お楽しみが増えて。

人伝手に万年青(オモト)の実を植えておくと芽が出てくると聞いたので、撮影用に生けたやつの実をプランターに植えておいた。
いつまでたっても発芽する気配がないので放っておいたところ、数日前に見たらなんとカワイイ芽が出ているではないか。最初は雑草の芽かと思って引き抜いたら、葉の下に白っぽくなった実がついていたので慌てて植え戻した。
d0117565_1914988.jpg


2つのプランターに植えたのだが、いつまでたっても出てこないので、片方のプランターには菊の挿し木をしてしまった。
で、ご覧のような有様になっている。さてどうしたものか・・・。
d0117565_1954513.jpg


花屋さんで求める万年青は葉の大きさといい色艶といい、それは大そう立派であるが、自宅で栽培したものはなかなか大きくならないようだが、本職が作ったものとは一味違う味がある。
こちらは同じく撮影で使った斑入りの万年青。
d0117565_19134168.jpg

このまま成長すると同じように斑が入った葉が出てくるのだろうか。それとも緑一色のものになってしまうのだろうか・・・、これもまた楽しみではある。

実は裏庭に2,3年前から野生の万年青が出ている。
実はいけばなで使った花材の多くは土に還すべく裏庭に処分している。野生といっても多分放り投げておいた実が芽を出したものだろう。
d0117565_19201510.jpg


一昨日草刈をしていて気が付いたのだが、万年青の根っこって想像していた以上に大きいことに気が付いた。
d0117565_19242336.jpg

切り花だけを見ていては絶対にわからない万年青の不思議だね。

プランターのヤツもコレも、いずれ生ける日まで気長に育てて見よう。
by katabami03 | 2016-08-16 19:25 | 草花 | Comments(0)
<< 燃える! 恒例(?)の草刈。 >>