<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アプローチを省略したいのだな。

午前中、チャリトレ。
コースは何度か行っている青梅周辺の峠道。
青梅へは多摩サイ経由ではなく、五日市街道~新青梅街道を選択する。こちらは車が多く自転車にとって決して快適とは言い難いが、最短距離ということで。

青梅から北に向かい、山の中に入る。
名栗への道を右手に分けて一登りで無名の峠に到着。

こっちから来て・・・。

d0117565_2273756.jpg


こっちに下る。

d0117565_2281711.jpg


峠の切り通しの苔が美しい。

d0117565_2291576.jpg


夏の花、甘茶や山百合がしばし疲れを癒してくれる。

d0117565_22101688.jpg
d0117565_22101429.jpg


多摩川沿いの軍畑に下り、そこから一般道を梅の里、吉野まで走り、梅ノ木峠に向けて再び山の登りにかかる。

梅ノ木峠にて、こっちから来て・・。

d0117565_22132266.jpg


こっちに下る。

d0117565_22132142.jpg


帰りの途中で豆腐屋さん「一丁庵」に立ち寄ってソフトクリームを食べようとしたら、まだ準備中だった。
代わりにチュロスをいただく。

d0117565_22164777.jpg


これで走行距離66㎞、休憩を含めて約4時間半。
昼前まで太陽が出なかったので、思ったよりも楽であったが、後半はさすがにしんどかった。
by katabami03 | 2013-07-30 22:25 | 運動 | Comments(0)

たとえば土方とか・・・。

映像作家のヒグマ春夫さんと身体表現の千葉瑠依子さんのコラボレーションを拝見する。

およそ5mの天井から吊るされた薄いビニールシートに映像を写し込む仕掛けになっていたが、空調に不規則に揺れ、人間が拘わるとカサカサとした音が出て、面白い効果をあげていた。

d0117565_22441848.jpg


今回はヒグマさんの映像はやや控えめ。
千葉さんはダンスから身体表現の世界に入ったそうだが、今回のパフォーマンスはほとんどゆったリとした動きで、およそ1時間はやや冗長な感じがした。今後の展開に期待したい。

d0117565_2335332.jpg


ヒグマさんとの縁で、このところ身体表現のパフォーマンスを観る機会が増えた。
モダンダンスやバレー、舞踏などの世界から身体表現の世界に入る人が多いが、どこか類型的な部分が見え隠れしてしまう。
何の世界でもそうだが、個性的で人の魂に触れるような表現をするのは並大抵のことではないと思う。

唐突ではあるが、70年代の前衛舞踏家の偉大さをこんな所で再確認してしまった。
by katabami03 | 2013-07-29 23:01 | 展覧会・イベント | Comments(2)

夕立が来るぞ!

昨日の7時前後に我が家の周辺ではスゴい夕立があった。
都内でも同様だったようで、各地で花火大会が中止になったようだ。
ゆかた姿のお嬢さん達には気の毒なことではあったが、雨が日中の熱を流し去ってくれるのは有難い限りだ。

今日の夕刻、北の空には暗~い雲が立ち込めていて、いかにも夕立が来そうな雰囲気。
西の空を見ると大気のせめぎあい。

d0117565_2227333.jpg


夕立は、出先で遭遇した時は忌々しい限りだが、家にいる時は、いつ降り始めるのかと何となく期待してしまう。
屋根を打つ激しい音や乾いた地面が濡れる時の独特の匂い。道路を流れる雨水など、五感が刺激されるようだ。

ところで今日は・・・結局雨は降らずじまい。
雨の中をサンダル履きで歩こうと思っていたのに。
by katabami03 | 2013-07-28 22:54 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

ナスとカボチャの幸せ。

以前より少しペースは落ちたものの、相変わらずキューリはポツポツと収穫がある。
ここにきてゴーヤが収穫期を迎えている。(・・ってことの程でもないが)

ゴーヤとキューリの混生状態。

d0117565_2128926.jpg


ゴーヤとキューリが並んでぶら下がっているのを見て、そう言えば昔、武者小路実篤さんと言う人がいて、色紙にナスとかカボチャとか描いていたのを想い出した。
若い人にはなじみがないと思うが、武者小路実篤さんと言う人は明治時代の白樺派の人で、risiが若いころはまだ生きていたんだ!
件の色紙にはそれらの絵に「仲良きことは美しき哉」なんて文言が書かれていた。
この色紙、食事処や飲み屋、はたまた友達の家とか親戚の家とか、結構いろいろな所で見かけたものだ。
仲良きことは・・・・・、まあそう言われちゃあ否定のしようがないわけで、それにしても随分とお気楽だよなあ、と(幼心ながら?)思ったものだ。

実篤さん、いつの間にかお亡くなりになっていた。(あったり前だよね、明治だもの。)
その後、あれほど市中に出まわッていたナスとカボチャの幸せもいつの間にか見かけなくなった。←ホント、最近全然見ない。

キューリの浅漬けを頬張りながらそんなことを考えているうちに、唐突にジョーン・バエズが聞きたくなった。

『ナズはどこへ行ったの』


・・・・・ってか。
by katabami03 | 2013-07-26 21:51 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)

ハマるほどの事ではないが・・・。

念願かなってボルダリングを初体験。

d0117565_2251721.jpg


我が家から車で15分程の所にあるジムで、以前から気になっていた所だ。

受付を済ませて、靴を借り、諸注意を聞いたあとにさっそく始める。
丁度講習の時間と重なったので、コーチのアドバイスを受けながらトライ。

コーチに指示されたホールド(壁に付けられた突起物)を伝って上まで行く。
簡単なルートから難易度をあげて5つのルートが指示される。

一本目、一発でクリア。
二本目、これも何とかなった。
三本目、これは惜しい所までいったのだが、結局登り切れなかった。
下の方のホールドでとてもつかみづらいのがあって、そこでの重心の位置が難しい。そしてそこをクリアしてもその先のホールドも一、二本目よりもつかみづらくなっている。
何本かトライしているうちに握力がなくなってきて敢え無くリタイヤ。

d0117565_23111070.jpg


高い壁を小学生がスイスイと登っている。

今日は補助具を何も付けずに、身一つで4mくらいの壁を登ったが、そのうちにロープを使って高い壁登りをしてみたい。

d0117565_23181691.jpg


ひたすら壁に張り付いて上を目指す姿は、修行者のようでもある。
そこそこの達成感があって、そこそこの挫折感があって、各自のレベルに応じた目標設定が可能。
真剣にやっている人には申し訳ないが、これは都会人の考え出した遊びだなあ、と思った。
by katabami03 | 2013-07-24 23:24 | 運動 | Comments(3)

ジャンクフードかな?

池袋東口の地下には『ショッピングパーク』という、結構古くからのショッピングセンターがある。
この中に「中島水産」という、比較的廉価ながら質のいい品を扱っている魚屋さんが入っているので、時々買い物をして帰る。
今日も晩御飯のおかずに何か手頃なものがないか物色していると、大きめのバットに見慣れぬものが20個くらいゴロゴロ入っているのが見えた。
何かと覗いてみると、何とマグロの目玉!
興味津々で眺めていたら、お店のオジサンが「一個100円でいいよ」と言うので(値札では200円)、試しに二個いただいてきた。

d0117565_2222216.jpg


直径約11㎝。
お店のオジサンの話では、電子レンジにかけて、その後は煮付けにするといい、との事であったが、取り敢えず一度茹でて、その後に味付けすることにした。

d0117565_22241725.jpg


アクと油が凄い。
茹でること約20分。
ちょっと身が分裂気味になって来たので、不要な部分を除く。

目玉の殻(っていうのかな?)と目玉。

d0117565_2227674.jpg


可食部を取りだす。

d0117565_22282444.jpg


酒、醤油、味醂、砂糖に出汁昆布、生姜を入れて煮る。

d0117565_22314633.jpg


見た眼はなんとも宜しくないが、コラーゲンやDHAだかEPAだかも豊富なはずだから、体にはいいんだろう。
今回は和風味にしてみたけれど、タイ風とかスペイン風とか、いろいろと楽しめそうな素材だ。

明日食べる予定だけれど、ちょっと味見してみた。

食感は柔らかめの貝のよう。そしてじつに旨い!!
うほほほ~い!
by katabami03 | 2013-07-23 22:39 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

珍しい鳥居。

昨日は高校の同級生であり、囲碁の師匠でもあるP君に御手合わせいただいた。
その後新橋に遠征する。

新橋に着いてから、P君に導かれるままに「烏森神社」にお参り。

d0117565_22143864.jpg

d0117565_22191365.jpg


飲み屋街のド真ん中にこんな神社があるなんて、全く気が付かなかった。
それにつけても、こんな鳥居は見たことがない。
お社の形らしいが、他にも同じようなものがあるのだろうか。

その後はP君の馴染みの店で暑気払い。

帰りはいつものように酔眼朦朧。

d0117565_22221858.jpg

by katabami03 | 2013-07-19 22:24 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

風に揺られて。

擬宝珠(ギボウシ)の花が咲きました。
てっぺんにシジミ蝶が止まっていて、微動だにしない。

d0117565_053856.jpg


気持ち良さそうだからこのままにしておいてあげよう。
by katabami03 | 2013-07-19 00:07 | 草花 | Comments(3)

クリフハンガー。

2013年・夏。

d0117565_21272794.jpg


ゴーヤの蔓が傍若無人。

d0117565_21303747.jpg


ボルダリングやらせたらつおそう。

・・・っていうかSASUKEか・・・。
by katabami03 | 2013-07-15 21:32 | 草花 | Comments(5)

ラスク、ラスク。(高崎物語49)

先月高崎に行った折、行きの車中からボケ~ッと外を眺めていたら、高崎駅のすぐ手前にガトーフェスタハラダの新しい巨大な建物が建っているのでビックリした。
高崎線からは、もう少し東京寄り、高崎に向かう途中の神流川を渡った先の右手にガトーフェスタハラダの建物があるのが認められる。その建物も結構な大きさなのだが、それをさらに二回りくらい大きくした建物だ。

d0117565_22132954.jpg


同店については以前にも少し触れたことがあるので調べてみたら、『高崎物語』の第8回目に書いてあった。
当時はまだそれ程有名ではなかったが、その後あれよあれよという間に全国区に成長してしまった。

写真は上り線からみた光景。下りは建物のすぐ横を走っているのでその大きさにはちょっと圧倒される感じ。
「群馬の舞茸」と並んで、宣伝効果抜群だ。
さながら『ラスク御殿』とでも言った趣。
by katabami03 | 2013-07-14 22:28 | 高崎物語 | Comments(0)