牡丹(ボタン)が見ごろを迎えています。

どこぞの牡丹園のキャッチではない。

我が家の猫の額で今年は牡丹が大豊作。
5株植えてあるのだが、花数を数えてみると11輪! 
株によって開花期にばらつきがあるので明日あたりには終わるものや、まだ莟のものなど、一気に咲いたらさぞかし見事だろう。ま、順を追って長い間楽しませてもらえるということでよしとするか。

d0117565_19035472.jpg
d0117565_19034005.jpg
d0117565_19040141.jpg
これらの牡丹だが、特に園芸用に購入して植えたものではない。 
いけばな展などで牡丹を使う場合、花屋さんにお願いすると、通常は切り花ではなく鉢で持ってきてくれる。花は切って使ってしまうのだが、残った切り株を捨てるに忍びなく、家に持ち帰って植えたものだ。開花など期待していなかったし、特に入念に肥料を入れたりもしない。それでも毎年何輪か花をつける。ボタンの恩返し?

牡丹と芍薬はどこが違うのか、と聞かれることがある。牡丹は「花の王」、芍薬は「花の宰相」と呼ばれるように、あるいは「立てば芍薬座れば牡丹・・」という言葉があるように、大輪の花は艶やかでじつによく似ている。いけばなを生業とする私達でも瞬時に見分けることが難しい場合もある。
私は、大概は葉で判別している。牡丹の葉は芍薬に比べると柔らかい感じで、色もやや薄い。対して芍薬の葉は濃い緑色でつやがあり、やや硬質な感じ。そして植物学的に見ての大きな違いは、牡丹は木であるのに対して、芍薬は草に分類される。これはあまり知られていないようだ。

3枚目の写真、今冬の大雪で折れてしまい、かろうじてつながっている状態だった。添え木をしてしっかりと支えておいたら、こんなにも見事な花をつけている。




by katabami03 | 2018-04-18 18:59 | 樹木 | Comments(5)
Commented by 風うたい at 2018-04-18 23:55 x
まぁ! 美しい。これは艶やか、一輪だけでも絵になる花が次つぎと… 柔らかな緑色との対比といい、まるで夢園に紛れ込んだようです。
Commented by 風うたい at 2018-04-19 00:12 x
紛れこむ、でなく、迷いこむです。訂正いたします。
Commented by katabami03 at 2018-04-20 08:09
>風うたいさん
牡丹はあれだけの大きな花を咲かせるのだから、相当栄養が必要だと思われるのですが、かなりの密度で植えてあるのに毎年花を咲かせています。
思ったよりも逞しい花なんですね。
Commented by 風うたい at 2018-04-23 00:34 x
土壌が生育に適しているのでは? と思ったり。
色違いで楽しめるというのも素晴らしいですね。
Commented by katabami03 at 2018-04-23 23:36
>風うたいさん
どうもFB友の話では、鉢栽培よりも花が咲きやすいという話も・・・。ともあれ嬉しい限りです。
莟を間引くと一輪が大きくなるそうですが、切り落とすのは覚悟が要りますね。
<< 北信の春。 恒例になっちゃった。(高崎物語68) >>