カテゴリ:展覧会・イベント( 393 )

酷暑の中の彩花展。

彩花展、本日無事終了。
以前は8月末から9月の頭にかけて開催されていた花展だが、ここ数年、年々早くなってきて、今年はついに7月開催となった。百貨店の都合とはいえこの時季は花材等なかなか厳しいものがある。
今回はやはり慣れていないせいかチケットなどが手元に届くのが遅く、また、不順な天候、そしてここに来てこの猛暑。わざわざお越しいただくのも申し訳なく、花展の告知は開催前日にFBで触れただけで、どなたにもご案内をお出ししなかった。

この場にてかたばみ会会員作品をアップします。


第一次・小原理史奈
d0117565_21055214.jpg
第二次・岡理尚
d0117565_21123297.jpg
第三次・石川理桃
d0117565_21081519.jpg
第三次・大沢理節
d0117565_21242133.jpg
そして拙作
d0117565_21250625.jpg
竹の「二重切り」の器に朝鮮槙(チョウセンマキ)を上下ともに草型で生けた。
二重切りは様々な生け方が考えられるうつわで、このような生け方の場合は下口をやや軽めに生けると上口の強さが強調されるような性格がある。
ここでは常道通り下口を幾分軽めにしたが、右に張り出す枝をあえて長く生けてみた。
賛否両論あろう。
なんだか幾何学のパズルみたいになってしまったなあ。
分け入っても分け入っても、どこまで続くいけばなの道・・・嗚呼。



by katabami03 | 2018-07-17 21:38 | 展覧会・イベント | Comments(5)

分け入っても分け入っても深い山・・・ってか。


『2018 古流かたばみ会展』今年も無事終了いたしました。
たくさんの方々にご来場いただき有難うございました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。


例年秋開催だったのだが会場のアクアプラザが結構人気があって、昨秋は希望日が全く取れず春開催となった次第。
数年前にも春に開催したことがあった。内情を言うと、春はほかの花展が続くのでできる事なら秋に開催したいというのが本音。とはいえ、会員にとっては様々な季節の素材を生ける楽しみもあるので、時には季節を変えて展覧会を行うことも必要かもしれない。

今回私は「苔つつじ」を生けた。
アレ、と思われる方もいらっしゃるかな。そう、過日行われた「いけばな協会展」と同じ花材です。
d0117565_21044307.jpg
会期中に多くの方々に、どのようにしてこのような形に持っていくのか、というようなことを聞かれた。
その都度、「魂の赴くままに生けていっただけですよ」と答えた。(嘘です)
まああれこれやってます。

この機会なので、いけばな人の台所事情というのをチラッとお見せしよう。

まずは素材。
d0117565_21115814.jpg
これらは花屋さんに注文して届けてもらったもの。「花は足で生けろ」という言葉があるように、本来は自分で、生産者あるいは自然の山野に赴いて自身の目で選んで切り出してくるのが理想だが、なかなかそうもいかないのが現状。
ま、こんな中からそれぞれの型に見合った枝を択ぶ。生ける以前の過程だが、どのようなはなを生けるのかそのアウトラインが決まるので、この「見立て」も大事な技量の一つと言えよう。
柔らかい素材や草物は手先のテクニックで形を作り出せるが、花木類は手間がかかる。この程度の花材でも時にはこれくらいの作業が必要だ。
d0117565_21241887.jpg
d0117565_21242767.jpg
一枝一枝がスパッと決まるときもあればいつまでいじくってもピシッと収まらない時もある。決まらない時はどこかで妥協しなければならないのだが、体調が良い時は結構粘ってそこそこまでまで持っていくことができる。が、そうでないときは早々に妥協してしまうこともある。人様にお見せするものだけに、さすがにみっともないはなは出さないが、自身の心中ではね~、そりゃありますよ、さまざまな葛藤。

で、今回はこんな感じ。これは教室であらかじめ大まかな形をこしらえたあとの状態。
d0117565_21405851.jpg
実際に展示されるものは、これにさらに手を入れているわけです。

ところで、先にチラッとお伝えしたように、この花材は先月半ばに行われた「いけばな協会展」で生けたものと同じ素材。
こちらの分は花屋さんで保管しておいていただき、会期一週間前くらいに教室の方に持ってきていただいた。ところがここのところの暖かさで新芽が出てきて、さらに花も出てきた。
自然の力というものを今更ながら見せつけられたような思いがした。
ちなみに、会期初日は開花は見られなかったが、二日目にはあちこちに花が咲いた。
d0117565_22003932.jpg
この「苔つつじ」という花材を生けるのは初挑戦から数えてみたら5回目のこと。先の「いけばな協会展」の折に、まずまずの作になったとコメントしたが、こちらの方がさらにグレードアップしている(と思う)。どの程度枝を動かせるか、だいぶわかってきた。まあこの程度までできて来ればあとは「いつでも来い」。・・・ということで次回からはほかの花材に臨んでいこう。



by katabami03 | 2018-04-03 22:09 | 展覧会・イベント | Comments(2)

告知。

[ 2018 古流かたばみ会展 ]

会期:2018年3月31日(土)4月1日(日)10:00A.M.~5:00P.M.
会場:新宿アイランド・アクアプラザ

ご来駕、ご高覧賜りますようご案内申し上げます。



d0117565_19211254.jpg


d0117565_19215258.jpg

by katabami03 | 2018-03-21 19:22 | 展覧会・イベント | Comments(0)

いけばな協会展終了しました。

いけばな協会展、盛会裏に無事終了いたしました。

この展覧会が始まると思い出すのが東日本大震災だ。
あの震災、実はいけばな協会展の開催中のことだった。当時の会場は上野松坂屋。私はすでに展示を終了していて、当日は最寄りの駅から家に向かうバスの中にいた。しかし展覧会はまだ開催中で、会員が出品していた。後から聞いた話だが、やはりかなりの作品が倒れたりして大変だったそうだ。その後展覧会は続けたのかどうか記憶にないのだが、多分取りやめになったのだろうと思う。
まあ、人的被害はなかったのが不幸中の幸い。いけばな協会展の時期になると、つつがなく花を生けていられることのありがたさを改めて思い起こす次第。

かたばみ会出品者の作品。

大塚理司
d0117565_19494309.jpg

塩練理智
d0117565_19501003.jpg

草野理多嘉
d0117565_19504768.jpg

西村理季
d0117565_19512814.jpg

飯野理堯
d0117565_19522550.jpg

小原理詔
d0117565_19533601.jpg


この後はいよいよ我が会の展覧会だ。
入魂でいきまっせ~。




by katabami03 | 2018-03-20 19:54 | 展覧会・イベント | Comments(0)

季節のご挨拶と告知。

というわけでアッという間に3月だ。
まだまだ油断はならないが、とりあえず春の兆しを感じるようになった。
駅に向かう途中の栗林にも野蒜が生えてきた。わかるかな~。
d0117565_22234328.jpg
近所の梅も今が盛り。
d0117565_22251253.jpg
d0117565_22252210.jpg
渓流も解禁になったし山菜も出始めた。う~ん、体が疼くが相変らずの季節労働者。今月は展覧会が2つ、まずはお仕事ガマンガマン。で、告知を一つ。
d0117565_22253311.jpg
いけばな協会展。出品は第2次(3月16日、17日)になります。
メール、メッセージ等でご連絡ください。チケットお送りいたします。





by katabami03 | 2018-03-05 22:16 | 展覧会・イベント | Comments(2)

盛況御礼ー2。


古流協会展、本日無事終了。たくさんのお客様にご来場いただき盛会裏に終了いたしました。内輪話ではありますが、入場者数は昨年を上回ったとのご報告を受けております。
ご来場いただいた皆様、有難うございました。この場をお借りして御礼申し上げます。



さて、後期の出品作をご覧ください。

生花参務席

草野理多嘉
d0117565_21583906.jpg
生花中品席(席順に)

窪田理照
d0117565_21595693.jpg
石川理桃
d0117565_22001638.jpg
塩練理裕
d0117565_22003151.jpg

保屋野理成
d0117565_22004243.jpg

加藤理道
d0117565_22005313.jpg

山本理京
d0117565_22010719.jpg
生花小品席

荒井理智
d0117565_22060845.jpg
岡 理尚
d0117565_22072143.jpg


小林理雅
d0117565_22073101.jpg
現代華中品席(席順に)

矢部理静
d0117565_22074619.jpg
保科理小枝
d0117565_22075603.jpg
岩附理加
d0117565_22080689.jpg
舎人理彦
d0117565_22081782.jpg
現代華小品席

君島理扇
d0117565_22083085.jpg
鈴木理裕
d0117565_22083930.jpg
以上、古流協会展のかたばみ会会員出品作品でした。


ところで、今朝松屋の花展会場オープンを見届けてから、近くのコーヒーショップにコーヒーを買いに行こうと思ったら、松屋1Fの吹き抜けの所で何と大江戸時夫さんにお会いした。
大江戸さんは以前に松屋の文化催事にいらして花展の際にお世話になったのだが、その後松屋関連のファッション専門学校の校長先生に就任された方。最近はすっかり映画評論家になってしまったのかと思っていたが、シッカリ本業(!)をこなしているのだった。
で、本日はそのがっこうの生徒たちによるファッショーを開催するとのことだった。
d0117565_22331501.jpg
d0117565_22334435.jpg
d0117565_22332961.jpg
花展会場が手すきになった隙を見てちょっとだけ拝見。
d0117565_22363268.jpg


d0117565_22364413.jpg
d0117565_22365637.jpg
d0117565_22370839.jpg

d0117565_22372804.jpg
もう少し拝見したかったのだが会場を空けるのもはばかられるので、後ろ髪を引かれる思いで8階に向かった。




そんなこんなで、今回の古流協会展は例年にも増して記憶に残る花展となった。





by katabami03 | 2018-02-19 22:14 | 展覧会・イベント | Comments(2)

盛況御礼。

まだ終わったわけではありませんんが、「古流協会展」おかげさまで多くの入場者を得て活況を呈しております。会期は明日(2月19日)まで、宜しくお願い致します。


ということで、かたばみ会前期出品者の作品を公開。

まずは拙作
作品タイトルは「心象ー2018」

d0117565_22074614.jpg
総務生花席

塩練理智
d0117565_22125372.jpg
稲葉理侑
d0117565_23022200.jpg
参務生花席

大門理正
d0117565_23041827.jpg
生花中品席(席順に)

仲谷理燿
d0117565_23054524.jpg
村松理愛
d0117565_23130292.jpg
高徳理信
d0117565_23160270.jpg
西村理季
d0117565_23165469.jpg
小原理晴
d0117565_23173289.jpg
小林理恵
d0117565_23181128.jpg
生花小品席

針谷理貴
d0117565_23191942.jpg
井汲理代
d0117565_23200789.jpg
参務現代華席

久保理加
d0117565_23210599.jpg
現代華中品席(席順に)

中島理慶
d0117565_23221905.jpg
久末理加津
d0117565_23230945.jpg
藤田理照
d0117565_23234633.jpg
飯野理堯
d0117565_23242223.jpg
小原理詔
d0117565_23245719.jpg
現代華小品席

佐藤理奈
d0117565_23262154.jpg
矢部理汀
d0117565_23265906.jpg
大沢理節
d0117565_23273301.jpg
須藤理泉
d0117565_23280588.jpg

後期も力作ぞろいです。

乞う御高覧!






by katabami03 | 2018-02-18 23:30 | 展覧会・イベント | Comments(0)

告知。

新春花展第一弾・古流協会展が始まります。
 会期:2018年2月16日(金)~19日(月)
 会場:松屋銀座8階イベントスクエア
d0117565_19130307.jpg
会期中は全日会場に行く予定です。チケットをお持ちでない方はお電話、メッセージ等にてご連絡ください。

というわけで出品作品鋭意制作中。素材と一部をチョイ見せいたしましょう。
d0117565_19162310.jpg
d0117565_19164487.jpg

ご来場をお待ち申し上げております。





by katabami03 | 2018-02-13 19:17 | 展覧会・イベント | Comments(2)

力持ち。

過日「イケバナインターナショナルフェア2017」という催事があった。一日限りの催しだが、毎年藷流派の家元による花展が開催される。
今年は水仙の古典生花を生けた。
d0117565_21180848.jpg
d0117565_21175944.jpg
花展終了後は家に持ち帰ってその後を楽しんでいる。
我が家にもとりあえず床の間風の一角はあるのだが、そこには本棚が鎮座しているため居間に飾る。なんだか混沌の世界。
d0117565_21221551.jpg
さらに数日が過ぎ一部の葉が黄ばみ始めたが、花は相変らず良く水が揚がっている。
よく見ると、家に持ち帰ってから咲いた花々が上から被せた葉を持ち上げている。
d0117565_21283055.jpg

d0117565_21282139.jpg

古流生花では、水仙を生ける際に様々な手間をかけて成形して独自の様式美を表現する。
その際に、すでに咲いている花を組み込むとどうしても垂れ下がった感じになってしまうので、余分な花を切りおとしたり、花を葉の上に乗せたりと、あれこれ腐心する。
昨日アップした写真(本当はお見せしたくないのだが)、全体の花姿を整える前の状態なので、花が下に垂れている状態が見て取れよう。かような状態でも2,3日して水がしっかり揚がると花は上を向いてくれる。
枯れる直前であるにもかかわらず、何と気高く凛々しい姿であろう。









by katabami03 | 2017-12-11 21:47 | 展覧会・イベント | Comments(4)

盛会御礼。

「いけばな×百段階段 2017」昨日盛会裏に終了いたしました。ご来場いただいた皆様改めて御礼申し上げます。有難うございました。

今回は竹の五重切りという花器に、石化柳(セッカヤナギ)と蔓梅擬(ツルウメモドキ)、それに菊を一輪添えた。
五重切りの器は近年考案された器というわけではないのだが、とにかく背が高いので、一般の展覧会ではめったに見かけない。今回担当させていただいた「静水の間」の床の間には、このために誂えたかのような調和を見せてくれた。

d0117565_21180835.jpg
この器はご覧のように生け口が5つある。それぞれにどのような花型を生けるか、いくつかのパターンはあるのだが、生け手の創意工夫によってまだまだいろいろな生け方ができるであろう器だ。
蔓梅擬は秋を代表する花材で、華やかさと蔓もの特有の奔放さが持ち味。大好きな花材のひとつでもある。これを生花に生け上げる場合、一枝一枝その向きやしなり具合、実の付き方などが異なるので、枝の見極め方によってまさに十人十色となる。
矯めが効くので型に即して生けることも可能だが、今回は枝の奔放さを極力生かすことを心掛け、どこまで暴れさせることができるかを試みた。
上から二段目の窓は月を象徴しており、各挿し口に異なった花材を入れる場合は黄菊を一輪入れる生け方が常道とされている。今回のような花材では通常は共のものを入れるのが常道とされており、本来だと禁忌に触れるものだが、あえて菊を一輪挿した。奔放に動き回枝々の中でワンポイント、全体を引き締めてくれた。教科書通りの花とは趣を異にした、こんな生花があってもいいのではないかと思う。

今回は私の他に芸術協会会員の、久保理加、大門理正、西村理季、山本理京の4名が参加し、合作で、二作の生花と一作の現代華を生けた。

d0117565_21480282.jpg
d0117565_21483017.jpg
d0117565_21484161.jpg
d0117565_21485011.jpg
6回を数える雅叙園での展覧会で、秋の開催は今回が初めて。
春の華やかさも良いが、秋の花や実も百段階段の部屋には実にしっくりと調和してくれる。


雅叙園と重なったが、豊島区の花展も現在開催中。
こちらにも石化柳と蔓梅擬を二重切りの器に生けた。

d0117565_21553258.jpg
d0117565_21554119.jpg
d0117565_21555099.jpg
池袋の東京芸術劇場にて明日(11月21日)まで開催中。
お時間のある方は是非ご来場ください。




by katabami03 | 2017-11-20 21:18 | 展覧会・イベント | Comments(2)