<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋日、魂が喜ぶ。

古流協会の家元会で毎年親睦の旅行を行っている。全員参加というのはまず不可能だが、今年は7人の参加者を得て熱海に行った。
北海道や台湾に行ったこともあるが今年は近場で寛ごうという趣旨だったので、皆でどこかを周るというような予定もなく、東京をゆっくり出て、直接宿に向かうということになった。私は箱根の「彫刻の森美術館」で開催されている企画展に興味があったので、私だけ別行動となった。

秋の箱根路は紅葉真っ盛りで、一人快適なドライブを楽しむ。
彫刻の森にはお昼少し前に到着。
d0117565_15421892.jpg
d0117565_15462043.jpg
彫刻の森に来るのはおそらく何十年ぶりかのこと。展示物や新しい建物など、かなり増えているようだ。子供たちが小さいころに何度か来る予定を立てたことがあったが、結局流れてしまった。無理をしてでも連れてきてあげればよかったなあと、少しばかり後悔。

さて目的の企画展。
d0117565_15510144.jpg
全体、さらりとしていて湿っぽいところがなく、とてもさっぱりとした印象。経歴を見ると、作者はどうやらデザイン畑出身との由。何事もジャンルで区切って判断するのはいいことではないが、なんとなく納得する。
作品は決して大仰なものではなく、むしろ日常どこにでもあるようなものも多用している。それらが、視点を変えることでそこに新たな発見や驚きがあり、そのギャップが心地よい。作者は「見立て」という言葉を使っているが、遊び心などもまぶされた作品に、時にニヤリとしたりしながらも凝り固まった頭を固定観念から解放してくれる。カラリとしているが空虚ではない、開放感あふれる展覧会だった。

時間がたっぷりあるので外を一巡り。
d0117565_16084561.jpg
ロダン、ブールデル、ムーア、アルプ、ザッキン、などなど、しばらく忘れていた懐かしい名前の数々。気持ちがどんどん弛んでいく。
d0117565_16165633.jpg
d0117565_16170874.jpg
この日はメンテナンスの日なのか、係の人達があちこちで手入れしている姿を見かけた。こうした努力によって美しい状態が維持されているのだな。
d0117565_16205966.jpg
d0117565_16212157.jpg
d0117565_16213445.jpg
ピカソ館、マンズールームなど、室内展示も見ごたえがあった。
d0117565_16233752.jpg
d0117565_16235675.jpg
丘の斜面の一隅にイサムノグチの作品が置かれていた。最初に見たときには誰の作品か全く見当がつかなかった。これに出合えたのも大きな収穫だった。
d0117565_16255053.jpg

晩秋の一日、身も心も軽くなる小さな一人旅だった。





by katabami03 | 2017-11-30 15:42 | 旅・山 | Comments(4)

盛会御礼。

「いけばな×百段階段 2017」昨日盛会裏に終了いたしました。ご来場いただいた皆様改めて御礼申し上げます。有難うございました。

今回は竹の五重切りという花器に、石化柳(セッカヤナギ)と蔓梅擬(ツルウメモドキ)、それに菊を一輪添えた。
五重切りの器は近年考案された器というわけではないのだが、とにかく背が高いので、一般の展覧会ではめったに見かけない。今回担当させていただいた「静水の間」の床の間には、このために誂えたかのような調和を見せてくれた。

d0117565_21180835.jpg
この器はご覧のように生け口が5つある。それぞれにどのような花型を生けるか、いくつかのパターンはあるのだが、生け手の創意工夫によってまだまだいろいろな生け方ができるであろう器だ。
蔓梅擬は秋を代表する花材で、華やかさと蔓もの特有の奔放さが持ち味。大好きな花材のひとつでもある。これを生花に生け上げる場合、一枝一枝その向きやしなり具合、実の付き方などが異なるので、枝の見極め方によってまさに十人十色となる。
矯めが効くので型に即して生けることも可能だが、今回は枝の奔放さを極力生かすことを心掛け、どこまで暴れさせることができるかを試みた。
上から二段目の窓は月を象徴しており、各挿し口に異なった花材を入れる場合は黄菊を一輪入れる生け方が常道とされている。今回のような花材では通常は共のものを入れるのが常道とされており、本来だと禁忌に触れるものだが、あえて菊を一輪挿した。奔放に動き回枝々の中でワンポイント、全体を引き締めてくれた。教科書通りの花とは趣を異にした、こんな生花があってもいいのではないかと思う。

今回は私の他に芸術協会会員の、久保理加、大門理正、西村理季、山本理京の4名が参加し、合作で、二作の生花と一作の現代華を生けた。

d0117565_21480282.jpg
d0117565_21483017.jpg
d0117565_21484161.jpg
d0117565_21485011.jpg
6回を数える雅叙園での展覧会で、秋の開催は今回が初めて。
春の華やかさも良いが、秋の花や実も百段階段の部屋には実にしっくりと調和してくれる。


雅叙園と重なったが、豊島区の花展も現在開催中。
こちらにも石化柳と蔓梅擬を二重切りの器に生けた。

d0117565_21553258.jpg
d0117565_21554119.jpg
d0117565_21555099.jpg
池袋の東京芸術劇場にて明日(11月21日)まで開催中。
お時間のある方は是非ご来場ください。




by katabami03 | 2017-11-20 21:18 | 展覧会・イベント | Comments(2)

バタバタばたばた。

気が付けば11月だ。
9月10月とせわしなく、瞬く間に過ぎ去った。
その間の出来事をメモ風に列挙してみよう。

9月に入って早々に「横浜トリエンナーレ」を観に行く。
横浜美術館と赤れんが倉庫を見学。バンカート、黄金町の両会場はその後まだ行くことができない。もうすぐ終わってしまう。券が無駄になってしまう。アセル。
中旬過ぎには約40年ぶりに北アルプスへ山行。
下旬には「奥能登国際芸術祭」鑑賞をメインに、輪島、金沢と2泊。
10月に入ると、「つなげよう花の心」展の準備をしながら、まずはお友達の映像作家、ヒグマ春夫さんが参加されている「中之条ビエンナーレ」日帰りで見学にいく。
今年の後半は各地で美術展が開催されていて、見に行きたいところは多々あるのだが、いかんせん金も暇もない。それでも仕事の合間を縫って、頑張って出かけ、まずまずの収穫があったのは有り難い限りだ。
下旬に入って「つなげよう花の心」展。大きな席をいただいたので頑張って大きな作品を造った。言葉は悪いが、いくらでも手抜きできるところなのだが、そんなことはぜったいにしたくない。二日間だけの展示というのはいかにも勿体ないのだが、それでいいのだ。
10月最後の週は予定も少なく、久しぶりにのんびりできると思っていたのだが、「つなげよう・・・」の展覧会の搬出日に建築家の知人からメールがあり、月末に某展示所のエントランスにオブジェ風の花を作ってくれないか、との依頼。
はい、頑張りましたよ。搬出の翌日から休み返上で下準備に取り掛かり、31日に何とか装飾完了。
d0117565_22190456.jpg
d0117565_22191862.jpg
d0117565_22190456.jpg


というわけで先週から今週にかけて雅叙園の展覧会やら草月の展覧会が続いたのだけれど、拝見に行く余裕がなかった。
雅叙園の「いけばな×百段階段」展は第一回から一昨年(第四回)まですべての作品を拝見してきたが、昨年の第五回展中盤に原因不明の高熱を出して、連続拝見記録(?)30数回で止まってしまった。そして今年も雑事にかまけてまだ三回しか拝見していない。
草月展も時間があるときは前後期あるいは1,2,3次とすべて見るようにしていたのだけれど、今年は一度も行くことができなかった。まあ最近はSNSのおかげで多くの友人知人が作品をアップしてくれているので概要はつかめるのだが、やはり実物を見ないと作品の本質は把握できない。
写真で見る限り今年の草月展はかなり質が高そうに思える。ざんねんだ。



by katabami03 | 2017-11-01 22:09 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)