窓辺の花は心の栄養。

稽古や花展の花材をお願いしている花屋さんから時々小さな鉢植の花をいただく。
昨年の10月31日、登場したミニバラもその一つ。
だいたい2~3ヶ月でダメにしてしまうのだけど、教室がかわってからは常に目が届いているせいか、最近いただいたものは至って元気。
d0117565_22315630.jpg

右のミニシクラメン、左のポインセチア共に昨年にいただいたもの。

今は窓辺においてあるが、棚の上やカウンターに置くことでその場をグッと和ませてくれるふしぎな力を感じる。

これを読んだアナタ、さあ100円ショップに行こう。そして気に入った花入れを一つ買おう。その足で花屋に行って、花を一輪買おう。今の季節ならバラやガーベラ、スイートピー、ラナンキュラスなどが色とりどり。ふんぱつして雪柳の一枝でも添えれば立派な「いけばな」だ。

花は心の栄養!
by katabami03 | 2008-02-15 22:50 | 草花 | Comments(0)
<< 年に一度のおたのしみ。 山田洋次監督、流石。 >>