星先生。

d0117565_17360559.jpg
この角の家は我が家から徒歩5分ほどのところにある星医院。
先生が診察、奥さんが薬局と会計という、我々の世代には懐かしい町医者だ。
今の地に越してきたときは長男が3歳、次男が1歳だったか。子供はすぐに熱を出したり風邪をひいたりするので度々お世話になった。
私もちょっとした風邪ひきの時や花粉症の薬をいただきに通ったものだ。
先生はすぐ近くにある小学校の校医もされていたので、子供たちは丸ごとお世話になっている。
星先生が看板を下ろされてから、もう1年以上になるか。
数年前にしばらくの間入口のシャッターが閉まっていたことがあった。人づてに聞いたところでは体調を崩されたとの由。その後復帰して開業を続けていたのだが、それもしばらくの間で、とうとう閉院された。
星先生と奥様、お達者で過ごされているのだろうか。
この道を通るたびにそんなことを思っている。


# by katabami03 | 2017-09-04 17:57 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

雨中の尾瀬。

子どもたちも手から離れどこかに遊びに連れていく必要もなくなった。そんなこんなで今年の盆休みは家でダラダラと過ごしているうちにいつの間にか終わってしまった。とはいえやはりリフレッシュは必要。尾瀬一泊の旅に出かける。
尾瀬には若いころ数度行っているが、雪のない時期というのはなんと今回が初めて。ということで今回は山には登らず、沼と原を散策してくることにした。
東京方面から尾瀬沼に入る最短路の大清水からはいることにする。
d0117565_21031388.jpg
三平峠まではしばしの登り。登り始めて間もなく雨が降り始める。樹林帯の中でもあるし、カッパを着るほどのこともない。この日の東京の予想気温は35度。ひと汗かいて三平峠に到着。ここからは15分ほど下れば尾瀬沼だ。
d0117565_21075653.jpg
相変らずの小雨模様のなか、三平下からは木道や石が敷かれた平坦な道を20分ほどで今夜の宿「尾瀬沼ヒュッテ」に到着。
尾瀬の宿は風呂付が多いと聞くが、この宿にも山小屋とは思えぬような風呂があった。
環境保護のため石鹸シャンプーは使用禁止だが、汗を流せるだけでも十分ありがたい。

早めの夕食後は近くの大江湿原に散歩に行く。
ニッコウキスゲはもう終わっていたが、それでも数種の花が咲いている。尾瀬は本当に花の多いところなんだなあ。
d0117565_21211060.jpg
d0117565_21212726.jpg
オタカラコウ
d0117565_21223509.jpg
コオニユリ
d0117565_21213871.jpg
サワギキョウ
d0117565_21220482.jpg
オゼミズギク
d0117565_21374045.jpg
これはニッコウキスゲの実
d0117565_21224904.jpg
翌朝目覚めると雨の音がする。予報ではこの日から晴れるはずだったのに・・・。
小屋の情報でも終日降ったり止んだりとのこと。
そんなわけで、雨脚が弱まるときを見計らって下山することにした。

雨に煙る尾瀬沼。
d0117565_21372203.jpg
d0117565_21370848.jpg
復路見かけた花など。

トリカブト
d0117565_21393368.jpg
ゴゼンタチバナの実
d0117565_21404066.jpg
オゼヌマアザミ
d0117565_21413406.jpg
ヒメシャジン
d0117565_21184457.jpg
若干消化不良ではあったが、雨の中を歩くのは嫌いではない。
久々の雨中歩行で頭をすっかりカラッポにして帰ってきた。



# by katabami03 | 2017-08-26 10:12 | 旅・山 | Comments(4)

ふとセミの周期を想う。

予想外の涼しいお盆だった。
子供たちが小さいころは毎年どこかに出かけていたが、今年は遠出をすることもなくダラダラと過ごしているうちにいつの間にか盆休みも終わってしまった。ウダウダ過ごした日々であったが、天気が悪かったことも手伝って、それなりのいい休養になったと思える今日この頃。これが年相応というものなんだろうかねえ・・・。

昨日は一応仕事始めということで、池袋の教室に行く。
池袋駅前から護国寺方面に伸びる道、およそ300~400mくらいだろうか、両側は見事な緑の回廊となっている。
d0117565_20593016.jpg
この辺りはいつの頃からか「グリーン大通り」と名付けられている。
こういう命名って大概名に反してショボいことが多いのだが、ここはその名に恥じぬ見事な並木道に成長している。
昭和30年ころの池袋駅前の写真を見るとそこにはまだ戦後の匂いが漂っていて、およそ緑のひとかけらもない光景が見て取れる。
この辺りの植栽は日本の高度成長期と合わせるように企画、整備されてきたものだ。平和な時代が続いたからこそこういう姿が生まれたのだとたびたび思う次第。

昨日この道を歩いている時もそうだったのだが、今年はミンミンゼミの鳴き声が例年以上に多いと思う。周期として発生数の多い年なのだろう。
そこで疑問なのだが、セミはその種類によって地中にいる時期が異なるのだろうか。個体によってちょっと早めに出てきてしまったのがいたり、のんびりしていて普通より遅く出ていたりするのがいればもっとバラケると思うのだが、ほとんどのセミは律儀なのだろう。
若いころ一時期瀬戸で過ごしたことがあったのだが、ある年アブラゼミが大発生した年があった。それはもうすさまじい数で、夜など窓を開けていると度々室内に飛び込んでくるほどだった。
もしセミによって成虫になる周期が異なっているようだったら、ある年にはAセミとBセミの大発生の周期が重なる年もあるだろう。そうなるとその鳴き声、多分ハンパないすさまじさなんじゃないか?
・・・そんな他愛のないことを考えながらの8月17日。


# by katabami03 | 2017-08-18 21:34 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

「北アルプス国際芸術祭」鑑賞。(二日目)

さて二日目。残すところ20数作だが、早い時間だとまだ係の人が来ていないので、まずは屋外作品を観に行く。

川俣正
現在建設中のごみの焼却施設の前にある林の中に作られたテラス。何とも奇抜な発想で、ここでエコロジーについて思いをはせるというのもコンセプトの一つだとか。
テラスは微妙な段差や角度が付いていて、日本的な間合いを感じさせる。
d0117565_17211092.jpg
d0117565_17212108.jpg
仁科三湖のうち、一番南に位置する木崎湖の周辺にもいくつか作品が点在しているので、そちらに移動。
余談であるが、数年前にこの辺りで「北アルプス原始美術展」(多分こういう名称だったと思う)という展覧会を開催する告知があってそれに応募しようと思ったのだが、日程が合わずに諦めたことがある。スタッフに聞きそびれてしまったが、それが多分今展の前身だったのではないかと思っている。

ケイトリン・RCブラウン&ウェイン・ギャレット
d0117565_17310430.jpg
d0117565_17311461.jpg
五十嵐靖晃
桟橋の先に下がっているのは、大町の人達との協働で作り上げた組みひも。
d0117565_17335081.jpg
湖畔の高台に信濃公堂という立派な建物があって、ここで「木崎夏季大学」というのが行われるらしい。ここも展示会場になっている。

杉原信幸
d0117565_17341752.jpg
信濃公堂から湖畔に下りると、ガラクタを積み上げたような船が10艘ほど浮かんでいる。

アルフレド&イザベル・アキリザン
廃船に廃物を積み上げて作ったそうで、愉快な船だが観ているうちにいろいろなことを考えさせられる。
d0117565_17402918.jpg
d0117565_17411123.jpg
「目」というユニット(?)の作品
鷹狩山山頂にある家の内部が石膏で洞窟のような様相に。
d0117565_17473724.jpg
山頂にあるもう一軒の家の二階には布施知子の作品が展示されているが、こちらは撮影不可。

リー・クーチェ
d0117565_17541728.jpg
d0117565_17543091.jpg
フェリーチェ・ヴァリーニ
一種のだまし絵のような作品だが比類ないスケールの大きさ。(必見)
d0117565_17574472.jpg
ニコライ・ポリスキー
自然に対抗するにはこのくらいやらなければならないという力業。(必見)
d0117565_18003229.jpg
d0117565_18004397.jpg
ここまで、それぞれ離れたところに設置されているので移動にも時間を取られ午後3時近くになってしまった。最後に昨日見残した大町市内の作品を周ることにする。

ジミー・リャオの絵本、浅井裕介の路上画、湊茉莉、コタケマンの室内作品などを巡る。

栗林隆
表通りに面した屋内に入るとむき出しの梁の向こうに二階まで達するアーチ状の壁。裏に回って室内に入ると二階部分にあるのは黒々と屹立する山々と湖か。先ほどの壁はダムを模したものか。
d0117565_18022347.jpg
d0117565_18023252.jpg
高橋治希
2009年の大地の芸術祭作品は衝撃的だった。今回も繊細な作品に目を奪われる。

d0117565_18274136.jpg
d0117565_18240014.jpg
数作見残したものもあるが、二日間でほぼ回り切った。
地域限定の芸術展としては、作品数は少なめだがかなり濃密であった。

フェリーチェ・ヴァリーニの作品近くでアートフロントギャラリーの関口さんにお会いした。関口さんは今秋奥能登で開催される珠洲芸術祭を担当されている。珠洲芸術祭も今展と同じく北川フラムさんがプロデュースされているのだろう。珠洲は遠いけれど、そちらもぜひ拝見に行きたい。
さてその前に、8月からいよいよ横浜トリエンナーレが始まる。
今年は美術展豊年満作。忙しいったらありゃしない。



# by katabami03 | 2017-07-26 17:50 | 展覧会・イベント | Comments(4)

「北アルプス国際芸術祭」鑑賞。(一日目)

少し時間ができたので「北アルプス国際芸術祭」を観に行く。

23日午前9時に家を出たが、途中の高速道で事故渋滞に遭遇。およそ一時間のロス。
インターを降りて昼食。もちろん蕎麦。
宿泊予定の宿が芸術祭とタイアップしているところだったので、まず宿に向かいパスポートを受け取る。すでに午後2時を回っていたので、近いところから順次回ることにする。

大平由香理
d0117565_17004883.jpg
マーリア・ヴィルッカラ
大地の芸術祭でも人気の作家。ステージに上がると霧が降りてくる。
d0117565_17030392.jpg
大岩オスカール
暗い室内に入ると天地が逆転。
d0117565_17041737.jpg
遠藤利克
森の中に敷かれた木道を進むと、数か所、5,6メートルの高さから勢いよく水が落ちている。残念ながら写真に収めきれなかった。

平田五郎
森林の中に水が湧きだすオブジェが置かれている。
d0117565_17080260.jpg
d0117565_17081529.jpg
浅井裕介
d0117565_17163109.jpg
岡村桂三郎
心笑館という建物の部屋設置された作品は圧巻。おどろおどろしい雰囲気があるのだが、不思議と気持ちが落ち着く。写真では伝えきれないスケール、密度に圧倒される。(必見)
d0117565_17222750.jpg
d0117565_17230626.jpg
d0117565_17233215.jpg
栗田宏一
今回は日本海に沿った地域で採取した土の展示。いつもながらの労作。
d0117565_17255323.jpg
パトリック・トゥットフオコ
大町市街を見おろすダムサイトに設置された「目」。
d0117565_17282453.jpg
この付近には猿がいっぱい生息しており、人を恐れるどころか、図々しく道路の真ん中で毛づくろいしている。
d0117565_17302604.jpg
すでに4時を回っているので、市街地の作品を観れるだけ観ておくことにする。
市街地に向かう途中でもう一作。

ジェームス・タップスコット
神社に向かう橋のに設置された円形のオブジェから霧が湧いてくる。
d0117565_17333496.jpg
大町駅前のインフォメーションセンターに立ち寄り情報収集。インフォメーションセンター内に設置された原倫太郎+原游の作品は遊び心満載。大地の芸術祭でお世話になった旧知のスタッフにお会いし、しばしよもやま話。

原倫太郎+原游
インフォメーションセンターの近くの民家に設置された作品。
d0117565_18080601.jpg
d0117565_18085635.jpg
手前の紐を引くと後ろの扇風機から送られてくる風により巨大なシャボン玉が発生。時間があればしばらく遊んでいたくなる。

d0117565_18090747.jpg
残念ながら23日はここまで。それでも13作回れた。
新潟の芸術展と比べるとエリアもそれほど広くないので、明日は余裕で残りの作品を観ることができるだろう。

・・・続く。



# by katabami03 | 2017-07-25 16:35 | 展覧会・イベント | Comments(3)