<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大失敗。

秋の展覧会シーズンもいよいよ佳境に入った。
ここでも何度か触れているように、いけばなの展覧会は春と秋に集中して行われる。
ほぼ毎日どこかで生け花展が開かれている、と言っても、決して大袈裟な物言いではない。
とくに土日には何件か重なっていることが多い。
昨日は3件拝見に上がった。

銀座かねまつホールでの『2014 古流・大觀流 生け花展』。
駒込の古流会館での『古流理恩会社中習作展』。
新橋、東京美術倶楽部での『広山流三代家元十三回忌追善花展』。

いつものように写真を撮ってきたのだが、家に帰ってパソコンに取り込もうとカメラを見ると、なんとSDカードが入っていない。
大ドジを踏んでしまった。カードをパソコンに差しっぱなししておいてしまったのだった。

古流・大觀流の大野先生の投げ入れ花は、蔓梅擬を大きく左右に張らせた中に何種類もの秋の花材を入れ込んだ、あでやかなものだった。
古流理恩会の宇田川先生の作は、実木瓜と杜若の寄せ生けで、季節感と取り合わせの妙味を楽しませていただいた。
広山流の岡田先生は、古色を帯びた大壺(弥生か?)に白梅擬と壇香梅の黄葉の投げ入れ花。美術倶楽部の広い床の間に決して見劣りのしない、力強くおおらかなものだった。

その他の作も、いずれも秋の動静をとらえた美しい花々であった。


ところで話は変わるが、カメラの中には昨日の写真が残っているのだよね。・・・ったく、きょう日の機械はどうなっているのかよーわからん。
SDカードを入れたらそちらに乗り移るかと思って入れてみたが、乗り移ってはくれなかった。
写真はカメラの中にはあるのになあ・・・う~~ん、残念。
by katabami03 | 2014-09-29 18:26 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)

青春のオーラ

歌手のクミコが隣町でコンサートを開くというので、聞きに行ってきた。
実はクミコさんとは20代のころからのお友達で、私が池袋に陶芸のアトリエを造ったときのアトリエ開きの宴席で何曲か歌ってもらったこともある。
持つべきものは友。でも、いまじゃあとてもそんなことお願いできないよなあ。

d0117565_19114564.jpg


さて会場に着いて入場待ちの列をみてビックリ。年配の人ばかり。「・・が多い」ではなくて、「・・・しかいない」のだ。なんだか場違いなところに来てしまったような感じ。
チラシに「クミコと歌う 大うたごえ喫茶」とあったが、そうか、この人たちは皆「うたごえ喫茶」で青春を送ってきた人たちなのだと、合点がいった。

開場前に楽屋に挨拶に行くと、ちょうど、ゲストのハンナ・グレースさんとの2ショット撮影の最中だった。

d0117565_1917397.jpg


プログラムによると、本日の構成は以下の通り。

Ⅰ部 うたごえタイム
うたごえリーダーはるちゃんとおおくまくんと歌う、うたごえ喫茶
Ⅱ部 クミコ コンサート
ゲストにスコット先生役として出演したハンナ・グレースさん
Ⅲ部 クミコとうたう 大うたごえ喫茶

まずははるちゃんとおおくまくんの進行で秋の歌を3曲合唱する。

d0117565_18215167.jpg


とっても健全な空気。

続いてクミコ登場。
朝の連続ドラマで歌われた『The Water Is Wide』の歌詞を日本語に訳してカバーした『広い河の岸辺』を歌う。この歌にまつわる話などをした後に、ハンナ・グレースさんが登場し、原曲を歌う。
クミコさんのハリのある声とハンナさんの透き通るようなソプラノの歌声。実は朝ドラ『花子とアン』って一度も見たことがないので、この歌がうたわれたバックグランドは何も知らないのだが、
とても印象的な美しい曲だった。

d0117565_18375467.jpg


ハンナさん退場の後にクミコさんが持ち歌を4曲披露。
軽妙なトークと一本芯の通った強いうたごえは健在、というか、昔聞いた時よりも深みが増している感じがした。

15分の休憩を挟んで「大うたごえ喫茶」タイム。
懐かしい歌を全部で10曲。

d0117565_18412395.jpg

d0117565_18413351.jpg
d0117565_18414212.jpg


体をゆすってリズムをとる人、手拍子を交えて歌う人等々、背中からは青春のオーラが出ているようだった。

最後に再び女性コーラスの方たちと『広い河の岸辺』を合唱。

d0117565_18474183.jpg


ほとんど知っている曲だったので、私も一緒に歌わせてもらった(小声で)。
そんなこんなで、清々しい思いで会場を後にした。
by katabami03 | 2014-09-25 18:50 | 音楽又はブルーズ | Comments(2)

まとめて4件。

今日は豊島区の生け花展の揚げ花(撤収)の日だけれど、夕方まで特に急ぐ用事もなかったので、普段の不義理のお詫び方々、外回りを4件。

まずは電脳友の古川玉萌先生が主宰される「むさしの水墨画展」を拝見。

d0117565_2233258.jpg

d0117565_22101591.jpg


およそ70点の出品。同じモチーフでも個性がでるものだ。白と黒の豊穣な世界を堪能する。

続いて早稲田に向かい、「早稲田奉仕園」にある教会に隣接したギャラリーで開催中の飯尾しづ子さんの個展、「85年のあ・し・お・とー回想展ー」を拝見。

d0117565_22191783.jpg


早稲田奉仕園の教会は東京都の歴史的建造物に指定されている煉瓦造りのおもむきのある建物だ。

d0117565_2222048.jpg


過去に制作された作品のほかに、この天覧会のために制作された作品が目を引く。

d0117565_22241363.jpg


衰えぬ制作意欲に敬服。

引き続き、一駅隣の神楽坂に向かい、草月の水野理美さん中川彩萠さんによる「ねこじゃらしプロジェクトⅤ」を拝見。
ここの会場「AYUMI GALLERY」もとてもいい雰囲気の建物だ。

d0117565_22304722.jpg


室内に設置されたインスタレーションは場の雰囲気にしっくりと合った気持ちのいいものだった。

d0117565_22341680.jpg

d0117565_22343320.jpg


遅めのお昼を済ませて京橋に向かい、月風かおりさんの「風書展」ー世界の人々ーを拝見。

d0117565_2237278.jpg

d0117565_22552189.jpg


月風さんはオートバイでアフリカを縦断したり、モンゴルや南米のギアナ高地に足跡を残しており、どちらかというと秘境的なところを多く旅し、その都度「風書」という独特の概念で描かれた作品を発表してきたが、今回は特に人物にスポットを当てた作品を展示していた。
一見したところ細密画のように見えるが、線の流れや肥痩は書と通じるものだというのが感じられた。

秋の展覧会シーズンは始まったばかり。
by katabami03 | 2014-09-23 22:11 | 展覧会・イベント | Comments(4)

告知、プラス。

告知するのが遅くなりましたが、明日より3日間豊島区茶道華道連盟のいけばな展が開催されます。
案内状をお出しいたしませんでしたが、お時間のある方はお立ち寄りいただけると幸甚です。

会期:9月22日(月)~24日(水)11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:東京芸術劇場5階ギャラリー(池袋西口)


・・・で、本日生け込みに行ってきたわけだが、芸術劇場前の広場に何やら人だかり。

d0117565_22593185.jpg


近寄ってみると4人組の男女による大道芸の最中であった。

d0117565_2304577.jpg


最近は歌や踊り、スポーツにまでパフォーマンスという言葉が使われているが、大道芸こそまさに元祖、本家本元パフォーマンスの王道といえよう。

で、このグループのパフォーマンスはというと、動きや構成、音響等はよく練れていて場数は踏んできているように思われた。
そこここにコミカルな要素を取り入れているので、いうなれば道化師的なパフォーマンスとでもいえようか。
一本の赤い紐を用いた演目などは、やりようによってはアートの領域にまで持っていける可能性が見られたのだが、そのほかの演目を見る限り、やはりお笑い系なのかも知れない。

d0117565_23171429.jpg


いずれにしても、こういった芸や音楽などが街のあちこちで行われていたら、世の中もっと面白いのになあ。
ゲリラ的にやっている人も見かけるけれど、警官による取り締まりも同じように目にする。
東京都では「ヘブン何とかアーチスト」(だったかな?)ま、そんなようなモンがあって、審査に受かってその「ヘブン何とかアーチスト」の資格を持つと、路上でのパフォーマンスが自由に行えるらしい。
けどねえ・・・、大道芸とかストリートミュージシャンとかって名も知れていない者が勝手にやっているから面白いんであって、そんなところにまでお上のお墨付きを持ち込むなんて、いかにも官僚が考えそうな貧困な発想。ちょっと悲しい日本的な光景だ。

芸術劇場前でやっているパフォーマンスは大体なにかのお祭りやイベントがらみのものが多い。
今日は特にイベントなどが行われている様子は見られなかったが、先の大道芸のグループも何がしかの許可を得てやっていたのであろう。
別にあの人たちが悪いわけでもないんだけど、しばしいろんなことを考えてしまった。
by katabami03 | 2014-09-20 23:11 | 展覧会・イベント | Comments(2)

秋の訪れ。

ここ数日、日中の気温の変動が激しいが、暑いといっても盛夏の34~5度を過ごしてきた身にとっては苦も無くやり過ごせるほどの残暑といったところか。

d0117565_21291093.jpg


一叢の雑草にも秋の気配が漂い始めた。

d0117565_2129563.jpg


自然は正直。
by katabami03 | 2014-09-18 21:33 | 草花 | Comments(2)

大収穫だっ。

我が家には狭い裏庭があるのだけれど、そこに金柑や柚子の木などがある。
金柑は毎年たくさんの実をつけるが、柚子はトゲトゲの枝が通行の邪魔なので短く刈り込んである。そのせいか一向に実をつけない。

柚子の根元付近には5年くらい前に知人からいただいたミョウガがある。
いつまでたっても収穫がないので、こまめにチェックすることなく放っておいたのだが、昨年突然たくさんの芽を出した。しかし気が付いたときは時すでに遅く、まさに花盛りの様相だった。

今年は、4週間ほど前にお弟子さんからミョウガをたくさんいただいた。
家に帰ってから我が家のミョウガを見たところ、全く芽が出ていなく、今年はダメなのかと思っていた。
今日裏の倉庫に行く用事があり、チラッと見たら、あ~ららら、あろうことか花が咲いている。

d0117565_22493417.jpg


今年も収穫の時期を逸してしまったのかとガックリしてしまったのだが、気を取り直して周囲を見てみると、オッ、あるある。

d0117565_2253972.jpg


蚊がうるさいので、家から電気ショッカー(?)を持ち出して収穫に励む。

d0117565_22552620.jpg


ミョウガが生えているのは一畳にも満たないほどの狭い場所。それにもかかわらず結構な収穫があった。

d0117565_2305387.jpg


甘酢漬け、醤油漬け、すまし汁に入れたり薬味にしたり・・・、ああ、楽しみだなあ。
by katabami03 | 2014-09-15 22:56 | 食べ物・飲み物 | Comments(5)

秋の気配。(リシノメ164)

不順な天候続きになにやら落ち着かぬ日々を過ごしながらも、ふと気が付くと秋はもうすぐそこに。

d0117565_21301487.jpg


国分寺市富士本3丁目にて。
by katabami03 | 2014-09-12 21:30 | リシノメ | Comments(3)

夏休みー2。

「ツールド妻有」の前日、折角なのでー「大地の芸術祭」の里 越後妻有2014夏ーを拝見。

まずは情報収集をかねてキナーレに行く。
キナーレの一部は一昨年にリニューアルされて「里山現代美術館」となっている。そこの一階で佐藤香さんが作品制作を行っていた。

d0117565_22554242.jpg

d0117565_16314558.jpg


佐藤さんは妻有の各地で採取した土を用いて作品を描いている。
一見したところ、日本画の顔料とも思えるような土で描かれた作品は、ポップアート的な雰囲気と土俗的な風合いとが同居しており、さらにメキシコの壁画のような力強さを感じさせるものであった。

二階に上がるとキジマ真紀さんの「Fancy Flower」が目を楽しませてくれる。

d0117565_16321543.jpg


森野晋次の「時の封ー妻有2014.05~」は,やや類型化されたきらいはあるものの、いかにも妻有ならではの労作であった。

d0117565_22142611.jpg


回廊部分には原光司+工学院大藤木研究室+F.A.D.Sと日置拓人+木村謙一の作品が設置されている。

前者の作品「Three Travelers」。

d0117565_22214053.jpg


来年に向けたエスキース的な作品らしく、子供しか入ってはいけないとのことだった。

後者の作品「土の光籠」。

d0117565_22234463.jpg

d0117565_16324327.jpg


これもまた妻有らしい作品であったが、これはやはり野外に置くことによって一際その存在感が増す作品であろう。せめてキナーレ脇の芝生の上に設置してほしかった。

続いて松代の「農舞台」に向かう。

「農舞台」では「限界芸術百選プロジェクト田中みずき銭湯ペンキ絵展」を拝見。
子どものころから銭湯の絵はたびたび目にしてきたのだが、今までじっくりとみることはなかった。
改めて見てみると全体ベタな感じで、上手いか下手かと言われれば正直なところ「下手な絵」の範疇なのだが、こうも堂々とあけすけに開陳されると、なんだかこちらの気持ちまでハッピーになってくるような不思議な明るさを感じさせる絵だ。

d0117565_16281856.jpg


なんでココで銭湯の絵なのかよくわからなかったが、普段何気なく見過ごしてしまうものの中にもそれなりの面白さはあるものだと再認識させてくれた企画展であった。

わずか二日間ではあったが「ツールド妻有」と相俟って、楽しく有意義な夏休みを過ごすことができた。
by katabami03 | 2014-09-11 22:47 | 展覧会・イベント | Comments(1)

「ツールド妻有」奮戦記。

今夏も新潟の山中で繰り広げられる自転車ツーリング大会「ツールド妻有」に参加してきた。

d0117565_21321925.jpg


昨年、一昨年と80㎞のコースにエントリーしてきたのだが、いずれの年も結構早い時間にゴールしてきたので、今年は120㎞のコースにエントリーした。

妻有の「ミオン中里」という日帰りの温泉施設がスタートとゴール。午前7時より参加者約500名が10人づつ順次スタートする。
天気は曇りで少し肌寒いくらい。自転車を漕ぐには好条件だ。

内海昭子さんの「たくさんの失われた窓のために」という作品が設置されている「桔梗原」というところの近くで一度、ロングコースとショートコースが分かれる。ロングはここから「西田尻」というところまで登ってから戻ってくる。
「田尻」までの国道は車で何度か通っているので大したことはないとタカを括っていたが、登り道は国道とは違う道で、距離こそ短いものの、意外な急坂もあり先行きに不安を覚える。
登りつめた地点の「西田尻」では地元の人たちが運営する休憩所(エイドステーション・AS)があり、ここでは水代わりにグレープフルーツを貪り食う。

桔梗原からまたしばらく登り、スタートから23㎞地点の「ベルナティオ」には公式ASがある。

d0117565_2157312.jpg

d0117565_21595916.jpg


ここでは毎年草餅がふるまわれる。3個いただき、レモンのはちみつ漬けなども食す。

ここからは快適な道を一気に下って、最初の激坂のある「鉢」に向かう。
「鉢」のASでもトマトやキュウリを食べて、激坂を上る。
尾根筋の道をアップダウンを繰り返しながら次のAS「坪山峠」にたどり着く。
ここの名物は大鍋で炊くパエリヤ。
毎年早々に無くなってしまうので今年は無理だろうと、着いてすぐにおにぎりを食べたが、なんとパエリヤがまだ残っているではないか。これは別腹。
例年食べれなかった参加者からの不満の声があるとのことで、今年は二倍の量を炊いたそうだ。ありがたい。ひたすら感謝。

次のASは64㎞地点、「ツールド妻有」屈指の激坂を上り切ったところにある「芋島」。ガリガリ君が待っているぞ。

AS手前で激励する赤い悪魔さん。

d0117565_22224250.jpg


「芋島」のASを出るころから弱い雨が降り始めてきたが、国道に出て次のAS「農舞台」に向かう途中で一段と激しい雨に降られる。追い越していく車に水をぶっかけられたりするも、思考回路が吹っ飛んで、もうどうでもいいけどとにかく漕いでいれば次のASに着くだろうと、ひたすら漕ぎ続け、ほうほうの体で「農舞台」に着く。もう30分も早ければここで雨宿りできただろうことが悔やまれた。
ここの名物はそばと鳥から揚げ、そして何種類ものお漬物なのだが、意気消沈して食が進まず、草餅3個とお漬物で打ち止め。
「農舞台」からまたコースが分かれるのだが、残念ながらここからショートコースに変更。とはいえ「農舞台」の裏山と最後のAS「五十子平」の手前にも激坂があり侮れない。
ともあれ後半はさしたるアクシデントもなく無事にゴールできた。全走行距離は97㎞と何とも中途半端な結果に終わった。

今回の敗因の原因はやはりトレーニング不足で臨んだことだろう。
春にちょっと体調を崩したことですでに躓き、その後も休日が雨だったりと不運も重なった。そのうえ予想外の降雨。まあ言い訳をすればそんあところか。
しかしまあ、最後までチャリを降りることなく完走できたのは一筋の光明か。
次回は万全を期して臨みたい。
by katabami03 | 2014-09-08 22:49 | 運動 | Comments(3)

久々の山歩き。

忙中閑あり、久々に山歩き。

昨夜急に思い立ったので、近場のハイキングコースの「高水三山」を歩く。
ここは2,3年前に一度歩いているので、逆回りで行くことにした。

昨夜は普通に飲み、普通に寝て、今朝は普通に起きる。
朝食後に準備を始めて、大きなオムスビとバナナを二本ザックに入れて出発。
登山口の御嶽駅に着いた時は11時になろうとしていた。

いきなりの急登が続く。

d0117565_1122097.jpg


奥多摩の前衛の山で、山歩きの入門コースのようなところなので、平日だがそこそこの人たちと行き違う。
約2時間ほどで本日の最高峰「岩茸石山」に到着。

d0117565_1124244.jpg


標高800mに満たないところなので、当然ながらまだ夏の様相だが、それでもさまざまな植物に巡り合えた。

d0117565_1131612.jpg

d0117565_1143777.jpg

d0117565_1145146.jpg


下山ではやはり危惧していた膝が傷んだ。
坂を下るときは全く問題ないのだが、階段状の下りが続くときつい。なんとかならないものか・・・。
それでもまずまずのペースで下りてきて、「軍畑」駅2時30分発の電車に乗って帰宅。

下山途中、小さな沢を横切るところがあり、そこで顔を洗った。そんな些細なことが楽しく思い出されるトレーニングだった。
by katabami03 | 2014-09-05 23:32 | 旅・山 | Comments(0)