恒例になっちゃった。(高崎物語68)

毎年4月の高崎行では、帰りがけにお城跡の桜を見物して帰るのがここ数年の習わしとなっている。
関東地方では、今年の桜の開花はかなり早かったので、もう終わっているのは承知の上。お堀端の土塁の上をあるくだけでも気持ちがいいので足を運んだ。

高崎支部の研究会会場から駅までは徒歩20分ほど。いつもはバスに乗って帰るところ、お城跡に立ち寄るときはぶらぶらと町中に残る古い建物を見たりしながら、高崎銀座商店街のアーケードを通り抜けて向かう。

漆器屋さんだった建物や商店街に関しては、以前に書いているので詳細は割愛。
d0117565_21534281.jpg

d0117565_21532912.jpg

d0117565_21540954.jpg


高崎銀座商店街は、かつては繁栄していただろうことが想像されるのだが、残念ながら今は全国の地方都市に見られるようなシャッター通りと化している。

こちらも以前にアップした映画館跡。大きな映画館で、ハリーポッターのポスターが張られているのを見ると十数年前までは営業していたのだろう。
d0117565_22043027.jpg

高崎駅から研究会の会場へは某ショッピングモール行きのバスを利用しているが、いつも中高生で満席状態。おそらくシネコンも併設されているのだろう。
こうした光景を見ていると、街というのは生き物なのだなあと思えてくる。

そうこうするうちにお城跡に到着。
毎年見事な景観を見せているお濠の桜も全て終わり、日曜日にも拘らず通る人もまばらだ。

いつものように土塁の上を歩く。
d0117565_22305482.jpg

所々に咲く八重桜を愛でながら帰路に就いた。




by katabami03 | 2018-04-08 22:34 | 高崎物語 | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2018-04-09 00:59 x
シャッターショップ街となった旧い町並み、なんともさびしいですね。「高崎銀座商店街」の看板にも良き時代の面影が…。蔵づくりの商家の建物や映画館など、そのまま残し文化拠点などとして再生できないものでしょうか? ( 松本の街のように)。どこもスタンダードな街並みではつまらないですもの。
Commented by katabami03 at 2018-04-09 23:29
>風うたいさん
黒く寝られた二階建ての蔵造りの建物は市の文化財になっているようですが、映画館は残すには中途半端なんでしょうね。ガラが大きいのでこれといった活用方法もなさそうですし。
<< 牡丹(ボタン)が見ごろを迎えて... 分け入っても分け入っても深い山... >>