流木を求めて。

北海道で流木を使おうと思って神奈川のダム湖に行ったことは以前触れた。
その後カミさんと奥多摩に行って少々ゲット。
「ツールド妻有」際に泊まった宿が清津峡だったので、チャリの翌日に河原でさらにゲット。
そんなこんなでなんとか作品には間に合った次第だ。

d0117565_18465697.jpg


では流木を求めての顛末を。

奥多摩湖に行く少し前に白丸ダムという小さなダムがある。ここは道路からはダムの本体は見えないのだが、ダム湖がチラッと見え、いつでも水を満々と湛えている。多分水量か何かの調整用のダムなのだろう。
道路から標識に従って脇道に入るとダムの管理所があり、魚道が見れるそうだ。

d0117565_19125080.jpg

d0117565_1912623.jpg


魚道は地下に作られているそうで、らせん階段を下っていくと地価のトンネル内に立派な魚道があった。この日はまだ残暑が厳しかったが、中はひんやりしてとても気持ち良かった。

d0117565_19133339.jpg

d0117565_19134661.jpg


水族館のようにガラス越しに魚道の様子が覗けるところがあったが、この日は残念ながら魚の遡上は確認でききなかった。

台風の後だったこともあり湖面にはたくさんの流木が浮いていたが、ここでは配布していないとの由。宝の山を前に泣く泣く白丸ダムを後にする。

d0117565_19141265.jpg


奥多摩湖からさらに上流を目指し、子供たちが小さかった頃、川遊びによく連れてきたところに行く。ここでやや細いものの数本の流木を拾って帰る。

d0117565_19142919.jpg


多摩川でゲットしたものは作品に使うにはちょっと弱いなあと思っていたが、その後清津峡にて頃合いのものを得ることができた。
清津峡も宝の山だ。

d0117565_19144430.jpg


北海道にはすこし大きすぎて送れなかった流木が今は我が家の玄関前のオブジェになっている。っていうか、まあ、放っぽりだしてあるだけだけど。

d0117565_1915172.jpg

by katabami03 | 2016-09-16 19:07 | 旅・山 | Comments(2)
Commented by yamaoyaji_club at 2016-09-21 23:18
はじめまして。
古流でお名前をいただいている奥多摩在住の母を持つ44歳の男です。
私自身はお花はやらないのですが、趣味仲間でひょんなことから万年青の生花の話題となり、このブログに漂着いたしました。
今週末、奥多摩で母が何やら活けているようです。
活花、いいですよね。この歳になってわかりました。
また奥多摩、お越しください。
Commented by katabami03 at 2016-09-28 07:56
>yamaoyaji_club様
しばらく東京を離れていたものですから、お返事が遅くなり失礼いたしました。
奥多摩は昔から大好きなところですのでしばしば訪れております。お住まいは氷川でしょうか。
いけばなは見るよりも実際に生ける方が断然面白いです。ぜひお始めになることをお勧めいたします。
お母様がまた展示する機会がございましたら、是非教えてください。
<< ウェルカム上海。 北の大地に行ってまいりました。... >>