有馬ダム今昔。

夏に向けて自転車トレーニングの本格始動。数年ぶりに名栗川上流にある有馬ダムに向かった。
と、気合は良かったのだが腰痛のリハビリライドにしては急激な暑さもあって、ハードなトレーニングになってしまった。

今回訪れた有馬ダムは、risiが中学生の頃はまだ作られておらず、名栗川支流の有間川という渓流が流れ、その流れに沿って棒の折山に向かう登山道があった。
中学になって山登りを始めたころ、この道を通って二度ほど棒の折山に登ったことがある。また、渓流釣りを始めたのも中学の頃で、この有間川にヤマメ釣りに来たこともあった。下流域は渓流釣り初心者でもさしたる危険もない明るく快活な渓だった。その美渓も残念ながら今は湖底に眠っている。

有馬ダムによってできた名栗湖


d0117565_17545656.jpg

d0117565_18395886.jpg

d0117565_17551991.jpg
d0117565_17573914.jpg


名栗湖には湖をぐるりと回れる周遊道路があるのだが、その一角にカヌー工房という木工所のような建物が建っている。
ここは文字通りカヌーを作っている工房で、現代美術の作家であった山田直之さんという方が30年近く前に始めた工房だ。
当初はまるで掘っ立て小屋のような粗末な建物だったが、久しぶりに訪ねてみると立派な工房に様変わりしていた。
d0117565_18044322.jpg
d0117565_18045104.jpg
d0117565_18050123.jpg
また、およそ25年ほど前にこの湖周辺を会場として「名栗湖国際野外美術展」という野外展が行われていた。
この展覧会は、当時神田にあった「真木・田村画廊」の画廊主であった故山岸信郎さんが中心となって開催されたもので、カヌー工房の山田さんも実行委員としてご尽力されていた。
この展覧会は真木・田村画廊で作品を発表していた作家が多数参加しており、私もそちらで作品を発表していた縁で3年ほど続けて参加した。

d0117565_18143989.jpg


当時山岸さんやほかの作家の人達と韓国で開催される美術展に参加した折、櫻井(岩永)淳子さんという方ともご一緒したのだが、最近FBで繋がり、名栗湖の野外展が現在でも続いていることを知った。
展覧会はまだ開催中だったので櫻井さんの作品を拝見してきた。
櫻井さんは金網を使って人体や動物を作り、それを街中や自然の中に設置するというような作品展開をしている。
今回は何とゴジラ!
d0117565_18265267.jpg

d0117565_18264135.jpg


名栗の森の中に突然現れたゴジラは木々の緑と相俟って、日々の緊張をすう~っとほぐしてくれるようなユーモラスな作品だった。

by katabami03 | 2018-05-18 17:56 | 運動 | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2018-05-19 17:19 x
本格的シーズン入りして、私も天気の良い休日には確実に走るよう努力しています。
しかし・・・冬に付いた体脂肪がなかなか落ちないのよね。
気温と日照で絞り込まなきゃ~(;^ω^)
でも、補水は大切。飲み過ぎたと感じるくらいが正解!
梅雨になる前に頑張りましょう。
Commented by katabami03 at 2018-05-20 08:55
>ポンちゃん
がんばれ~!
<< 哀愁のハモニカおじさん。(高崎... 北信の春。 >>