アッラーの思し召し。(リシノメ163)

電脳友の情報から、澁澤幸子さん(お兄さんはあの澁澤龍彦!)の講演を聞きに行く。
場所は代々木上原にある東京ジャーミイ、通称東京モスク。こんな住宅地の中に日本で最大級のモスクがあるなんて知らなかった。

代々木上原から井の頭通りに出て、さてどこだろうと歩いていると、「おお、あれは正に!」。アッラーのお導き。

d0117565_22312214.jpg


こちら側からだと木が茂っていて全貌が望めない。反対側から見ると、「おお、まぎれもないモスクだ」。

d0117565_22335644.jpg


外壁と入口。

d0117565_22341651.jpg
d0117565_2234396.jpg


中に入るとトルコの絵ハガキや物産が置かれていて、こんなものも。
これは礼拝の時に敷く敷物。

d0117565_22505680.jpg


ここは待合室のようなところ。噴水がいい雰囲気。

d0117565_22515944.jpg


トルコの歴史や民族の話を1時間程聴講。

d0117565_2236381.jpg


講演終了後にモスクの中を拝見する。ここは誰でも出入り自由なんだそうだ。

階段を上がって一度外に出るような形。礼拝室は独立しているように作られている。
尖塔と礼拝室の入り口。

d0117565_22391870.jpg
d0117565_2239214.jpg


靴を脱いで入ると、そこは正にイスラムの世界だ。


d0117565_22423713.jpg
d0117565_22424946.jpg
d0117565_224310100.jpg


線が複雑に絡み合ったような文様や唐草のような文様などがそこここに描かれあるいは掘り込まれているが、全面にビッシリとではなく、意外に抑制が効いていて、とても気持ちのいい空間だ。
特定の宗教をもたないrisiだが、お寺にしろ教会にしろ宗教施設というのは、そこにいるだけで心身が清められるような錯覚をもたらす。
世間の汚濁にまみれている身としては、たまにこんな所に来てバランスをとるのも悪くはないものだ。
by katabami03 | 2014-06-24 22:51 | リシノメ
<< ここが思案のしどころだ。 疲れも吹き飛ぶ「吹上」だっ! >>