<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

西へ行ってリュート、東は琵琶。

「蔦サロン」での毎夜の宴会、第二夜は、歌姫・大城みほさん。伴奏は常味裕司さんによるウード。

大城さんは透き通るような美声の持ち主。
ウードとは聞き覚えのない楽器だが、形状は前夜の琵琶とよく似ている。
中東の楽器だそうで、これがヨーロッパに渡りリュートとなり、東進して琵琶となったとのこと。成る程成る程と深く納得。
西洋音楽での一度をさらに10分割(!)した音で様々な曲を演奏するとの由、驚愕!
この楽器が奏でる音はまさに中東の音楽。目をつむると砂漠が見えてくる。

かの地の王侯貴族は御簾の陰でこの楽器を奏でさせたそうだ。
大城さんの提案で、「私の作品を御簾に見立てて、来客に王様の気分を味わってもらいましょう」という楽しい趣向となった。

d0117565_22141429.jpg


後半は『さくらさくら』や『黄金虫』など、日本の歌を数曲ご披露いただいた。

d0117565_22151026.jpg


楽器の奏でる音は中東風なのに日本の歌と全く違和感がなく、音自体は派手目なのにどことなく哀歓が漂い、ファドを聞いているような錯覚にとらわれる。
『月の砂漠』は泣けた。

d0117565_22223458.jpg

by katabami03 | 2015-02-28 22:27 | 音楽又はブルーズ | Comments(2)

初日は琵琶だ。

「蔦サロン」でのコラボ展、初日。
寒くて、おまけに小雨模様の中をお越しいただいた方々に感謝。

d0117565_23212476.jpg


入口脇の、この串団子みたいなのが目印。

d0117565_23225179.jpg


恒例(らしい)毎夜の酒宴。本日の出し物は大峯香風さんによる琵琶の演奏。
本日の演目は「那須与一」。
語りは思っていたよりも平明であったのが意外だった。また、琵琶はなじみの薄い楽器であるが、物語の状況や心理を描写する音色は多様で、琵琶の豊かな表現力を初めて知った。

d0117565_23204464.jpg


演奏前に、「戦記ものなので演奏中に写真を撮ると変なものが写るかもしれない」といわれてビビり、演奏風景は撮らなかった。
by katabami03 | 2015-02-26 23:24 | 展覧会・イベント | Comments(2)

なんだかとってもハイで。

山本安朗さんとのジョイント展、本夕無事に設定終了。

d0117565_21112778.jpg


自分の作品を褒めるのは趣味ではないが、今回の作品は安朗さんの陶器ともうまく呼応して、中々面白いインスタレーションになった。

「蔦サロン」、入口の串だんごみたいなのが目印です。

d0117565_218758.jpg


ご来駕お待ち申し上げております。



ってことなのだが・・・。
今朝はもう疲れちゃって、朝の電車のなかでも椅子に座りたくなるし、階段を上がるのもダルかったのに、「蔦サロン」からの帰路はやたらハイで、駅の階段は一段とばし。
いやー、ドラッグなんかなくても人はハイになれるんだね~。
イッ、ヨロシクゥ!
by katabami03 | 2015-02-25 21:20 | 展覧会・イベント | Comments(2)

これはムズいぞ。

先に告知した「蔦サロン」へは何度か行っているのだが、改めて思い出してみても、詳細はほとんど記憶していない。まったく人の(私の?)記憶なんざぁホント大したこたないね。
作品を展示するにあたっては、感だけを頼りに下ごしらえをしていくつもりでいた。しかしここにきて急に不安感が増してきた。それというのも、あそこは和室を展示空間に変えたところなので、柱とか鴨居とかがあったよな・・・。そんなわけで急きょ下見に行く。

やっぱり来て正解であった。
ただのペロンとした空間ではないだけに、搬入当日はいろいろと工夫しなければならないところなども見えてきた。

ところで会場の「蔦サロン」である。

「蔦サロン」入口。
催しを開催しているときは門扉が開いているので気が付かなかったが、随分と古色を帯びた鉄の扉。
再び「人の記憶なんて・・・。」

d0117565_18591312.jpg


右側の扉には蔦が絡まりついている。これが名前の由来だろうか。

何時もは左側から来て左側に帰っていくので、これまた気づかなかった。なんと右側は喫茶店になっている!

d0117565_1925930.jpg


つまり、ここは一階が喫茶店で二階が催し場となっていたのだった。
自分の注意力の散漫さに呆れた。ま、今に始まったことではないんだけれどね。

そんなこんなで、いつもにもましてキョロキョロとあちこちを眺めまわしながらの帰路であった。
by katabami03 | 2015-02-21 19:07 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

告知。

陶芸家の畏友、山本安朗さんから「一緒にやりませんか」というオファーをいただいたのが昨秋か。
安朗さんと生け花の人とのジョイント展はこのブログでも何回かご紹介しているのでご存知の方も多いのでは。
まあ、いつかは来るだろうと思ってはいたが存外早かったなあ。
期日は2,3月頃ということだったので、花展が集中する時期だけに一瞬躊躇したのだが、なまじ中だるみするよりも一気に走り抜けた方がいいのかもしれないと思い、この日程に決定した。

d0117565_21321442.jpg


しっかいまあ、いざフタを開けてみると、やっぱりきっついなあ。
これが添え花程度ならどうということもないのだが、相手が安朗さんだからなあ。

本気でやっている人には本気で応えねば礼を失するというもの。
もういくらも日にちがないが、どこまでできるかやってみよう。
・・・ってか、やらねば!
by katabami03 | 2015-02-18 21:27 | 展覧会・イベント | Comments(0)

USBケーブル様。

一昨日の『古流協会展』控室でのこと。

うっかりデジカメを落とし、壊してしまった。(この件についての詳細は後日お伝えしようかと思っている。)
控室に入ると宇田川理翁さんがいたので、ことの詳細を話すと、「SDカードが生きていれば撮った写真はOKでは」ということでカードを取り出そうとしたら・・・、ガ~~~ン!
SDカードが入っていない。
そういえば前日に、撮った写真をパソコンに取り込んだのを思い出した。SDカードはそのままパソコン内に入れたままだ。

幸いにもデジカメは、本体が壊れているのだけれど機能は全く正常。宇田川さんによると、「撮った写真はカメラ内にデータが残っているはずだから、ケーブルでつなげば取り込めるはず」とのこと。
帰りがけに早速有楽町のビックカメラでケーブル購入。

d0117565_21442140.jpg


というわけで昨日の写真はこの利器を使ってアップした次第。

「な~んだ、簡単じゃねーか。」とアラ還オヤジはうそぶくのであった。



   
by katabami03 | 2015-02-17 21:33 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

『古流協会展』かたばみ会作品(3)。

『古流協会展』本夕無事に終了いたしました。

第3次出瓶の作品をご紹介いたします。

[参務席]
西村理季
d0117565_193427100.jpg


[中品席]
荒井理智
d0117565_19352627.jpg

村松理愛
d0117565_19355725.jpg

窪田理照
d0117565_1936372.jpg

奈良理令
d0117565_1937186.jpg

塩練理裕
d0117565_19403318.jpg

藤田理照
d0117565_19372810.jpg

金田理礼
d0117565_193756100.jpg

矢部理静
d0117565_19382980.jpg


[小品席]
井汲理代
d0117565_19391724.jpg

岡理尚
d0117565_19395158.jpg

佐藤理奈
d0117565_19401746.jpg

鈴木理裕
d0117565_19405272.jpg




お忙しい中をご来駕いただいた皆様、有難うございました。
何度もご来場いただいた方々、ただただ感謝感激。
残念ながら今回お越しいただけなかった方、次回お待ち申し上げております。

どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

2015年2月16日 大塚理司
by katabami03 | 2015-02-16 19:46 | 展覧会・イベント | Comments(0)

『古流協会展』かたばみ会作品(2)。

『古流協会展』たくさんのご来駕、有難うございます。

かたばみ会の後期および2次出瓶者の作品です。

[総務]後期出品作
草野理多嘉
d0117565_21183065.jpg



2次出品作
[参務] 
山本理京
d0117565_2120045.jpg


久保理加
d0117565_21211744.jpg


飯田理智
d0117565_21214917.jpg


[中品作]
加藤理道
d0117565_2124416.jpg

保屋野理成
d0117565_21245092.jpg

石川理桃
d0117565_21245896.jpg

久末理加津
d0117565_2125681.jpg

小原理晴
d0117565_21251687.jpg

保科理小枝
d0117565_21252879.jpg

飯野理堯
d0117565_21253912.jpg

舎人理彦
d0117565_21254952.jpg


[小品席]
岩﨑理美
d0117565_21324625.jpg

大沢理節
d0117565_21325746.jpg

上田理幸
d0117565_21331686.jpg

矢部理汀
d0117565_2137211.jpg



長いようで始まってしまえばアッという間。
さて残すところあと一日。
頑張っていきまっしょい。
by katabami03 | 2015-02-15 21:38 | 展覧会・イベント | Comments(0)

華やかさの陰に。

昨日午前中、『古流協会展』を抜け出し『龍生派いけばな百人展』を拝見。

会場は渋谷の東急百貨店本店3階にある「イベントサロン」という特別室のようなところ。
それほど広くはないが落ち着いた空間だ。

まずは1F入口にてお迎えの花。

d0117565_14423339.jpg


オープンスペースやアンダーライト、バックライトといった、龍生派十八番のしつらえはここでも健在。

d0117565_14391491.jpg


この横長の設定に生けられた作品はどれも面白かった。

d0117565_14404136.jpg


「Fの会」のお仲間、吉村隆先生は相変わらず飄々としたお作。ご本人はお客様と談笑中。

d0117565_14454754.jpg


副家元・吉村華洲先生の作品。他を圧する存在感と華やかさ。

d0117565_14472745.jpg


会場でいただいた出品者一覧に吉村華泉先生のお名前がないのは・・・寂しい。
by katabami03 | 2015-02-14 14:49 | 展覧会・イベント | Comments(0)

『古流協会展』かたばみ会作品(1)。

『古流協会展』、とりあえず会期の半分終了。
同展は6日間の通し作品と3日間展示(前後期)作品、それに2日間交代(1次2次3次)の出品作による展開となっている。

[総務](前期出品作)
塩練理智
d0117565_23221562.jpg

稲葉理侑
d0117565_23225049.jpg

國府田理美
d0117565_2323341.jpg


前期出品作
[参務]
大門理正
d0117565_232551.jpg


1次出品作
[中品席]
小林理恵
d0117565_23263890.jpg

吉田理樹
d0117565_23272564.jpg

高徳理信
d0117565_23275443.jpg

仲谷理燿
d0117565_23281668.jpg

川原理和
d0117565_23284563.jpg

小原理詔
d0117565_23324393.jpg

岩附理加
d0117565_23334556.jpg

中島理慶
d0117565_23341165.jpg


[小品作品]
針谷理貴
d0117565_23355565.jpg

小林理雅
d0117565_2335918.jpg

池田理和
d0117565_2337969.jpg

君島理扇
d0117565_23374917.jpg



最後に拙作を。

d0117565_2339181.jpg


今年はお天気にも恵まれ、まずまずの人出。
あと3日、気を引き締めなおして!
by katabami03 | 2015-02-13 23:40 | 展覧会・イベント | Comments(0)