<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

スゴすぎます、太郎さん。

今更という向きもあろうが、やはり押さえておかなきゃあね。ということで行ってきました生誕100年 岡本太郎展」。

場所は国立近代美術館。
d0117565_2111775.jpg

余談だけど、ここは懐かしいんですよねえ。
随分昔だけれど、一時期ここで展覧会のカタログ売りのアルバイトなんぞをしていたわけだ。
向かって右側、裏手に回ると通用口があって、その入り口の右上手に小さな空き地(?)があって、なぜだか忘れたけれどそこにテントを張って翌日の出勤に備えたこともあった。
ストック場所での昼寝とか、レストランが出来る前のカレーとか・・・う~ん、いろいろとおもいだすなあ。

で、肝心の太郎さんだ。

先ず入口、目をカッと見開いた岡本太郎の巨大な顔写真が真っ二つに分かれていて、お客はその間から入って行く。少し薄暗い空間のなかにウルトラ怪獣のピグモンみたいなのやデフォルメした手のなかに顔があるのや、タコ(?)みたいなのや・・・「ウム、岡本太郎だな」「ええ、岡本太郎ですね」としか言いようのない岡本太郎のオブジェが十数点。
観客はいきなり岡本太郎ワールドに叩き込まれるって寸法。

その後は大体時代を追って代表作が展示されている。

初期の油彩画からは、後の作風を予想させるようなフォルムや色使いも伺えるものの、意外や意外、ナイーブで抒情的。ああ、そういうことだったのね。これが太郎さんなんだわ、って深く納得した次第。

巨大な壁画「明日の神話」。小型版が展示されていたけれど、これは渋谷まで行って見るに限る。
モニュメントは「青山こどもの城」とか川崎の「岡本太郎美術館」とか、割と近くにあるので、現物を見に行った方がずっといいと思います。あ、今回は紹介されていなかったけれど、有楽町の数寄屋橋にもありますね。
ちっこい複製だと何だかオマケみたいに思えてしまう。

目をモチーフにした絵をたくさん描いているというのをはじめて知ったが、その目の絵ばかりを展示した部屋があった。
一見したところは抽象画なのだけれど、良く見ているとそれが顔だったり、人だったり、あるいは虫のようなものが描かれていたり、指みたいなものがグワーッと飛び出してきていたりと、だまし絵みたいで、しかもどの絵もド迫力!ここは面白かったなあ。


・・・おまけ・・・
d0117565_21574384.jpg
手前の女性は敏子さん。
by katabami03 | 2011-04-29 22:01 | 展覧会・イベント | Comments(6)

鉄と桜。(リシノメ110)

「老人と海」とか「海と毒薬」とか、はたまた「花と竜」とかetc,etc・・・・。
小説とか映画のタイトルみたいだけど・・・これだっ。
d0117565_22142685.jpg

鉄と桜は相性がいいのかね、って話。

もう一丁、こんなのはどう?
「マツキヨと桜」。
d0117565_22161787.jpg


というわけで今日は朝から風が強かった。
池袋の映画館通りの八重桜もそろそろ終盤。
d0117565_2219822.jpg

今朝は桜吹雪の舞う中を教室へと向かう。

優雅じゃのう・・・。
by katabami03 | 2011-04-27 22:19 | リシノメ | Comments(3)

今年はちゃんと肥料をやろう。

庭の牡丹がいよいよ咲き始めた。
d0117565_2381121.jpg

時々野菜くずや魚のワタなどを入れていたくらいで、肥料らしい肥料はくれていなかったので今年は期待していなかった。そんなわけで嬉しいけれど何だか申し訳ないような気もする。

あとの二つも秒読み。
d0117565_23114187.jpg


「百花の王」とよばれる牡丹。
開花はまことに豪華だが花弁は薄く繊細、しかも美しいのはせいぜい二日。
その儚さがまたいい。
by katabami03 | 2011-04-26 23:19 | 草花 | Comments(2)

驚きの歓声を上げる。

敬愛する華道家・フラワーアーティストは数人しかいないが、松田隆作さんはそんな中でもとびっきりの一人。
三陸に向かう2,3日前、その隆作さんから個展のご案内をいただいた。
d0117565_2334259.jpg

会場を見ると、宮城県の聞いたこともない市にある、古民家を改造したという「風の沢美術館」という聞いたこともない名前の美術館だ。
「あ、こりゃ無理だわ。」
と、ところがだぁ。地図を見てみると南三陸町からはそう遠くない距離。しかも初日は南三陸に行く翌日の23日。これはもう神の巡り合わせとしか言いようがない。
d0117565_2337760.jpg

会場に着いたのは10時少し過ぎた頃。
当日はオープニングセレモニーが11:30からということだったが、隆作さんを見つけて事情をお話したところ、オープン前ではあったが特別に作品をみせていただいた。
古民家のふすまを開けて中に入ったとたんに「うわ~っ!」と声をあげてしまった。
隆作さんの過去の作品とそのバリエーションといった作品が展示されているのだが、部屋のそこかしこに据えられた作品と囲炉裏のある部屋とが共鳴してすばらしいインスタレーションになっている。
母屋の部屋は3部屋、それと土蔵、離れのような部屋、それから少し離れたところにある小さなお堂、全部で7か所に作品が展示されている。
全て過去の作品かそれを基にした作品を会場に合わせて再構成されたものを展示してある。
「隆作さん、回顧展をやるには早過ぎるんじゃあないの?」などと軽口をたたいてきたものの、内心は衝撃そして羨望とか嫉妬とかもろもろの感情が去来して興奮が収まらなかった。
写真は撮ってもよいということだったが、これはいずれ何かの形で公開されるだろうから、そちらを楽しみにして、すべて心の中に収めてきた。

場所が場所だけに是非とは言えないが、旅行にでも行く予定があるのならご一考を。
この震災で東北は観光客も激減していることだろう。
広い意味での東北支援にもなるのではないかと思う。
by katabami03 | 2011-04-26 00:02 | 展覧会・イベント | Comments(7)

孫正義、やはりただ者ではないんだね。

「自由報道協会主催 孫正義 記者会見」というのを見た。

http://www.ustream.tv/recorded/14195781#utm_campaign=www.facebook.com&utm_source=14195781&utm_medium=social

青くならないのでコピペでどうぞ。


説得力があるんだなあ。
孫正義って良く知らないけれど、ひょっとしたら経営者というよりも文化人なのかな、ホンモノの。
by katabami03 | 2011-04-24 08:46 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

これからが問題だ。

車(voxy)に積めるだけの野菜果物と菓子類、台所洗剤、ハム・ソーセージ、コーヒー・紅茶、割り箸、こいのぼり、お酒、ジャージ等を積み、22日早朝に家を出る。南三陸町には丁度お昼頃に到着した。

南三陸町志津川に入ると、新聞やテレビでさんざん見てきた光景だというのになぜか体が自分のものではないような感覚に襲われる。まるで双子のお笑い芸人のやる「ユウタイ離脱」だよ。一か月以上たっているのでこれでも随分片付いてきているのだろうに。
「神も仏もあったもんじゃない」っていうのはこういうこと?
被災者はどうしているのだろう。
「被災者の気持ちになって」などという言葉すら不遜に思えるほどの救いようのないひどさ。

事前にネットを通じて情報提供をいただいていたHさんがまだ現地にいるというので連絡を取ったところ、運よくお会いできたので、もっとも必要としているのはどこか尋ね、歌津の名足保育園(避難所)に向かう。

当初は数か所の避難所を回る心算だったので、救援物資を3セットもってきたのだが、同保育園は避難者が多いのと、近隣のかなりの自宅避難者が配給を受けにくるということで、全ての荷物をここで下す。
避難所の責任者の区長さんと数人の人達が荷物を下ろすのを手伝ってくれたが、みな疲れきってるような様子だ。
お菓子を詰めた箱を下ろしたときに区長さんが「これは子供達が喜ぶなあ」とつぶやいた。その言葉を聞いた時に、はじめて来た甲斐があったと思った。

志津川に入った時は写真など撮る気にもならなかったが、帰りには気持ちも落ち着いたので少しだけ写真を撮って来た。それでも多くの人達が黙々と捜索やかたずけをしている中で、カメラマンでもないのに物見遊山のように写真を撮るのは躊躇われ、車の中から隠し撮りするようにして撮って来た。今思えばもう少し撮ってくるべきだったか・・・。

d0117565_22182716.jpg


昨年訪れた時に見た防潮堤、かろうじて残っているが、周囲は見る影もなく何も残っていない。
d0117565_22252774.jpg


それにしても南三陸町ではHさんのようなボランティアの活動で現地の人達は随分助かっていると思うのだが、行政は一体どうなっているのだろうか。
原発の問題があるにしても霞が関や政府はいったい何をやっているのか。
「お前ら本気で助ける気があるのか!」と言いたくなるくらい、行政の姿が見えない。

あれやこれや複雑な思いで帰って来たわけだが、これで一区切りついたというわけではない。
これからどうするか。
単発の支援ではなく、今後どういう形で東北を支援していくか。
「今」から始まる問題だと思う。
by katabami03 | 2011-04-23 22:41 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

焼け石の水にも五分の魂(?)。

今から南三陸街・志津川方面に物資を届けに行ってきます。

すでに様々な物資が集まっているそうですが、生鮮品は不足との情報。
主に野菜と嗜好品を持っていきます。

原発、爆発しないといいなあ~。
余震、起こらないといいなあ~。

それでは行ってきます。
by katabami03 | 2011-04-22 04:56 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(5)

急告!

福島の子供達が心配です。

以下「美浜の会」からのメールの一部です。
詳しくは同会をご検索ください。




福島の子ども達を救おう。 
 文部科学省は、福島県内の学校の被ばく基準について、年20ミリシーベルトの被ばくを子ども達に適応しようとしています。
これは、原発管理区域の基準である3ヶ月1.3ミリシーベルトを大きく上回るものです。放射線の影響を受けやすい子どもに、このような高い基準を適用しようとしているのです。
現在の一般人の基準は1ミリシーベルトです。

 文科省は21日(木)にも基準を発表する可能性が高くなっています。
 何としても撤回させましょう。
★ 政府交渉に参加してください。
★ 参加できない方は、下記から文部科学省に抗議の声を届けてください。
  福島の子ども達に20ミリシーベルトの適応を撤回するように。
  全国の学校関係者も声をあげてください。

  ★抗議先
    文部科学省:https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
          電話番号:03-5253-4111(代表)
    首相官邸:https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html




21日には間に合わないという人も是非異議申し立てを。
by katabami03 | 2011-04-20 19:11 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

ぜ~んぜん不便じゃないもんね。

原発というのはそうとう儲かるものなのだろうなあ。
こんな大惨事になっているというのに今だに原発擁護に汲々としている官僚、政治屋、御用学者、自称ジャーナリストなどなど・・・。
でもね、ウチらには関係ないもんね~。
そりゃあちょっとは不便になるのはわかっているけれども、ウチらは儲からんもんね。

この夏の電力ピーク時のことが云々されているけれども、様々な情報を見てみると、複数の筋から原発がなくとも供給は足りている、という報告がみられる。

d0117565_21173250.jpg

そうだよ、ほんの数年前まではみんな階段を上っていたじゃない。
バリアフリーで最近は車いすの人なんかも良く見かけるようになったけれど、エスカレーターは止まってもエレベーターは動いているのだし。

街は少し薄暗くなったけれども特に不便は感じないし(むしろ好ましいくらいだ)、だいたいrisiが子供の頃はもっと暗かったよなあ。

まあここが正念場、電気がなくて大変だ大変だ=原発がないと大変だ、とうろたえたら東電はじめ原発でおいしい生活をしている人たちの思うつぼ。
何が正しい情報なのかしっかり見極めて賢く生きましょう。ゆめ大本営に惑わされることなく。


染井吉野よりも少し後に咲く枝垂れ桜がここ数日目を楽しませてくれていたが、夜来の雨に打たれて終わりを迎えようとしている。
d0117565_21392160.jpg

もうすぐ山菜の季節、やっぱり花よりだんご。
by katabami03 | 2011-04-19 21:46 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(10)

神が造りたもうヘンテコなもの。

昨日は山梨の方に行って来た。
とても温かな一日で、桜が今まさに満開になったと言ったところだ。

山のほうで蝮草(マムシグサ)が出ていた。
d0117565_2217773.jpg

丁度出始めといったところで葉はまだなく、袴から出てきて苞が開いたばかりの様子。

春の山の日陰で下草がまだ伸びていないころにニョキッと生えているので良く目立つ。
山歩きの場合は大概足元にあるので特に驚かないが、釣りなどで崖を攀じ登っている時にいきなり目の前に現れ足りすると、かなりドキッとする。

蝮草は天南星(テンナンショウ)の仲間だけれども、もっと大くくりでいうとサトイモ科。このテの植物は花に見えるのは仏炎苞と呼ばれるもので、花は仏炎苞の中にジミ~に佇んでいる。
アンセリウムや水芭蕉、カラー(海芋・カイウ)などもこの仲間で、昨年小石川植物園で何年かぶりに花が咲いて、それと臭くて有名な蜀台大蒟蒻(ショクダイオオコンニャク)もコレの仲間だ。

自然って本当にヘンテコなものを造るなあ。
あ、もしかして最もヘンテコなものって人間?
by katabami03 | 2011-04-16 22:43 | 草花 | Comments(2)