risi,箱の酒を飲む。

豊島区内にあるお年寄りの日帰り施設(デイサービスセンター)にていけばなを伝道。
わずか一時間足らずのボランティア、花もわずか3,4本挿しただけのいけばなだったが、皆さんとても楽しそうに花に接しているようすが伝わってきて嬉しく有難かった。
d0117565_22482158.jpg

生け始める前に少しお話をした。そのときはしきりに相づちを打っていたのに、いざ生け始めたらなあ~んにも聞いていない、なんておじいさんがいたりして、可笑しいったらありゃしない。その老人力にひたすら敬服するrisiであった。

日中は暑かったが、夕刻一雨降ったあといきなり涼しくなった。
久しぶりに日本酒を飲みたくなったが生憎買い置きがない。
やむなく料理用の箱の酒を飲む。どうしてこれがナカナカのモン。先日長野に行った折に買ってきた糸瓜なんぞをつまみながらささやかな至福の一時を過ごす。
外ではコオロギが鳴いている。
わびしさ一入、晩夏の宵。
by katabami03 | 2008-08-21 23:05 | いけばな
<< 秋の展覧会、第一弾。 ローカルな話題ですけど。 >>