上海の旅ー4

花市場の建物内には間口が半間くらいから、大きくてもせいぜい二間くらいの店がひしめき合うように並んでいる。
d0117565_225771.jpg


ここで入手できる花材は草ものの花や葉が主で枝物は見当たらない。いけばながまだ一般的でない中国では枝物の入手は不可能かと思ったが、朝早い時間に店舗を持たず車に荷を積んで持ち込む業者の中には枝物を見かけることがあると聞きつけた。
そのようなわけで翌朝は少し早めに花市場に向かったのだが、運悪く朝のラッシュに引っかかり、市場に到着した時にはほとんどの車が引き上げた後だった。それでも残っている業者の荷の中から雪柳と枝振りの良い木蓮を数本確保できたのは収穫だった。
d0117565_2256580.jpg
d0117565_22562463.jpg


午後は会場に戻り、デモをやる場所の再検討やリハーサルを行う。
いけばな展の会場に上がるとすでに展示台が置かれていたが、会場の床に傾斜がついているのに、台には高低差がつけられていない。下についているネジで調節できるというので調整を試みたが、水平になるほどの調節機能はなかった。しばらくあれこれと検討するものの埒が明かず、結局翌日までに業者が何とかするという事で宿に引き上げた。

翌朝になって会場に行くと、あらビックリ。台は昨夜とほとんど変わらず。結局台の下に板切れをかませたり、設置場所を変えたりしてようやく生け込みの準備ができた。
d0117565_2373787.jpg


生け込みの光景は日本も中国も変わりない。ただこちらは殺気立った様相はなく、皆あれこれ考えながらも実に楽しそうだ。
花を生ける喜びは万国共通。
d0117565_23115455.jpg
d0117565_2312732.jpg

# by katabami03 | 2016-10-15 23:12 | 旅・山 | Comments(0)

上海の旅ー3

早朝(5時くらいだったか)にすさまじい船の警笛に起こされる。
港町に投宿した折など、遠く船の警笛が聞こえてくるとそこはかとない旅情を感じたりもするが、これはそんな悠長なことは言っていられない音量だ。
眼下に川を見おろす素晴らしいロケーションではあるが、ちょっと想定外の出来事だった。見ればすぐそばに渡船場があり、朝の通勤時間なのだろうか、渡し船が頻繁に川を横切っている。そこに上流下流に往来する船が交差するわけだから、ここは川の要衝でもあるわけだ。
d0117565_2314543.jpg


この朝には幾艘もの空の船がとどまることなく上流に向かっていた。
d0117565_2139097.jpg


朝食を済ませてしばらく後、迎えの車に乗って花市場へ向かう。
ホテルから花市場までは40分ほどの距離。一般道や自動車専用道路を通って向かうのだが、その間、街の雰囲気に多少の違いはあるものの、高層ビルや高層アパートが延々と続く。20階建て以上の建物の数はニューヨークを抜いたそうで、改めてこの町の大きさを実感する。

花市場の建物は以前は何かの遊興施設だったのだろうか、昔日本にもあった劇場か何かのような外観だ。

d0117565_21492937.jpg

d0117565_21494028.jpg
d0117565_21495653.jpg


二つの棟に分かれており、手前の建物の1階部分には生の花を扱っている店が入っていて、2階3階は花にかかわりのある様々なものを扱っている店が入っている。

1階の入り口近く。ここの店舗はどこも小奇麗だ。
d0117565_21554376.jpg


エレベーターがあるけれど動いていない。
d0117565_21565728.jpg


2階3階の店舗。
d0117565_21583456.jpg
d0117565_21585428.jpg

d0117565_2295549.jpg
d0117565_2210935.jpg
d0117565_22102180.jpg
d0117565_22103169.jpg
d0117565_22104365.jpg
d0117565_2211741.jpg
d0117565_2211327.jpg

d0117565_2222494.jpg


梅やクヌギのような木があって、大きめのいけばなを生けるには程よい素材だと思ったが、これらはイミテーションを作るための土台にするためのもののようだった。
木にドリルで穴をあけて、そこに造花の花を挿して花盛りの木を作るといった塩梅だ。
これは造花の松の木を作っているところ。
d0117565_22264711.jpg


奥の建物は生の花を扱っている。
中に入ると独特の匂いが漂っている。植物の匂いに何かがちょっとすえたような匂いが入り混じったような感じだろうか。耐え切れぬような不快な匂いではないのだが、慣れるまでにはちょっと時間がかかった。
d0117565_23571742.jpg

d0117565_23582358.jpg


日本の花市場もしくは花屋しか知らないと、ここの花の扱い方の乱雑さには少なからぬ衝撃を受けると思うが、私が知っているところでいえば、香港とは似たり寄ったり。まああそこも中国だものね。インドに比べれば少しはいいかなといった程度。これらに比べれば日本の花はまるでお姫様扱いだね。ともあれ、花市場はどこに行っても楽しく興奮する場所だ。

その後、花展会場の下見に行く。
会場は2010年に上海万博が行われた折のフランス館だったところで、現在は美術館として使われている。
d0117565_22452742.jpg


最上階は4階だが、フロアは緩いスロープのようになっていて、建物のなかに中空のような部分があり、その周りをまわるようにスロープを降りていくと次第に階下に下っていくような構造。

3階、厳密にいうと3,5階~2,5階部分?では映像作家の展示、2階部分では現代美術の作家の個展が開催されていた。
d0117565_22545085.jpg
d0117565_2255065.jpg
d0117565_22551697.jpg


会場下見の後にデモンストレーションやアワークショップをどこでやるかなどを検討、明日からの決戦に備えてこの日は早めに就寝した。
# by katabami03 | 2016-10-14 22:00 | 旅・山 | Comments(0)

上海の旅ー2

上海の空港に着いたのは午後も遅い時間だったので一度ホテルに入り一休み。
宿は何とインターコンチネンタル!ロビーには数か所の花が飾られている。なかなかセンスのいいフラワーデザイナーだな。

d0117565_219461.jpg


d0117565_21141343.jpg

d0117565_21143494.jpg


上海は長江(揚子江)支流の黄浦江に沿って開けている。
ホテルの部屋からは上海の中心部が一望のもとに。黄浦江には様々な大きさの荷物船や渡し船が行き来している。この日から毎日、朝な夕なに船の運行を眺めるのが日課となった。

d0117565_21294449.jpg


上海市の人口は2500万人くらいとのこと。日本の全人口の4分の1か5分の1くらいがここに居住しているわけだから、いかに巨大な都市かということが知れよう。
以前は川沿いに港や工場などがあったそうだが、それらしきものは全く見当たらない。港は下流に、工場も郊外に移転したということだ。一気にそういう事が出来てしまうというのも中国だからできる事だろう。いかにもって感じ。

夕刻に、今回の展覧会の主催者の一人で、小原流上海東方スタディーグループを立ち上げたリーロンさんが迎えに来た。リーロンさんは國學院大學に留学していたそうで日本語は堪能。言葉の心配がないというのは実に気が楽なものだ。
車で20分ほどのところにあるショッピングモールのようなところの一角にあるレストランで夕食をいただき、その後そこから徒歩でリーロンさんの家に向かい、展覧会の花器を選ぶ。

巨大なショッピングモールの外壁に映し出される映像。ネオンなど皆無の35年前の上海の薄暗い夜を思うとまさに浦島太郎状態。じつはここはまだまだ小さいほうで、このようなモールがそこいらじゅうにあるのだった。

d0117565_2151520.jpg
d0117565_21511532.jpg


広場の出口付近には玩具などを売る露店が出ていた。ちょっと香港っぽい。こういうのを見ると何となくホッとする。
d0117565_21541558.jpg


リーロンさんの家で花器選び。

d0117565_21551868.jpg
d0117565_21553035.jpg


こうして第一日目は終わった。
# by katabami03 | 2016-10-08 21:56 | 旅・山 | Comments(2)

上海の旅ー1 

初めて中国に行ったのはかれこれ35年ほど昔にさかのぼる。
当時はまだ学生だったのか卒業していたのか、なんともあいまいな立場だった一時期、親しくしていた東洋美術史の先生からお誘いを受けて『三大石窟研究訪中団』というツアーに加えていただき、二十日間ほど、北京、大同、蘭州、敦煌、西安と移動、その旅の終着地が上海だった。

当時は解放されて間もなくのことで人々は100%人民服を着用。天安門前の広場でも上海の目抜き通りでも自動車は皆無。まれに人民解放軍の兵隊が乗るオートバイを見かけたが、一般人は自転車か徒歩で、どこからこれほどの人が湧いてくるのかと思うほどすさまじい数の人々が往来していた。
大きな建築物と言えば古い歴史的建造物を除けばソ連が建てたものくらいで、招待所か公共機関のものとなっていた。都市部の民家は煉瓦などでしっかりと作られているようであったが、地方では家畜小屋と住居の区別もつかないような、土を固めたような家が並び、人々は地べたを這いずり回るような生活をしていた。
100円ライターやボールペンは貴重なものだったようで、なにかと物々交換したっけなあ。トイレは知っている人は知っている、ま、そんな感じでお決まり通りの衝撃を受けた。纏足のおばあさんを見かけたりもしたものだ。
当時すでにNHKの「シルクロード」が放映されてはいたが、西域はいまだ未開の地のような様相があちこちに見られ、ちょっと探検的な気分をあじわったのも懐かしい。

今回の上海行は、一昨年にインドのハイデラバードで大変お世話になった小原流の森井先生のお誘いで、上海在住の先生のお弟子さんが現地で立ち上げた部会の花展のお手伝いとちょっとしたデモをするということで加えていただいたものだ。
35年で上海がどのように変貌したかもこの目で確かめたいし、また、昨今いけばな界では何かと上海が話題に上ることが多いのでその辺の現地視察もしてみたい。そんな諸々の思いから上海に旅立った。


羽田~上海間はわずかに3時間。離陸してしばらくすると食事。食事が終わるともう着陸態勢という短さ。
上海の浦東空港は美しく巨大な空港だ。35年前に利用したのは市内に近い虹橋というところだったのだろう。東京でいえば羽田と成田のような関係だという。当時は人民解放軍の若い兵隊さんが竹箒で出入り口の周りを掃除したりしていたが、そんな様子は微塵もない近代的な空港ビル。
着いたときは迎えの人にせかされたりしてゆっくり写真を撮る余裕がなかったので、帰りに撮った写真を一枚。

d0117565_1773263.jpg


さあ、上海の旅が始まる。
# by katabami03 | 2016-10-06 17:04 | 旅・山 | Comments(0)

ウェルカム上海。

上海に8日ほど行って、昨夜帰国いたしました。

d0117565_2355095.jpg
d0117565_236299.jpg


上海紀行、後日アップ予定。お楽しみに。
# by katabami03 | 2016-09-28 23:06 | 旅・山 | Comments(0)