<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

長野の名人。

長野の東急百貨店にて『花燦燦70年 和田一清 いけばなのすべて』展を拝見する。

d0117565_1871117.jpg


和田先生は華道遠州若竹会の会長であり、長野にて長年にわたり遠州流華道の普及発展に尽力されてきた方だ。
遠州流は江戸時代後期に爆発的な流行をみせた流派で、その特徴は曲芸的ともいえる枝の動きと言える。明治に入って日本の様々な文物がヨーロッパに紹介されるなかで、遠州流の生け花は彼の地のフラワーアレンジに多大な影響を与え、「ラインアレンジ」というひとつの形を生み出した。・・・ってなことは以前に書いたっけ???
ま、百聞は一見に如かず、今回出品されている作品のいくつかをご紹介。

d0117565_1872544.jpg

d0117565_1873624.jpg

d0117565_187497.jpg


和田先生の作品は米栂(コメツガ)を主材にした、山の気をはらむような雄渾な一作。

d0117565_1893917.jpg



d0117565_18145021.jpg

d0117565_18145948.jpg


過去の作品の写真展示や遠州流の枝造りの実作など、資料の展示も豊富で実り多い展示であった。
by katabami03 | 2016-01-29 18:00 | 展覧会・イベント | Comments(0)

豊洲探訪記。

所用にて豊洲に行く。

日本全国、どこに行っても似たような無個性な街がうじゃうじゃ増殖している昨今。豊洲は未来都市的な様相を呈していた。

d0117565_2142107.jpg


このあたりはどこも人工島だが、不明にもいつ頃作られたのか定かでない。

d0117565_2140596.jpg


最近は築地の市場が移転することで少しばかり話題になっている。その流れで、以前には東京ガスの施設があったことなどをわずかに知るばかりだ。
実際に現地に行ってみると新しいビルなどが次々と建てられているといった様相だ。

d0117565_21354610.jpg

d0117565_21355640.jpg
d0117565_2136668.jpg


地下鉄の豊洲駅の真上にある交差点の近辺にはすこしごちゃっとした街並みが残るが・・・。

d0117565_2138058.jpg


目を転じると・・・。

d0117565_21413269.jpg


片側5車線、シンガポールのような光景!

d0117565_2144013.jpg


さすがにF-1はむりだろうけれど、ここでゼロヨンなんかやったら面白いだろうなあ・・・、でもそういう発想はないよね、このお国には。

歩道も広くて気持ちいい。なんてオシャレな歩道橋!

d0117565_2144368.jpg


ポッカリ空いた空間は風水かいな?

d0117565_21452041.jpg


高層マンションの住人もやっぱり土が恋しいのかな。

d0117565_21461466.jpg


ここまで来たのでお土産に月島で焼き豚を買って帰ろう。
地下鉄に乗れば一駅だが、お昼ごはんの腹ごなしを兼ねて歩くことにする。

工場などがあった名残? 今は使われていない鉄橋。

d0117565_2150513.jpg


月島は人工島とはいえ古い土地柄か、表通りから一歩裏に入ると昭和ノスタルジーむんむんの家並みがそこいらじゅうに残る。

d0117565_2152272.jpg
d0117565_21523845.jpg


さて、月島のお目当てはここだ。

d0117565_21532473.jpg

d0117565_2153579.jpg


名物の「焼き豚」と焼き豚のタレで煮込んだ「半熟煮卵」をお土産に月島を後にする。
by katabami03 | 2016-01-25 21:18 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

告知。

新春恒例『古流協会展』のご案内。

2月10日(水)~15日(月) 松屋銀座8Fイベントスクエア

d0117565_1935238.jpg


乞うご来駕ご高覧!
(チケットご希望の方はご連絡ください)
by katabami03 | 2016-01-21 19:05 | 展覧会・イベント | Comments(0)

霜の華。

今朝は久しぶりに(?)キンと冷えた。
暖冬のおかげで寒い思いをせずに過ごせるのは有り難いのだが、我儘なもので、やはり冬はそれなりに寒くないとどうもピリッとしないなあと思っていた矢先だけに、「よ~し、来たか」ってな感じの朝。
昨日は少しばかり霙交じりの小雨模様だったので、確信をもって早めに家を出る。
最寄りのバス停ではなく、畑の間を抜けていく遠い方のバス停に向かう道の両脇は、どこもここも霜の華の博覧会のよう。

d0117565_2234537.jpg
d0117565_2235396.jpg
d0117565_224478.jpg
d0117565_2241478.jpg


お茶の葉や大根の葉も細工物のよう。

d0117565_2245190.jpg
d0117565_2245968.jpg


日が当たると消えてしまう儚い華々。

d0117565_2217101.jpg

d0117565_22115810.jpg


寒い朝、束の間の贈り物。
by katabami03 | 2016-01-13 22:12 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

初漕ぎ。

正月休み明け、さくっと仕事をして一日休み。今年初のチャリ。さてどこに行こうかと迷うところだが、前日教室にスマホ忘れてきたので、とりあえずそいつを取りに行く。
チャリに乗るのははずいぶんと久しぶりなので最初は億劫だったが、乗り始めてしまえば気持ちいい。
本当だったら自然のあるところに行きたかったのだが、まあここまで来たのだからと一足伸ばして銀座の松屋で開催中の「日本のおしゃれ展」を拝見に。

d0117565_2295977.jpg

d0117565_21364564.jpg


一点一点じっくりと見ていたらいくら時間があっても足りないくらいの質量が展示されている。
ゆっくりしていると帰りは日暮れになってしまうのでサラリと流し見。まあそんな見方なので、正直なところ前回と同じものが出品されているか否かは不明だが、着物と帯の取り合わせは色で合わせたり絵柄で合わせたりと、どれもしっくりとした調和を見せていた。
欲を言えば、もう少し冒険的な組み合わせも見たかった。
着物って合わせ方によっては上品にも下品にもなるわけだけれど、全体嫌味がない分、おとなしいコーディネートって感じ。ギリギリ下品にならないきわどさ、あるいは「へー、こういうのもアリなんだ」的な組み合わせのものなどが混ざっていると、より新鮮味のある展示になったろうなあと思った。
いずれにしても、着物や帯は勿論のこと、帯締めや帯留め、半襟に至るまでいずれもが一級の美術工芸品だ。まさに眼福、そんなひと時を過ごした。
by katabami03 | 2016-01-09 22:07 | 展覧会・イベント | Comments(2)

子どもたちに触発されて。

2年ぶりに所属しているスキークラブの合宿に行ってきました。

d0117565_21221292.jpg


山歩きやスキーがしたくて普段一生懸命運動するようにしているのに、本来の目的がなかなか実現しない今日この頃、久々にお正月の合宿に参加することができた。
クラブ員以外にも参加を呼び掛けているので、指導資格を持っているクラブ員は指導にあたることになっている。
今回は小学生3人と楽しい3日間を過ごした。

d0117565_21215567.jpg

d0117565_21224251.jpg


三人とも全くの初心者ではなかったので、あれこれ理屈を言うよりも「習うより慣れろ」という言葉のままひたすら滑りまくる。
滑りながら様子をみて、時々動作のチェックをしつつ斜度や回転弧の大きさ、スピードなどを変えて滑る。こうしたことで、遊びながら様々な条件に対応できるようなコントロール能力を身に付けさせるわけだ。
三人とも経験があるとはいえ、初日は緩い斜面をとりあえず転ばずに降りてくることができる程度だったものが、3日目には結構な急斜面も下りれるようになってしまうのだから、子供の身体能力にはいつもながら驚かされる。

d0117565_21385969.jpg


なかなか自分のトレーニングができないし、指導資格を維持するのはそれなりに手間がかかることなので、そろそろ返上してもいいのかなあと思ったりすることもあるのだが、子供たちが目に見えて成長していく姿を見るのは嬉しいものだ。
もうしばらく続けてみようか。

d0117565_21503584.jpg

by katabami03 | 2016-01-06 21:51 | 旅・山 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

あらためまして新年おめでとうございます。

d0117565_215159.jpg


新年らしい写真をアップしようと思ったのですが、どれも月並みなものばかり。
今年の年賀状は先日写した大漁旗を掲げた漁船にしたのですが、ここで再びお見せするわけにもいかないし、で、教室で写した万年青の写真となった次第。
床の間にでも置いて写せばもっと格調高く見えるのかもしれないけれど、悲しいかな我が家の床の間もどきは本棚に変わり果てている次第。まあ万年青は吉祥の花とされているので、花に免じてお許し下され。
あ、そういえばちょっと待ってネ。


で、こんなのがあったのを思い出した。

d0117565_21461535.jpg


これはいけばなの業界紙に出した写真です。
これならちょっとは恰好つくかな。


・・・ってなわけで、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
by katabami03 | 2016-01-02 21:49 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)