カテゴリ:高崎物語( 68 )

「三丁目の夕日」みたいな・・・。(高崎物語26)

高崎という街はかなり広範囲に広がっている。
高崎駅をはじめその周辺部こそ近代的な建築物が立ち並んでいるが、一本道路を越えただけで、意外に落ち着いた街並みが広がっていたりする。

駅前はどこの地方都市にも見られるような光景。
d0117565_21225451.jpg

上の場所から100mと離れていないところ。昭和の匂いがプンプンする。
d0117565_21253690.jpg

d0117565_21322330.jpg

これはお米屋さん。
d0117565_21261517.jpg

すぐ近くにあるここは・・・元修理工場?なつかしいスバル360。
d0117565_21275076.jpg

街中を歩いていると、いきなり焼酎工場が現れたり醤油屋さん(醸造元)があったり、次々と珍しいものに行きあたり、歩くのが苦にならないほどだ。

今日はこんな所を発見。
d0117565_21312728.jpg

d0117565_21314919.jpg

駅からわずか5分ばかりのところに「こうじや」さん。

思えば東京だってrisiが生まれ育った時代は各種商店はもとより、様々な町工場が点在していたりしたものだ。
高崎の旧市街(?)を歩いていると、どこか郷愁を誘われる。
by katabami03 | 2010-05-09 21:47 | 高崎物語 | Comments(4)

さあ、出発。

今日と明日は明後日より開催される「古流かたばみ会群馬支部いけばな展」の生け込みです。

車の中は花と諸々の道具類で満載。
d0117565_7574882.jpg


それでは行ってきま~す。
by katabami03 | 2010-04-22 07:58 | 高崎物語 | Comments(2)

問屋町。(高崎物語25)

出先からの帰りがけ、あわててとび乗ったバスが途中から駅と反対方向に向かって走り始めたので大慌て。急いで運転手さんに話を聞くと、ぐる~~~~~っと大回りをして駅に行く路線だという。で、途中の「問屋町駅前」から電車に乗れば、高崎駅は一駅だとのこと。
問屋町という名称はかなり以前から見聞きしていたのでどんなところだろうか、東京の人形町とか浅草橋とか、あるいは河童橋のように商店がひしめき合って、活況を呈している街なのだろうか、なんて想像していた所なので、この際そこまで行くことにした。

問屋町駅前。みごとになあーーーんにもない。
駅前にこれほど何もないところというのも珍しい。
d0117565_23213648.jpg

駅の反対側はもっとなあ―――んにもない。
駅に来る前の車中から見た街の景色は問屋がひしめきあって・・というような風情でもない。

問屋町という名は、昭和40年ごろ近辺の卸商社が集まって、当時としてはかなり大規模な卸問屋の団地を作ったことに由来するらしい。
お店がひしめき合って、といった光景は見られないが、この近辺の道路沿いは中小の商業ビルが立ち並んでいるといった様相で、他地域とは雰囲気が違っているのが見てとれる。

海外の都市を見ると、政治と経済の機能をはっきりと分けて、それぞれの都市に集中させている国(都市)を見かけることがある。
国内でも、高崎のある群馬県は、政治の機能は県庁のある前橋市がその役を担い、高崎は文化、商業の街といったイメージがある。
問屋町も群馬県内の商業の街の一翼を担ってきたのであろう。
d0117565_23423142.jpg

駅舎は最近建て替えられたのであろう。
問屋町という、どことなくノスタルジックな名前とは裏腹な、近代的で合理的な駅だった。
by katabami03 | 2010-04-11 23:47 | 高崎物語 | Comments(0)

シティーギャラリー探訪記。(高崎物語24)

今日は高崎市華道協会の花展を拝見してきた。

場所は高崎シティーギャラリーの展示室。
d0117565_2250399.jpg

シティーギャラリーは広くゆったりとした展示室がいくつかあり、各種美術展やグループ展が常時開かれている。
公設のため利用料金も比較的安価と聞く。まったく恵まれた環境だ。

花展会場はゆとりのあるしつらえとなっている。
d0117565_22565162.jpg
d0117565_2257511.jpg

春の息吹に満ちた作品の数々。
d0117565_22575716.jpg

小品花も楽しい。
d0117565_22583739.jpg

シティーギャラリーは以前に紹介した高崎市役所と、チューブのような空中回廊で繋がっており、その部分だけ見ていると近未来都市のような様相だ。

高崎市のランドマーク、高崎市役所。
d0117565_2323050.jpg

この辺りはかつてのお城の跡地なので、お堀や石垣も残されている。そのためか、近代建築も東京のような殺伐としたものではなく、無機と有機がうまく調和していて、ここから高崎駅まではゆっくり歩いても10分ほどの道のりだが、気持ちのいいアプローチとなっている。

東京でもこんな環境があちこちにあれば、日々の生活もちょっとは潤いのあるものになるのになあ。
by katabami03 | 2010-03-14 23:17 | 高崎物語 | Comments(3)

デビュー。(高崎物語23)

ストリートデビューしちゃいました。

場所はストリートのメッカ、高崎駅東西自由通路。('07,11月11日参照)
d0117565_20482014.jpg

約20分カマしてきた。

レパートリーを増やさねば。
by katabami03 | 2010-02-28 20:50 | 高崎物語 | Comments(13)

高崎=ダルマのわけ。(高崎物語22)

関越自動車道や長野道が開通してからというもの、国道18号を通ることはなくなった。
以前は長野方面に行くには高崎から碓氷川沿いに走り、碓氷峠を越えていくのが一般的だった。

高崎市街を過ぎて国道18号を10分ほど長野方面に走ると群馬八幡という街に差し掛かる。ここに「高崎物語」でも何度か触れたダルマのルーツとなる達磨寺がある。

碓氷川にかかる橋の欄干にも達磨が。
d0117565_22165457.jpg

橋の上から上流を望む。
正面左手は浅間山。右手にかすかに赤い鳥居。そのさきは群馬八幡駅に続く。
d0117565_22191080.jpg

少林山達磨寺入り口と境内案内図。

d0117565_22202954.jpg

d0117565_2240037.jpg

昭和の初めころ、ここに住んだブルーノ・タウトに関する記述。
d0117565_22403595.jpg

まずタウトも一筆残している長い階段。
d0117565_2243121.jpg
d0117565_22431614.jpg

階段を上った先にある鐘楼。
d0117565_22434455.jpg
d0117565_2244197.jpg

鐘楼、講堂などがあるところからさらに石段を上った先にある霊符堂。
d0117565_22472436.jpg

たくさんの達磨が奉納されている。満願成就したお礼?
d0117565_22484982.jpg
d0117565_2249366.jpg
d0117565_22491759.jpg

左手にある達磨堂。
d0117565_22502831.jpg

絵馬も達磨。
d0117565_22511097.jpg

達磨堂正面の達磨。怖さとユニークさが同居している不思議な雰囲気。
d0117565_22524498.jpg

群馬県出身の歴代首相の達磨。なぜか福田Jr.はない。
d0117565_2255598.jpg

ここに収められている達磨コレクションは見ごたえがある。
d0117565_22562240.jpg
d0117565_22564016.jpg
d0117565_22565974.jpg
d0117565_2257166.jpg
d0117565_22573514.jpg

こんなのや、
d0117565_22581758.jpg

こんなのまで。
d0117565_22584731.jpg

外にはこんなものまで。懐かしいダルマストーブ。
d0117565_230297.jpg

タウトが住んでいたという小さな家。
d0117565_2312558.jpg

タウトの記述と説明書き。
d0117565_2323231.jpg
d0117565_233339.jpg

石段上から見下ろす先は前橋市か、その先には赤城山が座す。
d0117565_2353072.jpg


20数年前の正月明けに長野からの帰り道、ダルマ市の日だと知らずにこのあたりでひどい渋滞にあった。それもいまでは懐かしい思い出だ。

ここは達磨を崇拝、敬愛する人達の聖地。
by katabami03 | 2009-10-04 23:16 | 高崎物語 | Comments(2)

東口はっていうと・・。(高崎物語21)

高崎駅東口はその後どのようになっているのか、ちょいとウォッチング。

高崎駅での在来線の乗り降りは二階の改札口から。
改札口から東口に向かい表に出ると・・・某Y電気のビル。
d0117565_22241552.jpg

工事は進んでいるのか、と思ったが。
d0117565_22271859.jpg

何とまあ、3,4カ月前とあんまり変わっていないなあ。
一応新幹線の改札も不自由していないし、火急を要する工事でもない、ってことか。
そのためなのかどうか、地上部分はどことなくのどかな雰囲気が漂っている。
d0117565_22311710.jpg

いずれ完成したところで近年どこにでもあるような無個性な駅舎になるのだろうけれど、なんとなく気になって最後まで見届けたいと思う今日この頃。

ところで、今日高崎市内の道路わきの植え込みの中から、目にしたことのない花が顔をのぞかせていた。
d0117565_22363427.jpg

花はナスの花の色を薄くしたような形と色合い。葉はアザミの葉をやや大きく広げて、柔らかくしたような感じ。
帰化植物?逞しそうな花なので、いずれ全国に広まっていくことだろう。
by katabami03 | 2009-06-28 22:45 | 高崎物語 | Comments(0)

満を持して。(高崎物語20)

(パソコンようやく開通。以下、4月12日の見聞)

高崎名物といってもいろいろあるが、一番目立っているのは何と言っても「高崎の観音様」だろう。

新幹線に乗って高崎に近づくと左手前方の小高い山の上にその姿が望まれる。
以前、現在のような高速道路網がまだ出来上がっていなかった頃のこと、東京から信州方面に行くルートは、ここ高崎を通過していくのが一般的だった。
高崎市内を流れる「烏川」の左岸(上流から見て左手)を国道18号が通っていて、そこから対岸の山の上に立つ観音様の姿をチラチラと眺めながら安中方面に車を走らせたのが懐かしい。

烏川手前より観音山を望む。
d0117565_21345417.jpg

川を渡って観音様目指して坂を登っていく。観音山中腹より見下ろす高崎市内。左手の高い建物は高崎市役所。
d0117565_21355798.jpg

高崎観音(白衣観音)は高さ11,8メートル。昭和11年に出来上がったそうだ。
周囲には桜が名残惜しげに咲いていて、実に麗しい御姿。
d0117565_21435280.jpg

近くで見るとかなり高いが、全身を見るよりも木の間越しに見上げるほうが絵になるようだ。
d0117565_2144629.jpg

名実ともに高崎のシンボルと言って差支えなかろう。
by katabami03 | 2009-04-14 21:51 | 高崎物語 | Comments(5)

市役所周辺は。(高崎物語19)

市役所周辺をウォッチング。

市役所周辺は元々お城の敷地内の一部とあって、広々としていて、整然と整備されている。
※高崎城については、高崎物語5(’07年10月)参照。

2,3分北にある交差点から見た市役所。
d0117565_9545253.jpg

同地点から見た左右の建物。
右手には市役所から空中歩道で繋がっている「高崎シティーホール」。円形の建物はコアホール。
d0117565_9445318.jpg

左手、道路の向こう側にあるのが「群馬音楽センター」。
d0117565_946096.jpg

シティーホールはいけばな展はじめ、各種展覧会などに広く開放されている。文化的に恵まれている環境はまことに羨ましい。
入り口とその前にある彫刻。
d0117565_953873.jpg
d0117565_9533953.jpg

空中歩道、近未来都市の観。
d0117565_9572050.jpg

道路をはさんだ向側、群馬音楽センターの南にある「シンフォニーホール」。壁面には「緑化フェア」の名残か、植栽による♪が。
※緑化フェア、高崎物語10(’08、4月)参照。
d0117565_10022.jpg

市役所正面ではなんといっても、この大きな彫刻が目を惹く。
d0117565_1025798.jpg
d0117565_1031484.jpg

こんな画も。
d0117565_1042049.jpg

市役所のところを左に曲がって(東に向かって)高崎駅に向かう。

お堀の脇に北村西望の彫刻「将軍の子」がさりげなくおかれている。
d0117565_1084624.jpg

お堀を渡って振り返ると。
d0117565_1064810.jpg

そのすぐそばにあるモニュメント。
d0117565_1010168.jpg

この表示は東向き(駅に向かって)設置されているが、反対側から見たほうがいいのかなあ・・・。
d0117565_10121112.jpg

駅はもうすぐそこだ。
d0117565_10141045.jpg

再び振り返ると、道路にも♪が。
d0117565_10133024.jpg
d0117565_1013431.jpg

さすがは音楽の町、高崎。
※高崎物語13(’08年7月)参照。

わずか20分ばかり、駆け足ウォッチングでした。
by katabami03 | 2009-03-02 10:19 | 高崎物語 | Comments(2)

高崎物語(18)

地方都市を旅していると度々出会うのは、駅がかなり街外れにあるという光景だ。
新幹線の駅などでも、どうして?というような、田んぼの真ん中にあったりする。元々あった街の真ん中に線路を通す、というのはかなり難しいのは、今も昔も変わらないことだろう。

高崎は以前紹介したように(高崎物語5、2007年10月)お城を中心に発達した街のようだ。市役所はじめ各種公共機関、繁華街などは駅の西側に集中している。
というわけで、かつての高崎駅は西口が表玄関だとすると東口は裏口みたいなものだったのだろう。
今日はその東口をご紹介しよう。

駅ビル1階を出たところ、駅前のロータリーは現在工事中。2階の北側には最近の新しい駅前でよく見かける、スカイデッキ(空中回廊)がある。これは近い将来駅前ロータリーの上をぐるりと覆うような文字通りの回廊になるようだ。

2Fからの眺め。ちょっと前までは高い建物など皆無だったのだろう。戦後の焼け跡からの復興、みたいな光景だ。
d0117565_2323139.jpg

駅前からまっすぐに伸びる道路もどこか閑散とした感じ。
d0117565_23242661.jpg

ところが道路を渡ってから駅を振り返ると・・。
d0117565_23254278.jpg

ご覧のように、某Y電気のビルがドッカーンとたっている。
このビルは東口の北側にある。南側にはまだ目立った商業施設は見当たらないが、いずれ何某かの建物が出来るのであろう。

いずれ高崎という街の様相も変わっていくのだろうか。興味は尽きない。
by katabami03 | 2009-02-01 23:42 | 高崎物語 | Comments(2)