<   2011年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

古典花のハシゴ。

偶然だけれど古典花の展覧会が3つ重なり、じっくりと拝見させていただいた。

先ずは遠州流の花展、新宿へ。

花園神社を通りかかったら大きな熊手。
d0117565_21173295.jpg

境内を覗いたらお酉さまの準備をしていた。
d0117565_21185520.jpg

会場に向かう途中に気になる建築中のビル。
d0117565_2121342.jpg

これは隈さんだね。銀座のティファニーの進化形?ジェンガみたいなのがくっついて。
明治通り側から見る。
d0117565_21241245.jpg

堂々としていて風格さえ漂う。

さて肝心の花のほうだけど、遠州流は今年で創流270年になるそうで、今回は区切りの展覧会ということで見ごたえがあった。

宗家、本松斎一得先生は槇(マキ)の三重生け。
d0117565_21291656.jpg

遠州流は古典生花をもつ流派の中でも、特に枝を大きく動かして流動的な人工美を作り出すのが特徴。その花型は明治時代にヨーロッパに紹介されて西欧のアレンジメントに大きな影響を与えた。
d0117565_21301626.jpg

こういうのは外国人ならずとも面白いと思う。
d0117565_21375837.jpg

d0117565_21392764.jpg

菊でもここまでやる。
d0117565_21401410.jpg

線状美が真骨頂。
d0117565_21413874.jpg

ここだけの話、いろいろと技を盗ませていただいた。

次に千石の古流会館に古流華燿会の作品を拝見に。

紅葉ものや実物など秋たけなわの感。
家元石塚先生と会長の北原先生の合作は見事に紅葉した満天星躑躅(ドウダンツツジ)。
d0117565_21472838.jpg


最後に浅草に向かい「古流伝花集成展」を拝見。

古典生花研究会会長の古川先生作。
d0117565_21541888.jpg

副会長の今井先生作。
d0117565_2155691.jpg

古典の絵図とそれを再現した花とのコーナーなど、会場にも工夫がこらされ、楽しく有意義な時間を過ごせた。

その後材料を仕込みに銀座のITOYAへ。
ちょっとお茶でもと思ったが、銀座のコーヒーショップはどこも満員。おきらめて帰路についた。
by katabami03 | 2011-10-30 22:00 | 展覧会・イベント | Comments(8)

くわーっ!時間がな~い! (告知)

来月の催しです。
豊島区の廃校(小学校)を会場に現代いけばなを指向する17人が、教室、廊下など様々な場所に作品を展開します。
d0117565_22102663.jpg

d0117565_22114519.jpg


以下愚痴。

ノルマみたいな展覧会をやっつけた後、雑司ヶ谷の展覧会まで余裕があると思っていたのに、その後も雑事が続き(山にも行っちゃったし)、ああ、もう10月も終わりではないか。

何をやるかは決めていたのだが、構想が二転三転、固まりかけたと思ったら会場を見て気が変わってまた練り直し。昨日ようやく骨子が出来た。
だがしかし!いかんせん時間が・・・。
まあこんなことは今にはじまったことではないが、それにしても今回は厳しいなあ。
横浜トリエンナーレも見に行きたかったのだけれども、今回はもうパスだなあ。

もう火事場の馬鹿力に期待するしかない。
by katabami03 | 2011-10-28 22:23 | 展覧会・イベント | Comments(2)

いつの間にか冬近し。

東京では昨日木枯らしが吹き、いよいよ秋も終わりを迎えつつある。

夏に買った蓮。結局花を咲かすことはなかったが、水面からふんわりと浮き出た葉が風に揺れ、雨に打たれ、折々様々な表情を見せてくれた。

最後の一葉も今まさに枯れ落ちようとしている。
d0117565_2152576.jpg


切り取って干しておくとドライフラワーならぬドライ蓮の葉が出来るのだが、このままにしておいて、朽ちるまでの姿を楽しもうと思っている。
by katabami03 | 2011-10-27 21:56 | 草花 | Comments(3)

花材採取。

ギャラがほとんど期待できないので材料は自前。
多摩川の河川敷に荻を採りに行く。

と、いつもの場所に行ったら枯れている。9月の台風の影響だろうか、成長途中で枯れてしまっているではないか。
d0117565_237548.jpg
d0117565_238680.jpg

さて困った。
近くで成長しているところはないか、土手に上がって偵察すると・・・。
少し離れたところに白い穂波が。
d0117565_23104468.jpg

近くで見ると、優に2メートルを越すものも。
d0117565_23132748.jpg

刈りも刈ったり、600本。腰が痛い。

見上げると見事なうろこ雲。
d0117565_23151184.jpg

by katabami03 | 2011-10-25 23:15 | 草花 | Comments(2)

またやっちまたぁ。

秋の展覧会シーズンたけなわ。
昨日は外回りを3件。「この世界、義理をかいちゃあいけねーよ」、ってとこか。

今日は今日とて11月にやる展覧会の打ち合わせやら、地元へのあいさつやら、なかなか自分の作品の制作に入れない。うう~~~~っ!

夕刻に明大前のキッドアイラックホールに行く。
d0117565_222567.jpg
余談であるが、このキッドアイラックホールという小屋は窪島さんという方が設立・運営しており、かの「信濃無言館」や「信濃デッサン館」も窪島さんがつくられたそうだ。

実はちょっとした成り行きから、映像作家のヒグマ春夫さんとコラボレーションをすることになってしまった。
もともとrisiの行動原理ってのは、高尚な、あるいは先鋭的な理念があるわけでもなく、表現することへの抑えがたい情動にかられるでもなく、ましてや後世に名を残そうなんて不埒な思いは、ほんの少しも、これっぽッちも。一秒もないわけで、ただ一点「面白そうか否か」、これに尽きるわけで・・・。
で、まあヒグマさんの誘いに二つ返事でOKしてしまった次第。




キッドアイラックホールの下は半地下になっていて、そこではコーヒーやアルコールも飲める。
ヒグマさんと打ち合わせでそこに入ったら、あの中村敦夫が何かの打ち合わせで来ていた。久々に有名人を見たぞ。
中村敦夫、テレビと同じ顔で同じ声でしゃべっていた。

ところでヒグマさん、度々異種表現者とコラボをしているのだけれど、大体一回1時間前後。
普通のいけばなデモなら適当におしゃべりを入れたりすればなんとか間をもたすことも出来るのだけれど、映像とのコラボとなるとそうもいかない。
ああ、どうしよう。長いぞ1時間。またやっちまっただよ、安請け合いをして墓穴を掘ってしまった。

さてどうしたものか、本番まであと二カ月、・・いつまでつづくか産みの苦しみ。
by katabami03 | 2011-10-24 22:02 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)

勿体ないけど日帰りだ。(苗場山登頂記)

今までに見た紅葉の中で一番きれいだったのはどこかと問われれば、迷わず「赤湯」と答えるだろう。
苗場山の山懐に「赤湯」という温泉があり、そこに「山口館」という一軒宿がある。
「山口館」は宿というよりも山小屋と言った方が適切なひなびた宿で、苗場スキー場の近くから山道を4時間ほど歩かなければ行かれない山中に佇んでいる。そこに25年前の11月初旬にかみさんと訪ねたことがある。
私たちが訪ねた時は、「赤湯」から苗場山に通じる昌次新道を開削した山口昌次さんがまだ健在で、奥さんと二人で宿を切り盛りしていた。
夜はランプの灯る下で薪ストーブを囲み、すでに亡くなられていた谷川岳の名物男、高波吾策さんの思い出話などを聞かせて頂いたのが思い出される。
往復の道中の見事な紅葉と相まって、忘れ難い山旅の一つになっている。


秋の展覧会が一段落して、次の展覧会に向けて準備を始めなければいけないのだが、ここはひとつ「仕切り直し」ということで、山行決行。時あたかも紅葉の季節、即座に苗場行を決めた次第。ただし赤湯を周るには日帰りはかなりきついので、今回は最短の三俣からの往復とした。

朝の6時少し前に家を出て、大宮から新幹線で越後湯沢へ。そこからタクシーで一気に和田小屋まで上がる。「みつまた・かぐらスキー場」や林道が出来る以前は三俣の集落から和田小屋までがほぼ一日の行程であったそうだ。

三俣から清津川を渡るとそこからはすべて国有林とのことで、ほとんど手つかずの天然林に覆われている。残念なことにこのあたりは橅(ブナ)や水楢(ミズナラ)、その他の小灌木ばかりで赤く色づく木々がほとんど見られない。全山真っ赤に色づく姿を期待していたので、これは大誤算。ともあれ黄や褐色の入り混じった黄葉も都会人を魅了するに余りある光景だった。

和田小屋からスキーのゲレンデを横切り、樹林の中の道を行く。
岩とぬかるみ、落ち葉の重なる道。橅や岳樺(ダケカンバ)の巨木が目を引く。
d0117565_215258.jpg

d0117565_21524843.jpg

d0117565_21531983.jpg


下の芝あたりからは落葉樹から米栂(コメツガ)の森に代わる。
d0117565_21544188.jpg


中の芝、上の芝と登るに連れて視界が開け、汗ばんだ体に吹く風が心地良い。

上の芝へ向かう道。
d0117565_21554630.jpg

上の芝から上越国境の山々を俯瞰。
d0117565_21563939.jpg


ほどなく神楽ヶ峰にたどりつく。
ここからは今まで山に遮られていた苗場山と信州方面の山々も見渡すことが出来る。

苗場山、デカイ。
d0117565_21575290.jpg


西方向の眺望。右奥は志賀高原の奥にある岩菅山か。
左のピラミダルな山は、何度か計画したがいまだに登頂を果たせずにいる鳥甲山(トリカブトヤマ)。
d0117565_2159465.jpg


神楽ヶ峰から一度下って、いよいよ苗場山に向けて登りにかかる。
初心者にはちょっと怖いようなところもあるが、特に悪い場所ない。しかし頂上近くの最後の急登はキツかった。

振り返ると神楽ヶ峰がいつの間にか眼下に。その向こうは岩原のスキー場。はるかかなたの中ほどに見えるのは越後三山。
d0117565_22064.jpg


息遣いも荒く喘ぎながら歩を進めると、フッといきなり視界が開け頂上の一角に出る。
だだっ広い台地状の山頂部は木道が敷かれ、そこここに池搪(チトウ)が点在している。
d0117565_222643.jpg
d0117565_2222448.jpg


山頂では風も弱く、思いのほか暖かだった。
ここにはひたすら緩やかな時間の流れがあり、太古の昔から連綿と受け継がれる自然が息づいている。

本当は山頂で一泊したかったのだが気ぜわしい都会人の性、30分ほど佇んだ後、後ろ髪を引かれる思いで山頂を後にした。
by katabami03 | 2011-10-22 22:05 | 旅・山 | Comments(8)

速攻、苗場山日帰り。

というわけで強行軍。

苗場山といえば30年くらい前までは夜行電車利用、場合によっては山中一泊という山だった。それが日帰り可能な山になってしまった。
ちょっと有難みが薄れるようだが、どうして、やはり骨っぽい山であることに変わりはない。

日本アルプスの名峰にも劣らぬ堂々の容姿。
d0117565_21201324.jpg


家を出たのが朝の5:45、帰りついたのが午後6:45。
奥多摩のちょっと深いところに行くのと、そう変わらないとは・・・。

詳細は明日。
by katabami03 | 2011-10-21 21:24 | 旅・山 | Comments(0)

朝は寒かったね。

ここ数日、朝晩急に冷え込んできた。
こんな気候の年は紅葉が綺麗だという。

朝駅に向かういつもの道で・・・。
d0117565_22361863.jpg

by katabami03 | 2011-10-20 22:37 | 樹木 | Comments(4)

残った花びらは・・・。

バラの花びらは水に浮かべておくと、一週間くらいは十分綺麗な状態を保っている。涼しい時なら二週間くらいでもほとんど傷まない。

むしり取った花弁は余程カビたりしない限り乾燥させて保存している。
今回高島屋で使ったバラの花びらは金粉をまぶしてしまったために処分したが、残った花は家で花瓶にいれて楽しんだ後、これもほぐして乾燥させる。
d0117565_22134279.jpg

乾燥させる際に適当にやると花弁同士がからまったままや、小さくクッシャと固まった感じになってしまったりするので、面倒だが一枚一枚表向きにして、出来れば広がった状態にしておくと綺麗なドライ花弁ができる。

一昨年の「大地の芸術祭」で用いた花弁もほとんど持ち帰ってきたが、乾燥させると本当に少しの量になってしまう。
それでもまずまずたまって来たので、今度はどう使おうかとあれこれ思案している。
by katabami03 | 2011-10-18 22:27 | 草花 | Comments(4)

さんまのなめろう。

知っている人は知っている。
知らない人は???、で、あえて表題を書きなおすと『秋刀魚の「なめろう」』ということです。

以前にここでもふれたが「角上魚類」という鮮魚店があって、少し前に行った時に新鮮な鯵が安かったので買ってきて、タタキとなめろうを堪能した次第。
今日は秋刀魚(サンマ)が格安。三枚におろしてもらって刺身をイヤというほど喰った。

刺身を造るときの切り落としなどを用いて「なめろう」をつくってみる。
d0117565_21314235.jpg

今でこそ東京でも「なめろう」を食べさせる店が増えてきたが、私が子供の頃は、これは千葉(特に九十九里地方)の郷土料理みたいなものだったのだと思う。
ちなみに九十九里の田舎ではこれを「たたき」と言っていたので、かなり長い間「たたき」というのはこういうネチョっとしたものだと思っていた。長じて(?)東京の飲み屋かなにかで初めて鯵のたたき(生身の鯵を薄切りにして生姜、ネギなどとザックリと和えたもの)を見たときに「何だ。コレは鯵の刺身ではないか。」と思ったものだ。

ところで秋刀魚のなめろうだが、これは脂っ気が突出しすぎているようで、たくさん食べるには少々クドイ。そこで焼いてみた。
・・・結果、大正解。
ねぎ、生姜、味噌で味付けしてあるので、いわば秋刀魚のつくね、あるいは和風ハンバーグといったところ。

ちょっと味付けを変えて、オリーブ油で焼き上げる「秋刀魚 ア・ラ・ニーソワーズ」なんていうのもいいかもね。
by katabami03 | 2011-10-17 21:50 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)