大地の芸術祭から。

24日、作品制作の合間を見計らって、リチャード・ディーコンの作品を見に行く。

ディーコンの作品は前回(2006年)制作され、蓬平集落から車で15分ほど山を登ったところに設置されている。
作品タイトル「マウンテン」の名のごとく、越後の山々を見はるかす光景と相まって、雄大な情景を演出している。
d0117565_2237578.jpg


25日、朝9時。
開会前日、それぞれの持ち場に散る前に農舞台に集結するスタッフ。
d0117565_2240338.jpg

連日、深夜から時には朝方までミィーティングを繰り返すスタッフ。
この人たちの尽力なくして、大地の芸術祭は成り立たない。
ひたすら多謝。
by katabami03 | 2009-07-28 22:48 | 展覧会・イベント
<< 今後の変化が楽しみ。 とりあえず「いけばなの家」。 >>