<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間は。

展覧会があったり、家の方がちょっとバタバタしたりであわただしい日々が続いた。
今日は気分転換で貯水池までひとっ走り。
日曜日とあって貯水池の周遊道路や堤防上はランニング、ウォーキング、自転車、そぞろ歩き等々、久々の陽光を楽しむかのように多くの人出が見られた。

d0117565_17502556.jpg


風があったせいか、この時期の日中にしては見通しが良く、奥多摩の山々もくっきりと見渡せた。
山にも行きたいが、その前にカッパを買わないと・・・。
by katabami03 | 2015-06-28 18:00 | 運動 | Comments(2)

執念の柳たち。

松田隆作さんの個展を拝見してきた。
今回は直径30センチ高さ10メートルの柳を丸ごと譲り受け、それをいろいろと加工して作品化したものを展示していた。

d0117565_2232562.jpg
d0117565_2233385.jpg
d0117565_2235073.jpg
d0117565_2235747.jpg
d0117565_224436.jpg


輪切りにしたり、削って球形にしたりと、やや工芸的な作品が目立った。
削った削りクズも作品の素材にするという、素材に対するスタンスはいつもの通りだが、それぞれのパーツはやや大きめ。
気の遠くなるような細かい作業を度々目にしているので、幾分ザックリとした印象を受ける。(それでも十分細かい作業なのだが)

隆作さんは、たとえばのこぎりで挽いたおがくずまで、素材のすべて使い切る人なので、柳一本という量はこれで全てではないだろう。
これからもまだまだ格闘が続くのだろうか。・・いつものことながら、隆作さんは何を想いながらこの細かい作業を続けているのだろうかと考える。

今日は関西の方に行っているとのことで会えなかった。
ゆっくりと話を聞きたかった。

松田隆作個展[一本の柳から] 7月13日まで、Azabujuban Galleryにて開催



 
by katabami03 | 2015-06-27 22:23 | 展覧会・イベント | Comments(0)

イタリアンCa'docci。

東急東横線の祐天寺駅のすぐそばに甥っ子が店を出した。
雑事続きでなかなか行ってやれなかったが、ようやく顔を出すことができた。
祐天寺駅より徒歩3分、写真左手の角の2階。角地にあるのでCa'docci(カドッチ)だそうで。

d0117565_22211282.jpg


都内のイタリア料理店何か所かと、イタリアのどこか(フィレンツェだったかなあ?)で修業をしているので、ちゃんとした料理を出している。

いろいろ食べまくり飲みまくった。

d0117565_22224448.jpg

d0117565_22225319.jpg
d0117565_2223661.jpg
d0117565_2223209.jpg
d0117565_22232851.jpg
d0117565_22233629.jpg


他にもチーズやリゾットを食べ、デザートまで完食。

もともとイタリア料理の居酒屋風の店をやりたいと言っていたので、とりあえず当初の目標に沿ったお店にはなっているようだ。
どれも美味しかったがまだまだ品数はあるので、制覇するには何度か足を運ばなければならないだろう。
近ければもっと行ってあげられるのだが、我が家からは乗り継ぎがちょっと大変。
お近くの方はぜひ行ってあげてください。
火曜定休、開店は午後6時。「祐天寺 イタリアン」で検索ご確認ください。
by katabami03 | 2015-06-25 22:34 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)

若い力。

あわただしい日々はとりあえず無事に終えることができた。
このところ車での移動が多く、また車以外の日はバス通勤だったので季節の移ろいを感じる余裕もなかった。
久々に駅までの道を歩いていると・・。

d0117565_2335023.jpg


栗林の脇を通ると、木々に小さなイガ栗坊主が成っている。

栗の実っていきなり大きな実がゴロンとできるわけではないんだよね。最初は小さくて、徐々に大きくなっていくんだよね、って、この小さなイガ栗が、そんな当たり前のことを今更ながら気づかせてくれた。

イガ栗坊主に元気をもらっちゃったなあ。
by katabami03 | 2015-06-22 23:31 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)

花下侶花展、写真が届いています。

龍生派の西脇龍二さんが花下侶の写真をアップされました。いくつかを転載させていただきます。

まずは今回の主宰者、森井環(芳翠)先生の写景盛花。

d0117565_1661190.jpg


会場入り口の迎え花と会場内の雰囲気が伝わる写真から。

d0117565_16282981.jpg

d0117565_1612815.jpg


デモンストレーションで作った拙作から二点。竹を使った大作と中品。中品は二つの作品をくっつけたのだが、別々の方がすっきりしていたかなあ。

d0117565_1663610.jpg

d0117565_1693366.jpg


今回の特設コーナー、「夫婦でいけばな」にはお二組が出品。

桂古流の新藤先生ご夫妻作。

d0117565_1614344.jpg


龍生派の西脇先生ご夫妻作。

d0117565_16145729.jpg


共に息の合ったコラボレーションを展開されていた。

小原流の伊藤先生と龍生派の東先生の作品。

d0117565_16165050.jpg


d0117565_16171263.jpg


ほかにも大坪先生のちょっと笑える作品や愛らしい小品作など盛りだくさん。
今日はイケバナインターナショナル元会長で、上海支部を立ち上げたリリーさんや小原流の知地先生のデモンストレーションも行われた模様。仕事で伺えず残念。

花下侶花展、明日午後3時まで。
さあ、あざみ野へGo!


(追加)

木場共新先生がアップされた写真を転載いたします。

d0117565_20573797.jpg

by katabami03 | 2015-06-20 16:23 | 展覧会・イベント | Comments(2)

ホッとしてバカになる。

・・・ということで、本日のデモンストレーション無事終了。
前半で思っていた以上に時間を喰い、その分後半の緊張感を欠いてしまった。反省しきり。

デモンストレーション光景の写真、古流松應会家元の千羽理芳先生と龍生派の大坪光泉先生がアップされたものを掲載させていただきます。

d0117565_22401492.jpg
d0117565_22402133.jpg
d0117565_22403447.jpg
d0117565_22404390.jpg
d0117565_22405129.jpg


デモンストレーション終了後に会場風景と自作の写真を撮っておこうと思ったのだが。

d0117565_22425597.jpg


この一枚を撮ったあとに呼ばれて、その後あれやこれや次々といろいろやっているうちに写真を撮るのを忘れて帰宅してしまった。
会期中は会の仕事があり揚げ花の日まで会場に行けないので作品写真をお見せ出来ず申し訳ありません。
後日どなたかからいただいてアップいたしましょう。それまでご容赦。

デモの作品はそのまま会場に展示されておりますので、お時間がある方は20日(土)21日(日)、ぜひ会場の方へお出ましください。
by katabami03 | 2015-06-19 22:57 | 展覧会・イベント | Comments(0)

開幕前夜。

先日告知した「花下侶(かかろ)」の25周年記念花展、いよいよ明日開幕!

本日生け込み。

d0117565_22222072.jpg
d0117565_22223314.jpg
d0117565_22224783.jpg


私は明日のデモンストレーションの作品の下準備。
花材、器、進行方法等々いろいろと気になる点はあるが、あとは流れに任せて元気よく行こうと思う。

過日の千羽先生の言葉ではないが、「人を楽しませる」。デモンストレーションはそれに尽きると思う。

d0117565_22292469.jpg


くどいようだが、入魂!





d0117565_22293781.jpg

by katabami03 | 2015-06-18 22:31 | 展覧会・イベント | Comments(0)

高崎の帰りには。(高崎物語58)

高崎駅がリニューアルされて久しい。
お土産品の販売コーナーが充実しているので時々土産品を買って帰る。
今日はコレにしよう。

d0117565_21493286.jpg


高崎帰りの土産と言えば、高崎をちょっと離れるが、大宮駅の駅ナカのここがお気に入り。

d0117565_21515743.jpg


このお店は元は酒屋さんだったのだろうか。酒類が豊富でおつまみ系も充実している。
他にも他店ではあまり見かけない食べ物やちょっとリッチな食材など、古くは「明治屋」、最近では都内でも色々なところで見かけるようになった「成城石井」ような雰囲気のお店で、帰りがけに立ち寄るとついつい余計なものを買ってしまう。

ところでこの店の圧巻はレトルトカレー売り場。

d0117565_21595817.jpg


一段の棚に30種類以上あるので、ざっと見積もっても200種類以上はある。
ほとんどカミさんの昼メシになってしまうのだが、今日も興深いところをいくつか買ってしまった。
しっかしまあ、この辺までは分かるのだが。

d0117565_2262486.jpg


コレは???
買い求めるのはちょっとした勝負だな。

d0117565_2273511.jpg


カレーはすでにりっぱな日本の国民食となっていることにはどなたも異論なかろう。
それぞれの土地によって様々なご当地カレーがあって、何よりも各家庭によってそれぞれの家庭の工夫や味があって・・・ここまで来るともはや食文化の一つになっているなあと思うのであった。
by katabami03 | 2015-06-14 22:16 | 高崎物語 | Comments(2)

告知。

「花下侶25周年記念花展」のお知らせです。

d0117565_2333783.jpg

d0117565_23334619.jpg


小原流の森井環(芳翆)先生が主宰する花展で、私は一昨年から参加させていただいています。
流派肩書一切無用、花好きが集まって自由に伸び伸びと、それぞれが生けたいように生ける、そんな型破りの楽しい花展です。

19日には私がデモンストレーションを行います。
入場無料、ぜひご高覧賜りたくご案内申し上げます。
by katabami03 | 2015-06-12 23:36 | 展覧会・イベント | Comments(0)

雨に洗われた木々や苔が美しく・・・。

以前に釣りに行った時アップした写真をみて、花友の千羽理芳君が「天然ヤマメの塩焼きが食べたい」というコメントを寄せてくれた。
どうせなら自分で釣った魚の方が味もひとしお良かろうと思い、昨日山梨の某川に渓流釣りに出漁する。

釣りに行くときはいつも早朝に家を出るのだが、今回は二人とも前日(一昨日)時間にゆとりがあったので釣り場近くの宿に泊まることにした。
その日は直接宿に入る予定だったのだが、まだ夕暮れには少し時間があったので、宿の近くの川でちょっとだけ予行演習をしようと竿をだす。

千羽君は全くの初心者だったので、魚のいそうなポイントと餌の流し方などをアドバイスして餌を流すと・・・なんと第一投でヤマメが食いついてきた。

d0117565_22275730.jpg


これは小さいのでもちろんリリースした。
この後も再び小さいヤマメが釣れ、千羽君も興奮気味だったが、夕暮れも迫っており、お楽しみは明日にということで納竿、宿に向かった。

4時ごろに起きて5時には宿を出る予定であったが、翌朝の天気予報は100パーセント雨だということで、6時に朝ごはんをお願いした。
その晩は早く寝る予定だったが、普段じっくりと話をする機会もなかったので、思いがけず長い間語りあってしまった。

さて翌朝、起きてみると雨は降ってはいるが意外に弱い雨で空も明るい。
朝食を済ませ6時半を少し回ったころに宿を後にする。

そぼ降る雨の中、しばらくは昨日の川で探釣。
釣れることは釣れるのだが、小川と言っていいような小さな川なのでみんな小物ばかり。雨も小降りになってきたので、予定していたポイントに行くことにする。

やや増水しているものの、渡渉に難儀するほどのこともないく、条件としては悪くない。
小さな川なので二人で竿を出すことはできないので、とりあえず千羽君にポイントや釣り方を教えて、合間に自分が竿を出す、といったパターンで釣り上がる。

d0117565_22481759.jpg


目の前にある第一級のポイントに、自分が竿を出せないというのはちょっちしたストレスではあるが、渓流釣りの楽しさを知ってもらいたいという思いがそれにまさる。
千羽君も期待に応えて、初心者であるにもかかわらずよく釣り上げてくれた。何よりもあの髭ずらの男が子供のように喜んだり興奮したりしている姿がとても好もしく思えた。

d0117565_22554881.jpg


朝のうち宿近くで時間をつぶしてしまい、また、雨模様だったのでいつもの場所よりも少し下流でやったが、まずまずの釣果が得られた。

d0117565_2331983.jpg

d0117565_234515.jpg


千羽君もことのほか喜んでくれたようで楽しく記念すべき釣行だった。

 ※写真は千羽先生のスマホから
by katabami03 | 2015-06-10 23:05 | 旅・山 | Comments(2)