古典花のハシゴ。

偶然だけれど古典花の展覧会が3つ重なり、じっくりと拝見させていただいた。

先ずは遠州流の花展、新宿へ。

花園神社を通りかかったら大きな熊手。
d0117565_21173295.jpg

境内を覗いたらお酉さまの準備をしていた。
d0117565_21185520.jpg

会場に向かう途中に気になる建築中のビル。
d0117565_2121342.jpg

これは隈さんだね。銀座のティファニーの進化形?ジェンガみたいなのがくっついて。
明治通り側から見る。
d0117565_21241245.jpg

堂々としていて風格さえ漂う。

さて肝心の花のほうだけど、遠州流は今年で創流270年になるそうで、今回は区切りの展覧会ということで見ごたえがあった。

宗家、本松斎一得先生は槇(マキ)の三重生け。
d0117565_21291656.jpg

遠州流は古典生花をもつ流派の中でも、特に枝を大きく動かして流動的な人工美を作り出すのが特徴。その花型は明治時代にヨーロッパに紹介されて西欧のアレンジメントに大きな影響を与えた。
d0117565_21301626.jpg

こういうのは外国人ならずとも面白いと思う。
d0117565_21375837.jpg

d0117565_21392764.jpg

菊でもここまでやる。
d0117565_21401410.jpg

線状美が真骨頂。
d0117565_21413874.jpg

ここだけの話、いろいろと技を盗ませていただいた。

次に千石の古流会館に古流華燿会の作品を拝見に。

紅葉ものや実物など秋たけなわの感。
家元石塚先生と会長の北原先生の合作は見事に紅葉した満天星躑躅(ドウダンツツジ)。
d0117565_21472838.jpg


最後に浅草に向かい「古流伝花集成展」を拝見。

古典生花研究会会長の古川先生作。
d0117565_21541888.jpg

副会長の今井先生作。
d0117565_2155691.jpg

古典の絵図とそれを再現した花とのコーナーなど、会場にも工夫がこらされ、楽しく有意義な時間を過ごせた。

その後材料を仕込みに銀座のITOYAへ。
ちょっとお茶でもと思ったが、銀座のコーヒーショップはどこも満員。おきらめて帰路についた。
by katabami03 | 2011-10-30 22:00 | 展覧会・イベント
<< 足踏み。 くわーっ!時間がな~い! (告知) >>