<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

銀杏←何と読む?

桜が終わり日々深まる新緑が美しい。
今日はまた雨に濡れる木々を愛でながら歩いていると、なにやら気になる木。
その木から散ったと思しきなにかが一面に散っている。

d0117565_21322142.jpg


近づいて見ると・・・どうやら木から散った花?

d0117565_21382844.jpg

d0117565_21393871.jpg


で、これは一体何の木か見上げて見るとなんと銀杏(イチョウ)ではないか。

d0117565_21405016.jpg


そういえばギンナンは雌の木にしかならない。・・・ということは雄の木があるわけだ。こんな単純なことをこの年になるまで考えたこともなかった。
つまりはこの木は雄の木で、今の時期に花を咲かすということか。

銀杏の木の下、確かに花が散っている木と何もない木(雌の木)がある。

d0117565_21484890.jpg


銀杏、華やかさはないが心に沁み入る散華。




以下余談・イチョウもギンナンも漢字ではどちらも銀杏だった。「銀杏は銀杏の実」、ああ紛らわしい。
by katabami03 | 2014-04-30 21:57 | 樹木 | Comments(0)

豪勢豪勢。

我が家の牡丹が満開。

d0117565_18125971.jpg


「花王」と言われるだけあって、見ているだけでリッチな気分にしてくれる。
雅叙園の花展で使おうかと思ったのだが、水揚げに手間がかかるのでちょっと気持ちに余裕がなかった。
ま、そのおかげで今こうして豪勢な気持ちに浸っていられるわけだ。

d0117565_18185055.jpg


こちらはまだ莟み。

d0117565_18195422.jpg


一本の幹から花が二本出ている。こんなのは初めて。
何かの吉兆だったらいいなあ。
by katabami03 | 2014-04-29 18:21 | 草花 | Comments(0)

今はとにかく寝たい。

目黒雅叙園『いけばな×百段階段 2014』盛会裡に無事終了いたしました。・・・っと、まだ5月の何日かまであったんだ。
取り敢えずウチの担当週が終わったということでご容赦。
当初心配してた八重桜も満開になり華やかになtったのだけれど、今日は終日あわただしくて迂闊にも写真を撮り忘れてしまった。
搬出時に竹屋の若旦那が来てくれた。もう大分バラし始めていたのだけれど記念に一枚。ピンボケ御免。

d0117565_23354858.jpg


今回は直前に体調を崩したことなどもあってか、準備期間が短かった。でもそれがかえって良かったみたいで、中だるみすることなく集中することができた。世のなか何が幸いするか分からんのう。

ともあれ今回は、この展覧会を利用して自分の一つの区切り的な展示を意図したのだが、先ずは上出来だった。

ご来駕いただいた皆様にはこの場にて厚く御礼申し上げます。
by katabami03 | 2014-04-27 23:49 | 展覧会・イベント | Comments(4)

盛会中〆。

目黒雅叙園『いけばな×百段階段 2014』、半分終了。
本日もたくさん方々がお越しくださいました。ありがたやありがたや、多謝。

桜も見ごろ。

d0117565_22325655.jpg


さあ明日から後半戦。さらに気合を入れて!
by katabami03 | 2014-04-24 22:36 | 展覧会・イベント | Comments(2)

ホッ・・・。

目黒雅叙園『いけばな×百段階段 2014』、本日二日目を終えた。
心配していた桜もだいぶ開いてきた。取り敢えず一安心。

しっかしねえ、やはりそれなりの場所に納まると絵になるんだよね~、いけばなって。
我が家には床の間が無いのだけれど(!)、なんだか毎日床の間に納まっている花を見ていると、床の間がほしくなってきた。
狭い住宅事情は身に沁みて分かるんだけれど、床の間の消失がいけばなを大きく変えたって事をいまさらながら思い知らされる。

恥ずかしながら拙作から。

d0117565_22252388.jpg
d0117565_22263245.jpg
d0117565_22262386.jpg


ロビーフロアの桜もだいぶ開いてきた。さらにあでやかになっていくだろう。
いけばなと日本建築とのコラボをご覧になりたい方。是非お越しください。27日午後6時まで、必見!
ちなみに私は金曜日の午後を除き、終日会場におります。ご来駕の折は事前にご一報ください。(℡ 080-6517-4921)

というわけで、雅叙園へGO!
by katabami03 | 2014-04-23 22:34 | 展覧会・イベント | Comments(4)

なんとか間に合ったぞ、百段階段。

『いけばな×百段階 2014』本日生け込み、無事終了致しました。

今回は生ける場所が多かったので、時間内に収めるには相当フル回転せにゃぁいかんなあ、と覚悟していたのだが、有能なスタッフ一同の厚いサポートのおかげで何とか無事にこなすことが出来た。多謝。

エントランスロビーの作品は公開制作ということで多数の方々がおみえくださったのだが、途中にアクシデントがあり制作を中断、申し訳ないことをしてしまった。この場を借りてお詫び申し上げます。

そんなこんなですったもんだしたが、まずは皆さまにお見せしても恥ずかしくない作品に持っていけたようだ。
ご来駕お待ち申し上げております。

制作スタッフと記念撮影。

d0117565_2256382.jpg


八重桜がまだ開いていないが、明日明後日と日を追うごとにあでやかになっていくだろう。
by katabami03 | 2014-04-21 22:58 | 展覧会・イベント | Comments(3)

いざ!

ここまで来るのになんだか長い道のりだった。
目黒雅叙園『いけばな×百段階段 2014』。
昨年担当したのは一部屋で、しかも出品者が多数だったので気分的にはずいぶんと楽だった。
今年は「静水の間」という昨年と同じくらいの大きさの部屋と3階エレベーター前、そしてエントランスロビーの三か所を担当、しかも全てを私一人で遣り繰りすることになっている。まあ自分で決めたことなので覚悟はできている。気分的には、そう、いわば個展をするようなものだ。

明日の生け込みを控え、車の後部座席に荷物を積み込む。存外道具類が増えて結構な荷物になってしまった。

d0117565_22201896.jpg


頭の中では大体出来ているので、あとは時間との勝負だ。手伝いもそこそこ確保できているのでこちらは何とかなるだろう。
唯一気がかりなのは、今回八重桜を使う予定で注文しておいたのだが、荷主に尋ねるとまだ開ききっていないとのこと。ここにきてのこの寒さはちょっと想定外だった。
会期は22(火)~27日(日)だが、明日の午後にはエントランスロビーの作品が公開制作ということになっている。
ま、開花を待つ桜も風情があろう。

というわけで見ごろは水曜日あたりからか・・・って、桜前線かいな。
by katabami03 | 2014-04-20 22:27 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

告知×2。

『花下侶花展 2014』
4月16日(金)~18日(日)、アートフォーラムあざみ野にて開催。

d0117565_2122356.jpg


この花展は、イケバナインターナショナル東京支部長等を歴任された、小原流の森井芳翠先生がごく親しい花友と始められた展示会だが、年を追うごとに賛同者が増え、今回は伊藤庭花先生のデモンストレーションや龍生派の大坪光泉先生の講演、さらに琴やフルートのコンサートと、プログラムも盛りだくさん。
権威や資格など無縁で、いけばなを媒介にとことん楽しい時間を過ごそうという、花好きの花好きによる花好きのための展覧会だ。

そして本年上半期のメインイヴェント『いけばな×百段階段 2014』

d0117565_21383879.jpg


目黒雅叙園にてすでに3月18日から始まっているが、私が担当するのは第6期。
百段階段の各部屋の展示は4月22日(火)~27日(日)。
なお、展示に先立つ21日(月)に雅叙園エントランスロビーにて作品を公開制作いたします。
お手伝いも大歓迎。よかったら来てね。

さあ、気合入れていくぜ!
by katabami03 | 2014-04-16 21:24 | 展覧会・イベント | Comments(0)

花展×2。

中村俊月さんの個展『若仲の春-俺も若仲-』を拝見。
会場は神田明神の脇にある「伊政」という古民家。

d0117565_21332698.jpg


江戸時代から続く材木商の家を移築したそうで、小粒ながらなかなかの風格が漂う。

d0117565_2137282.jpg


先ずは玄関先で八重桜がお出迎え。

d0117565_21353886.jpg


一階に生けられた華やかな作。

d0117565_21413096.jpg


先ずは二階を見て、と促されるままに二階へ行くと・・・。

若仲が寺の天井画として描いた植物画を版画で刷ったものが展示されている。
これは絵ハガキ。

d0117565_2281245.jpg


そして隣の部屋では。

d0117565_21458100.jpg


丸く切り抜かれた厚紙を持って、自分の好きな部分を好きに見るという趣向。
これ、やってみると想像以上に面白い。

で、下に降りてあらためて作品を見る。

d0117565_21483614.jpg


なるほど、俺も若仲だ。

お茶ノ水、聖橋の上から見る柳の新緑が綺麗だった。

d0117565_21501038.jpg


続いて新宿で開催中の日本華道連盟の花展『百花綾乱展』を拝見。

会場は一階が自由花、二階が生花(古典花)のコーナーになっている。

d0117565_21542370.jpg


こちらは生花となげいれ花の大作コーナー。

d0117565_21545842.jpg


お友達の神谷さんの作品。

d0117565_21555481.jpg


こちらはプリンス、塚越応駿君の作品。

d0117565_21565265.jpg


生花、自由花をゆっくりと楽しく拝見出来た。

d0117565_2158715.jpg
d0117565_21581182.jpg


しっかしねえ・・・、パークタワーの一階ホールはこれが気になってねえ、この存在感。

d0117565_2159391.jpg



でもって、いよいよ近づいてきましたよ。雅叙園。それとその前に花下侶の花展もある。
明日戦闘モードに切り替えますっ!
by katabami03 | 2014-04-14 22:03 | 展覧会・イベント | Comments(2)

横浜を堪能。

横浜名流華道展を拝見。
毎年ご案内を頂いているのだが、ここ数年不義理が続いてしまった。

会場入り口正面、先ずは我らがエース、日向先生のお作がお出迎え。

d0117565_21533970.jpg


いかにも草月、いかにも小原という作品が並んで。

d0117565_21545075.jpg


私たち古流とは少し生け方が異なるが、牡丹をこの器に生けることを考え付いた古人の感性にはまさに脱帽。

d0117565_2157513.jpg


花材と器との取り合わせの妙味。

d0117565_21591971.jpg
d0117565_21593391.jpg
d0117565_21594130.jpg
d0117565_215951100.jpg


古流の長島先生も古典花でご健闘。

d0117565_2205138.jpg


今回は第2次展だったが、全体草月と小原の作品に佳作が目立った。

せっかく横浜まで来たのだからと、お昼は中華街に行く。

d0117565_2242968.jpg

d0117565_22162123.jpg


数年前から、中華街は千数百円で食べ放題のブッフェスタイルの店が増えて、若いおにいさん達があちこちで客引きをしている。若い頃だったら迷わずそういう店に入ったであろうが、もう少し落ち着いて食べたかったので、カンだけを頼りに「廣新楼」というお店に入り、リーズナブルなコース料理を注文。
結果、ドンピシャの大満足。

食後に少しブラつく。

d0117565_22233810.jpg


満腹なのにゴマ団子などを食べながらフラフラ歩いていると、所々新しいお店が出来ていたりして何となく時の流れを感じてしまった。

で、結局またこんなものを買ってきてしまった。

d0117565_22243494.jpg

by katabami03 | 2014-04-11 22:26 | 展覧会・イベント | Comments(6)