レーシングカー作っちゃった。

末息子と車を作る。

材料:ダンボール、竹串、ストロー、酒蓋、ガムテープ、セロテープ

最初は輪ゴムを動力にしたものを考えたが、構造を考えているうちに面倒くさくなって、まぁ動けばいいや、ということでこんなん出来ました。
d0117565_22195023.jpg

手前が息子作、子どもが作ったにしてはイイ出来だ。後ろの羽などホントよく出来ている。
拙作。
d0117565_22212970.jpg

上の子供達が小学生の頃「ミニ4駆」というのがはやったことがあった。何となくその頃目にしたレーシングカーのイメージで作ってみたが、これが結構よく走る。
なんたって前輪は越後湯沢の銘酒「白瀧」、後輪はこれまた奥多摩の銘酒「沢の井」。

子どもの頃から「図工」は好きだったね。
「図画・工作」、どちらかと言うと「工作」のほうがより好きだった。けれども中学のときの「技術・家庭」の「技術」の授業というのはイマイチだった。きっちりミリ単位まで定規で計って、というのがどーも性に合わなかったみたい。
思えばず~っとそういうアバウトな人生を送ってきたわけだ。

それにしてもこの工作は面白かった。
今度はゴム動力に挑戦してみようと思う。
by katabami03 | 2008-09-07 22:45 | 私は思う。(日々雑感)
<< 何と美味しそうな葉っぱ。 来週は北海道で。 >>