ここが思案のしどころだ。

昨夕「2015 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の企画発表があった。
前回までは東京で行われていたのだが、今回初めて現地での発表となった。
このところ妻有にもちょっとご無沙汰だったので、あちこちご挨拶がてら覗いてきた。

d0117565_21242444.jpg


北川フラムさんは瀬戸内の芸術祭が始まって以来、そっちの方にシフトしちゃったのかなあと思っていたが、何の、原点はココであり、自身の集大成、決着、オトシマエをつけようとしているのかと思えるような気合の入れようだった。

d0117565_21295847.jpg
d0117565_21305513.jpg
d0117565_2130358.jpg
d0117565_21313290.jpg
d0117565_2131639.jpg
d0117565_21315577.jpg


翻って我がいけばな、いままでズーッと「お客さん」を続けてきてしまった。ここにきていよいよ「本気度」が問われてくるだろう。

軽いノリで行ってきたのだが、なんだかめちゃくちゃ重い宿題を背負わされてきてしまった。
by katabami03 | 2014-06-26 21:37
<< 憂。 アッラーの思し召し。(リシノメ... >>