくと良いらしいので、庭の隅に植わっている穂咲き七竈の根元にほったらかしにしてある。
夏場に水くらいはくれているが、肥料を入れたこともない。それが今日見たらいっぱい花を咲かせていた。
d0117565_20245688.jpg

数えたら全部で7輪、あと蕾が2つ。

以前瀬戸にいた頃、近くの里山で野生の春蘭を見つけたときの感動を思い出した。
日本の蘭は逞しいものだ。
by katabami03 | 2009-03-08 20:34 | 草花

いけばな協会展 告知

3月11日~16日迄、上野松坂屋にて「いけばな協会展」が開催されます。
d0117565_21503290.jpg

ト、マニュアル通りにスキャンしたのに、なぜか画像が荒れている。古流協会展の時にはうまくいったにに、なぜだ?ホントにこのテの機械はよう分らん。
ともかく展覧会があります。
ちなみに私は一次(11,12日)に出瓶します。
期日が迫っていますが、チケットご希望の方は↓こちら迄。

risi@jcom.home.ne.jp
by katabami03 | 2009-03-07 21:59 | 展覧会・イベント

ラスト15分、risiは唸った。

久々の洋画「7つの贈り物」を観た。

この映画、観終わった後にいろいろと意見が割れる、と聞いていた。はて?どういうことか、と思っていたが、成る程そうだろうなあ。
d0117565_22224118.jpg

それはそうとしておいて、risi的にはこれはかなり面白く観れた。面白いといっても、スカッとした爽快感とか深い感動とかとは無縁。いうなれば、良く練れた推理小説を読んだ後のような心地よい疲れ、とでも言おうか。
物語は淡々と進んでいくのだが・・・、ト、これ以上あまり喋ると、未見の方にとってつまらなくなってしまう。ともかく、全ての謎が解明するラスト15分、驚愕の展開にrisiは唸ったのだった。
それから、役者さんの層の厚さに感心、そして何よりウィル・スミスが素晴らしい。後は観てのお楽しみ、ということで。

ところで話はかわるが、今日の写真、お気付きのかたもいると思う。そう、横長なんですね。
実は今使用中のパソコン(ノートパソコンです)、半年位前に液晶画面がダメになって、それ以来、弟が使っていないディスプレイ画面を借りて、自分のと繋げて使っているわけです。
パソコンが旧式のため、新しい画面に写すとビローンと横長になってしまうんですねえ。
で、人物ですが、これで写真を見てから実物を見ると、みんなやせて見えるんですねえ。
あ、寝ている姿はダメです。
by katabami03 | 2009-03-05 22:49 | 映画・演劇