「急須ですね」の、あの人です。

午前中は久々の嵐だったが、午後はすっかり落ち着いた。そんな中を東京ドームホテルに久保島一超先生の社中展を拝見に行く。
久保島さんは草月流の重鎮と言っても差支えなかろう。
綾鷹(だったかな?)というお茶のCMで、お茶を一口すすって「急須ですね」と言っているおっさん、アレが久保島さんだ。
華道界ではダンディーな先生で通っている。ウン、たしかにダンディーだな。おっさんはさすがに言い過ぎでした。久保島さん、ゴメンナサイ。

で、肝心の展示。

先ずは一階ロビー中央に、5,6mはあろうかというモニュメンタルな巨大花が目に入る。

d0117565_21482435.jpg

d0117565_2251898.jpg


作品はB1,1,2,3階に約20作。その内のいくつかをご紹介しよう。


1Fはモニュメントの他に秋らしい爽やかな作品。

d0117565_2157910.jpg


B1Fにもさりげなく作品が展示されているが、デパートなどの会場で見れば、どれも大作だ。

d0117565_2153527.jpg
d0117565_21541690.jpg
d0117565_21543722.jpg


2Fでは「ウェディングルーム」というところに設えられたインスタレーションがメインか。

d0117565_2205063.jpg

d0117565_2215942.jpg

綾鷹のおじさん、どこにいるかわかりますかぁ~。

d0117565_2232923.jpg
d0117565_2234462.jpg


3Fから。

d0117565_2242817.jpg
d0117565_2244393.jpg


このほかに、1階の屋外に大きな人工池があり、そこに竹を使ったインシュタレーションが展示されていたそうだが、台風接近のために昨日撤去されたそうだ。スマホで写した写真を見せていただいたが、スケールの大きな作品で、これを拝見できなかったのは返す返すも残念。

いずれも場をうまくとらえた圧巻の作品群であった。
by katabami03 | 2013-09-16 22:13 | 展覧会・イベント
<< 菊香かほる季節に。 秋色の先取り。 >>