<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

足利探訪記。

5月28日29日の二日間、群馬県足利市内の古民家で「はなうつわ」という催しがあり、昨日拝見してきた。

足利の最寄り駅はJR両毛線の足利駅と東武伊勢崎線の足利市駅があるが、東京から向かうには東武鉄道利用の方が若干早いようだ。
朝の8時過ぎに家を出たが、電車の乗り継ぎが悪く足利市駅に到着したのは10時半を過ぎていた。もう少し電車の時間を検討していくべきであったと少し後悔する。

東武伊勢崎線足利市駅。
d0117565_17315153.jpg


渡良瀬川を渡って会場に向かう。
d0117565_17325861.jpg


足利はあまりなじみのないところだが、2年前に藤見物に「足利フラワーパーク」というところに行って以来のこと。余談にそれるが「足利フラワーパークの藤は実に見事だ。藤のほかにも様々な石楠花やバラも見事だった。
足利市は北関東の近隣の街と同様、絹を中心とした繊維産業で栄えた土地だが、繊維産業の衰退もあって少し寂れた印象だ。足利が舞台となった少し前の映画『遠雷』が思い起こされる。
今回の「はなうつわ」展には町おこしの意味合いも含まれているらしい。

展示はメイン会場の「松村記念館」のほかに3軒の古民家に展示されていた。
d0117565_17443794.jpg
d0117565_17444623.jpg
d0117565_1745278.jpg
d0117565_1745147.jpg
d0117565_17452144.jpg
d0117565_17452992.jpg


メイン会場で出品者の一人上野雄次君に会い、思わぬ長話をしてしまった。

今回の展覧会の会場となった古民家以外にも、路地を曲がるとちょっと興味を覚えるような廃屋などが何軒もある。
d0117565_18131345.jpg

d0117565_1814312.jpg

d0117565_18141917.jpg

d0117565_18143513.jpg

d0117565_1814505.jpg


せっかく来たのだから足利見物もして帰ろうと思っていたのだが、午後に回る所があったので、国宝の「鑁阿寺(ばんなじ)」や「足利学校」は門前だけ拝見して泣く泣く帰路に就いた。
d0117565_1815211.jpg

d0117565_18153863.jpg

d0117565_18155266.jpg

by katabami03 | 2016-05-30 17:54 | 展覧会・イベント | Comments(2)

間に合った。

懸案であった庭の草むしりと木の剪定をやっつける。
月初の連休に片付けようと思っていたものが、想定外の発熱のためすっかり予定が狂ってしまった。
ともあれ梅雨前に片付けておかないとひどいことになる。
狭い庭だが、途中に買い物に行ったりしたのを含めてほぼ一日がかりだった。
夕刻には毎年恒例のゴーヤとキュウリの苗を植えることもできた。疲れてしまってネットは後日。
d0117565_2045333.jpg


ああ、シンド!
by katabami03 | 2016-05-28 20:45 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

さらに外回り。

松屋銀座で開催中の、古流協会のお仲間「古流松涛会」の花展に伺う。
松涛会は5年に一度松屋で花展を開催している。今の時代にあって継続している姿はご立派。

ゆったりと設えられて会場に、生花、自由花が並ぶ。
d0117565_18255433.jpg

d0117565_1826231.jpg


家元、榎本理福先生と幹部の先生の大作。ほか、生花、自由花の大作。
d0117565_18273190.jpg
d0117565_18273970.jpg
d0117565_18274720.jpg


一服したのち、八丁堀の「七針」というところで開かれる深谷正子さんのソロ公演「ダンスの犬 ALL IS FULL」を拝見に伺う。

会場の七針は10坪に満たない小さなライブハウスのようなところで、ここで深谷さんは14日連続の公演を行っている最中。
d0117565_18321534.jpg

美術は関直美さん。
d0117565_18335723.jpg


深谷さんは1947年生まれ。もとはモダンダンス出身の方だが、現在はダンスの枠からはかなり外れた、身体表現のパフォーマーとでもいえようか。
公演は約1時間。緊張と弛緩を繰り返し緩急をつけた即興の動きは見ていて楽しいというものではないが、色々と感じるところがあった。何よりも、何が彼女を突き動かすのか。
単調な日常に倦んだ人間に勇気を与えてくれるようなパフォーマンスだった。
by katabami03 | 2016-05-27 18:20 | 展覧会・イベント | Comments(0)

外回りは続く。

一昨日拝見した展覧会から。

まずは新宿高島屋にてマミ川崎さんの所の展覧会『クラシサク』を拝見。
新宿の新南口が完成したが、以前の南口から出て一度ガード下を通って、ガードに隣接した建物に入ったら、そこで迷ってしまい高島屋にたどり着くのに一苦労してしまった。

展覧会の方だが、一見して楽しい、カワイイ、なんとなく自分にもできそう、といった印象。こういうのを見るとやはりフラワーデザインに人が流れるのも致し方ないなあと思ってしまう。

マミ川崎さんと川崎恵太さんの作品。

d0117565_22353867.jpg
d0117565_22354655.jpg


その他、気になった作品をいくつか。

d0117565_2236214.jpg
d0117565_22362837.jpg
d0117565_2236361.jpg
d0117565_22364510.jpg
d0117565_22365740.jpg


続いて有楽町の交通会館で開かれている『華道アーチスト協会展』を拝見。
こちらは帝国華道院のベテランの先生方を中心とした花展。
季節の息吹を感じる生花、自由花が整然と生けられていた。

d0117565_22403136.jpg
d0117565_22403769.jpg
d0117565_2240458.jpg


昨日今日と暑い日が続いた。もうしばらくすると梅雨に入る。爽やかな季節というのは本当に短いものだ。加えて今年は原因不明の発熱のために一週間以上を棒に振ってしまった。ああ、勿体ない。
他人の花を見るというのは何よりも勉強になるので外回りも大切ではあるが、気持ちのいい時期に山の空気でも吸いに行きたいものだ。
by katabami03 | 2016-05-22 22:46 | 展覧会・イベント | Comments(0)

復活の外回り。

社会復帰すべく体を徐々に普段の生活に合わせてきて、もうほとんど元の生活に戻ったのだが、いまだに時々自分の体でないような感覚にとらわれることがある。後遺症というと大げさだが、若いころの回復力とはちょっと違ってきているのだろうなあ。

雅叙園が終わって、なんだかすっかり展覧会シーズンが終わったような気分になっていたが、一昨日久々に机の周りを整理していたら花展のDMやら入場券やらが束になってあるではないか。そうか、まだまだ春の花展シーズンは終わっていなかったのだ。
ということで今日は外回りに行ってきた。

まず初めに帝国華道院研究部の花展に向かう。
有楽町交通会館内の会場に着くと、レレッ、まだ生け込み最中ではないか。
DMをよく見ずに来てしまったのだが、初日は午後1時からという事だった。
ほとんどの出品者が友人知人で、半分くらいの作は完成しているようだったので、失礼を承知で拝見させていただいた。

d0117565_21283692.jpg

d0117565_21284690.jpg


引き続き三軒茶屋で開催中の日本華道院「花豊艶」を拝見。

会場内の作品は初夏の風情。季節がまた一つ進んだようだ。

d0117565_21323555.jpg
d0117565_21325438.jpg


三軒茶屋で早めのお昼を済ませ、雅叙園で行われている「いけばな×百段階段」展最終週の作品を拝見に伺う。

エントランスロビー、今週の担当は古流松藤会の池田理英先生。

d0117565_21381526.jpg


EVホールの担当は、エレベーターが開いたとたんにそれとわかる長井理一先生。

d0117565_21394791.jpg


各流派それぞれが流儀の花の特徴をみせつつ、それぞれの部屋での設えにいろいろと配慮されている様子がうかがい知れた。
by katabami03 | 2016-05-15 21:33 | 展覧会・イベント | Comments(0)

復活しました。

大変ご心配をおかけいたしましたが、ようやく熱から解放されふつうの状態にもどったようです。

雅叙園から通しでご報告。

まずは『いけばな×百段階段』展、第7期。
改めて、今回はエントランスロビー、EVホール、「清方の間」を担当。

エントランスホール
d0117565_18474550.jpg


EVホール
d0117565_1849451.jpg


清方の間・仲谷理燿
d0117565_18503493.jpg


清方の間・西村理季
d0117565_18511466.jpg


大塚理司
d0117565_18513377.jpg


5月1日に搬出が終わり、翌2日に龍生派130周年の展覧会を拝見に渋谷に行く。

d0117565_18532642.jpg

d0117565_18533716.jpg
d0117565_18534528.jpg
d0117565_18535634.jpg

d0117565_18572569.jpg


プロジャクションマッピングなどを取り入れ、敷居が高いと思われているいけばなを身近なものにしている試みは評価されよう。

さてこの後、お昼を食べてから、搬出時に雅叙園に忘れてきた電動工具を取りに向かおうと思ったのだが、どうにも体がダルい。担当者に、後日引き取りに伺う旨電話して自宅に戻り、即布団にもぐり込む。その晩から熱が出だしたってわけだ。
翌日から38,5度~39,5度の熱が続き、5日目にようやく下がり始めた。
朝晩の微熱もなくなり、もう大丈夫だと思うが、いまだに体が自分のものでないような感じだ。
熱のある間はほとんど固形物を食べれなかった。体重は3キロ減。風呂で足を見たら、人間ってこんなにも急激に肉が落ちるものか、というくらい太もものあたりが痩せ細っている。
さあ、明日からリハビリだ。
by katabami03 | 2016-05-11 18:54 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

ああ、シンドい。

長らくの休止、ご不審に思われた方も多かろう。

2日の晩から発熱し、原因不明の高熱で何をする気にもならずただただ臥せっていた次第。
昨夜あたりから少し熱が下がり始め、ようやくパソコンに向かっている次第。

d0117565_17343112.jpg


そんなわけで、回復したらことの経緯をご報告させていただきます。
取り急ぎ。
by katabami03 | 2016-05-08 17:38 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)