<   2014年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

初滑り。

いけばな仲間のスキーツアーに参加してきました。

20~30年くらい前まではいけばなの世界にもスキー愛好家が多く、先達の先生方が企画されたスキーの集まりにも時々参加していた。
当時は空前のスキーブームだったこともあり、そこそこの人数が集まっていたが、ブームが去るのと期を一つにして、スキーを介した集まりも途絶えてしまった。

最近、比較的若いいけばな人が様々な場を設けて積極的に交流を図っているいる。今回もそんな流れの一環として企画されたものだ。
蓋を開けてみたら、集まって来たのは往年のスキーフリークが半分以上というのはご愛嬌。

d0117565_2274771.jpg


なんだかモヤモヤしていたものがスッと抜けた感じ。

さあ、2月に突入するぞ。
by katabami03 | 2014-01-30 22:15 | 旅・山 | Comments(2)

圧倒的なパワー。

遅ればせながら『ゼロ・グラビティ』を観てきた。
なにせ、かの大江戸時夫さんはじめ我が家の息子達も大絶賛の映画だ。これはTSUTAYAというわけにはいかんだろう。

d0117565_22383446.jpg


実写、特撮、CGもつかわれているのだろうか。ともかくその臨場感がハンパなく、さらに全編を通じての力強い映像に圧倒される。
物語は極めて単調なのだが、それがまたこの映像のパワーを加速させているのだろうか。
終盤からクライマックスにかけて、涙するほどこみ上げてくるものがあったが、その感情は何なのだか説明がつかない。強いて言えば「映像の力」、ということだろうか。

平日の午前中とはいえ、劇場は貸切のような状態だった。
これはもっと多くの人、とりわけ映像に拘わりをもつ人達にはぜひとも観ていただきたい映画だと思った。
by katabami03 | 2014-01-27 23:09 | 映画・演劇 | Comments(0)

春よ来い。



d0117565_22514741.jpg



国分寺市富士本2丁目にて。
by katabami03 | 2014-01-25 22:52 | 樹木 | Comments(4)

1450円の幸せ。

あなご天丼を食べに羽田の「ゆたか」に行く。
ウチからチャリで2時間弱。おいしく食べるには丁度いい距離・時間だ。

今日は天気も良く、ほとんど無風。寒い日が続いていたので防寒対策はしていったが、逆に汗ばむほどの陽気だった。

多摩水道橋から富士山が見えた。ウチの近所、国立とか立川あたりから見ると、富士山は丹沢とか道志の山の右手に座しているが、ここら辺ではそれらの山越しに見える。

d0117565_2219258.jpg


二子玉川近くでインド的光景を目にする。

d0117565_22311371.jpg


同様に、荷台に空き缶を積んだ自転車を往きも帰りも見かけたので、どうやらこの辺りに空き缶の集積場があるのだろう。

河口付近に来ると、流れはいかにもゆったりとして大河の趣。
引潮になると広大な干潟が出現する。しじみがたくさん採れるらしい。

d0117565_22225067.jpg


多摩川沿いの道を走っていると、途中に「二子の渡し」とか「羽田の渡し」とか、以前には渡し場だったところに石碑が設置されている。
「羽田の渡し」、土手を上がってみると・・・。

d0117565_2226153.jpg
d0117565_22272649.jpg


渡しに変わって高速道と国道が・・・。

河口左岸、多摩川の起点から河口と羽田空港を望む。

d0117565_22293781.jpg


大分お腹もすいた。お待ちかねのアナゴ丼を食べに行こう。

目指すお店「ゆたか」には著名人の色紙が店内にびっしりと飾られている。

d0117565_22364752.jpg


ここに来るのは3回目で、前2回は「ランチあなご丼」だった。今回は「あなご天丼上」を奢る。

d0117565_22381329.jpg


サクッと揚がったあなごの天ぷらが2匹、どうだ!とばかりそそり立つ。

品書きを眺めると、ボサ海老とかギンポとかハゼの骨酒とか、ぜひとも食してみたいものがいろいろ。お店の人に伺ったところ、食材はほとんど江戸前なので、漁があった時(獲れた時)しか供せないものもあるということで、ますます想いはつのるのであった。
by katabami03 | 2014-01-23 22:51 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)

再びインドへ。

インドのハイデラバードというところからお呼ばれ。数日前に申請したビザを取りに、茗荷谷にあるインドビザ申請センターに行く。

d0117565_21411114.jpg


まずは申請書提出前のお話から。
いつからなのか、前回とは申請方法が変わっていて、事前にパソコンから情報を送っておかなくてはならない。しっかしまあ、パソコン=苦手、英語=苦手のアナログおやじにはこれが結構な難物で、両親の出生地なんてことまで書かなくてはならない。

d0117565_221040.jpg


悪戦苦闘の末、なんとか打ちこみ送信。さらに申請センターに提出する用紙を印刷。これに写真を貼ったりして提出する。
しかしこのシステムになったおかげで、申請センターでは提出してから引き換え用紙をもらうまでの時間が飛躍的に早くなった。
一昨年に取得した時は午前中(10時くらいだったか)に出したのだが、えらく手間取っているようなので、一度教室に戻ってから午後に出直した。(茗荷谷までは徒歩でも30分くらい)
で、その日結局引き換え証をもらったのは午後3時くらいだった。
今回はたまたま空いていたこともあってか、わずか20分程で済んだ。

やっぱり現物を手にするまでは何となく不安。

d0117565_222083.jpg


申請書に貼り付けた写真がそのまんま写っているのだけれど、なぜか上下が少しつぶれたような感じ。
ま、いっか。

さてと、2月は大事な展覧会があるし、忙しない日々が始まる。

気合!
by katabami03 | 2014-01-22 22:10 | ハイデラバードの旅 | Comments(2)

息抜きといえば。

もうず~っと、去年の秋くらいから温泉に行きたいと思っていたのだけれど、なんだかんだといろいろあって行けずじまい。せめて日帰り息抜きをと「おふろの王様・京王百草店」に遠征。

d0117565_22161620.jpg


平日の午前中だと言うのにそこそこ入館者がある。日本人は温泉好きなんだなあ。
岩盤浴をフルコース(4室)堪能。その後念願(!)の風呂に入る。
風呂は室内外合わせて10・・・・、風呂って勘定するときにどう言うんだ?
10個じゃあ何だか変だし、10杯?浴槽ていうから10槽? ・・・・ま、とにかくいろいろ合わせて10カ所以上ある。
風呂だけだったら全浴槽制覇も可能だろうが岩盤浴でたっぷりのぼせているので、室内2か所、野天風呂1カ所でギブアップ。
風呂からあがるともう午後2時。館内の食堂で遅い昼食。蕎麦が予想外に旨い。
この頃になると若い人たちがちらほら入ってくるので不思議に思ったのだが、すぐ近くに帝京大学があるのでそこの学生さんたちだろうか。学校の帰りがけにひと風呂浴びて・・・って、いい環境だなあ。

帰宅後に30分程昼寝をしようと思って横になったら、そのまま2時間も寝てしまった。
暮れ~正月とそれ程仕事をしているわけではないのになにかとこびりついている物があったのか、きょうはそれらが抜け落ちたようで、気分はハ~レルヤ。
by katabami03 | 2014-01-21 22:41 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

火消しの詰め所。

防災関係の書類を提出しに消防署へ行く。
教室から歩いて5分たらず。ま、見ての通りのフツーの消防署だ。

d0117565_18224735.jpg


右側の入り口から入ると作業衣のようなものを着た若者が受付にいて、事務関係は二階だと告げられる。
眼光厳しく、身のこなしもキビキビしている。間違いなく消防士であろう。

二階の入り口、お役所っぽい。

d0117565_18273577.jpg


っぽい・・・っていうか、中はまさにお役所そのもの。写真を撮るのは憚られたのでお見せできないのが残念。
で、この緊張感のなさは何だっつーくらいみんなのんびりしている。
子供の頃、近所で火事があったときに間近で見た消防士の勇猛果敢な姿に比べ、すさまじいギャップ。
これで一旦緩急あらばシャキーンとするのだろうか・・・、いやいや半可なことでは変わらんだろうな~ぁ、というくらいでろり~んとした空気が流れていた。
まあサンシャイン60がタワーリングインフェルノにでもなれば違ってくるのだろうが、取り敢えずは平穏であるとういうことか。

帰りがけ、入口近くに半鐘が飾られているのが見えた。
近くの火の見やぐらで実際に使用されていたものとのこと。

d0117565_18521319.jpg


たたいてみたらカーンと甲高い音がした。
「平和の鐘」みたいだった。


追記:トイレ(トイレットペーパー)を見てくるのを忘れた。次回はきっと。
by katabami03 | 2014-01-20 18:55 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

明日からまた仕切り直し。

今日は特に出かける用事もなく、さてどうしようかと思案しつつ家でまったりしていたのだが、結局午前中はパソコンを使って雑用をこなしたりした。・・・っていうか「してしまった」、か。
パソコンは便利な道具ではあるが、休みの日でも何となくいじってしまう。・・ったく、いいのやら悪いのやら。

でもって少し遅いお昼をとった後に横になっていたら、知らない間に30分程居眠りをしていた。
目覚めてからしばらく極楽気分を味わっていたのだが、こんな時こそ(?)たまには寒風にでもあたろうかとチャリに乗る決心をする。

外に出ると思ったよりも寒くなかった。しっかし体が重たっ!暮れから正月の不摂生がもろにでてるって感じ。

久しぶりに多摩川サイクリングロードを走る。
夕方は散歩やジョギングの人達も多いのだが、やはり寒さのせいか今日は人出が少なく走り易い。

府中の是政橋の手前まで行って一休み。

d0117565_2223365.jpg


上流方向にはJR南武線の鉄橋。

d0117565_22253573.jpg


日没が近い、いつものスポットに急ごう。

間にあった。荻の枯れ穂が夕日に照らされていい風情。

d0117565_2226319.jpg


d0117565_2233677.jpg


沈む位置が少しづつ北に移ってきている。

帰路は陽が落ちて、後頭部の両脇がキーンと痛むほど寒かったが心身ともにスッキリして、リフレッシュには程良いチャリトレであった。
by katabami03 | 2014-01-16 22:43 | 運動 | Comments(2)

善男善女に混じって。

谷保の天満宮ってご存知?
我が家から車で10分程、歩いても40~50分くらいの距離にあるのだが、恥ずかしながらこの地に越してくるまで、この辺りに天神様があるとは知らなかった。
聞くところによると、亀戸、湯島と合わせて、関東の三天神と呼ばれているそうだ。

受験シーズンも近く、成人の日ということもあってかかなりの人出だ。

d0117565_23292997.jpg

d0117565_23281536.jpg
d0117565_23284055.jpg


絵馬を書く場所を覗いてみると・・・。

d0117565_23331661.jpg

d0117565_23344387.jpg


下書きのあとなのだろうけれど、ほとんど落書き的なものもあったりして結構笑える。

帰りがけに絵馬を覗いてみる。

d0117565_23371343.jpg


ほとんどが受験合格や就職の祈願だが、ほほえましい子供の夢や希望が書かれていあったり、なかにはちょっと身につまされる内容のものがあったり・・・、読みながら思いのほか長居をしてしまった。
by katabami03 | 2014-01-13 23:44 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)

喝!

今朝は氷点下。
金魚鉢(大きめの火鉢だけど)にも氷が張っていたが、水がまだ冷え切っていないのか、思ったよりも薄かった。この二日で随分と冷えたと思うので、これから氷も厚くなってくるのだろう。

駅までの道すがら、いつも通る栗林の栗の木もほとんど裸になった。
かろうじて落ちずに残っている葉っぱ。根性あるなあ。

d0117565_2314464.jpg


北国の人には笑われてしまうかもしれないけれど、昨日今日とホントに寒いね。
体が都会の人になってしまっているのか。
そう言えば先日の初漕ぎ以来自転車にも乗っていないし、スキーの初滑りにもいまだに行っていない。勿論山歩きなど、いつ行ったのが最後だったのか・・・。

快適さに馴れるとそこから抜け出すのがだんだんと億劫になってくる。さらに年を取るごとにそれがエスカレートしているようだ。

日々葛藤はあるが、このままコタツ虫になるにはいくらなんでも早過ぎる。
正月ボケからも醒めたことだし、よし、野に出よう!
by katabami03 | 2014-01-11 23:27 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)