<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

多摩川、早春の花。

数日続いている花冷えの日々、今朝も寒かったが好天に誘われて多摩川へ。

先日の雨は奥多摩の山々では雪だったようだ。
d0117565_21335062.jpg

富士山もまだ真っ白。
d0117565_21384696.jpg

それでも河原には早春の花々がちらほら。

中央高速の橋脚近くに咲く一群の菜の花。
d0117565_21354375.jpg

d0117565_2140426.jpg

足元にはオオイヌノフグリ。
d0117565_21373985.jpg

これは胡麻殻(ゴマガラ)。
d0117565_2141257.jpg

紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)かと思ったけれど、ちょっと葉が違うようだ。詳しい人に聞いてみよう。
(紫蘇科の垣通・カキドオシと判明いたしました。)
d0117565_2142238.jpg

水辺のヤナギも芽吹き始めた。
d0117565_21434568.jpg

これからはひと雨ごとに緑が濃くなっていく。
by katabami03 | 2010-03-30 21:47 | 草花 | Comments(2)

新緑もいいけれど。

駅に向かう道、ちょっと遠回りしたときに通る農家の入り口近く。
綺麗に刈り込まれた庭木の中でも、冬から芽吹くまでの間、気になるのがこの満天星躑躅(ドウダンツツジ)。
d0117565_22404721.jpg

葉をすべて落とした枝の間から透けて見える後ろの木々。
もう一本はもう少し密度が濃くて・・。
d0117565_22443123.jpg

実物はもっと軽い感じで透明感があるのだけれど、へたな写真でもどかしい。

こんな光景もあとしばらくすると葉のかげに。
d0117565_22512040.jpg

by katabami03 | 2010-03-29 22:52 | 樹木 | Comments(0)

結構いいお値段だし・・・。(リシノメ85)

ここは今間借りしているビルの隣のビル。
d0117565_22104640.jpg

特に真新しい光景ではない。
ではなにが今日のお題か?

この横に置かれている自動販売機。
コレだ。
d0117565_22141947.jpg

何だコレは。メーカーも何も書いていない。
売っている飲料はというと・・・。
d0117565_22153731.jpg

益々何だコレは!
一番下の缶の左二本はかろうじて果実飲料ということが明記されているが、他は中身が何だかさぁ~ぱりわっかりまっしぇーーん。
アニメ好きのオタクさんにとっては缶が目的で中身などどーでもいいってことなんでっしゃろか。
ん~ん、変わった時代になったものだ。
オジサンにはわっかりましぇ~ん。
by katabami03 | 2010-03-28 22:25 | リシノメ | Comments(7)

寄りかかるには、体軸を曲げてはイカン。(リシノメ84)

・・・とまあ、いきなりですけどこれは何でせう?
d0117565_022089.jpg

はい、正解はコレ。
d0117565_024252.jpg

今日行った飲食店の待合の椅子です。
見たところすっきりとコンパクトにまとまっているし、狭いスペースの有効活用としては秀逸の部類なんじゃあないですか。

今夜は某某某のお疲れ会で、すでに予約を入れていたので、特にここで待たなければいけない状況ではなかったのだけれども、せっかくだから、ちょっと座ってみた。

ん~ん、微妙。

何が微妙かというと、先ず初めに座布団が小さい。
見た目はカワユイのだけれど、実際に座ってみるとおしりのお肉がはみ出してしまう。
これにピッタリとフィットするのは、まあ小学5年くらいまでか・・・。
それから後ろの頭を寄り掛けるヤツ。これはアイデアとしてはいいのだけれど、いかんせん小さい。つまり、ドカッと座って、ほらよっと身を後ろにあずけるにしては小さいので、一抹の不安を感じるために、思い切り身をゆだねることができず、結果、頭をあずけるのに瞬間的に緊張感を・・・ほんのわずかなのだけれども強いられる。

お客さん、何言ってるの、といわれてしまうかもしれないけれど、あたしゃこーゆーことに結構こだわるんですよ。

細かいヤツだといわれてしまうかもしれないけれど、見た目の美しさと実用の美と、この辺にはねえ・・・いろいろな場面で、深くて暗い川があるんですよねえ。
by katabami03 | 2010-03-26 00:45 | リシノメ | Comments(6)

桜も咲き始めたようだし・・・。

桜の開花の便りがあちこちから聞かれる時季になった。
久しぶりに我が家の庭の草花をみると、いろいろと花芽が出ている。

嬉しいことに今年も牡丹が花をつけた。
d0117565_21231591.jpg

一昨年は肥料をこまめに入れていたのだが、昨年は時々野菜くずや魚のワタを入れたほかはほとんどやらなかった。今年はだめかなあ、と期待していなかっただけに嬉しさひとしお。今年はちゃんとしてやろう。

子供たちが小さかった頃は毎年チューリップを植えていた。これはそのころの名残。
d0117565_21264690.jpg

これもほとんどほったらかしで、葉っぱしか出ない年もあるのだけれど、今年は2つ莟をつけた。

春蘭も昨年同様に花を咲かせている。
d0117565_2131501.jpg

これも肥料を入れているわけでもないのに、じつに逞しい。


ところで、某ホームセンターに行ったらこんなものを売っていた。
d0117565_2136374.jpg

なんとタラの芽にワラビ、後ろにはウドもあった。
1,2本生えてきたところで食するにはあまりのも少なすぎるし、もいでしまうには忍びない。
まあ観賞用なのだろうなあ。

ああ、山菜採りに行くのが待ちどうしい。
by katabami03 | 2010-03-23 21:48 | 樹木 | Comments(4)

しっぽか頭か?

何となく甘いものが食べたくなって西武デパートに行く。
目的は・・・。
d0117565_23415994.jpg

そう、たい焼きです。

おお、今日も並んでいるぞ。
d0117565_23425759.jpg

わざわざ並んで買ったり食べたりするのは好まないのだが、ここは回転が速いので、まあ良しとしよう。
味咲きのたい焼き、チーズ入りだの白玉入りだのの変わりたい焼きもあるが、やっぱりたい焼きといえば元祖正統派、王道、小倉でしょう。
d0117565_23484297.jpg

ところで、risiは普段はしっぽから食べる派なのだが、ここのたい焼きはしっぽまでシッカリあんこが入っているので、頭からガブリといく。

・・・ああ、至福。
by katabami03 | 2010-03-22 23:53 | 食べ物・飲み物 | Comments(6)

ちょっと様子見。

膝の調子がこのところ大分良くなってきたので、ちょっと様子見、ということで川釣りに行く。

末息子を学校に出して、それから準備。
本格渓流はきついので、近場の小渓流で探釣でも、と思って出かけた。

目的の川に着いたら何と解禁は4月とのこと。やむなく程近い多摩川本流に行く。
時間は11時近いし、渓流釣りには天気も良すぎる。もうこの時点で釣果は期待していなかったが、まああわよくば1,2匹でもと竿を出す。
ところが、これがまったくと言っていいほどアタリがない。
もともと多摩川本流は入渓者が多く、そのため魚はスレているし、数日前には雪も降ったしで水もまだまだ冷たい。
ここは釣りの雑誌でも時々特集が組まれることがあり、それなりに入念な準備や技術が必要な釣り場だということを思い知らされた。
d0117565_21301313.jpg

少し風があり肌寒かったが、持参のコーヒーと菓子でまったり。

夕方まで粘れば魚の顔を見れたのかも知れないけれども、何だか疲れてしまって、4時前に竿を納める。

今日行ったところは梅の名所でもある「吉野梅郷」のすぐ近くなので、付近には梅林があちこちにあって、ちょうど今が見ごろ。
d0117565_21443023.jpg

d0117565_2145489.jpg


膝の調子は思ったより良かった。ところが川歩きの際に、痛いほうの足とは反対側の足首をひねってしまった。どうやら捻挫はしていないみたいだけれども、捻ったりすると痛みを感じる。
・・・あーあ、何をやっているんだか。
by katabami03 | 2010-03-19 22:00 | 旅・山 | Comments(4)

上野は主目的以外にもいろいろとオマケがついて楽しい所。

上野の東京都美術館で開催中の池坊東京連合の花展を拝見しに行く。

上野公園の桜のつぼみはまだ固い。
d0117565_22292592.jpg

会場の東京都美術館。
d0117565_2230395.jpg

改装のために2年くらい閉鎖されると聞いていたので、あちこちの角度から写真を撮ってきたのだけれど、家に帰って調べてみたら、外観はそのままで中身をいろいろといじくるらしい。

上野公園に行くといつでもどこかでヘブンアーチスト(大道芸人)が見世物を開いているのだが、今日はいない・・・と思ったら、何と美術館の入り口のところにいらっしゃいました。
d0117565_22362561.jpg

金属弦を張った、見たこともない楽器を繰るグレゴさん。
弦は指やピックではじくのではなく弓で弾く、まあ大雑把にいえばバイオリンとか胡弓の遠い親戚みたいなものか。ちなみに音はとても淡い、優しい音色だ。
あ、そうそう、バイオリンや胡弓との違いは、弦を指で押さえて音程を変えるのではなく、一本一本の弦は長短があって、それぞれの決まった音を持っているという所。またまた大雑把にいえば、ピアノの中身を弦で弾いているようなものか。

グレゴさんの好意に甘えてさわらせていただいた。
これが何といい音がでるじゃあありませんか。シロートがバイオリンなんかいじると、壊れたハーモニカみたいな音しか出ないけれど、コレはまともな音が出る。
risi的には、こういう楽器は「!!いい楽器!!!」だ。(←何という偏見!)

えっと、前ふりが長くなってしまった。

目的の池坊展。
今年も構成は例年通り。まあこういった花展はある意味、安心して見れる。
d0117565_22565326.jpg

三具足の飾り。これは室町時代に考案された座敷飾り。
こうした展示は資料的にも面白い。
d0117565_22591851.jpg

出品作は「新風体」と呼ばれる作風が多い。

お茶の水にある池坊学院の学院長でもある戸内先生の作品。今年は立華ではなく、造形的な作品を出されていた。
d0117565_2342271.jpg

古典の格調と装飾性を兼ね備えた「立華」。
d0117565_23112646.jpg

d0117565_23135873.jpg

悔しいけれど、立華にはいけばなの面白さが凝縮されている。

こういった軽やかな自由花はいかにも池坊らしい。
d0117565_23131444.jpg

池坊の生花(池坊では「しょうか」と呼ぶ)はあまり人工的な手は加えない。
d0117565_23165674.jpg

生花主体の流派では勢い華美な傾向に走りがちだが、こうした花を見ていると反省しきり。
枯淡の味わい、それもいけばなの魅力の一つなんですよね。


いけばな池坊展は3月30日まで、東京都美術館にて開催。
by katabami03 | 2010-03-17 23:30 | 展覧会・イベント | Comments(2)

これも時代の流れか、一抹の寂寥感。(リシノメ83)

池袋にある(あった)生地やさんの老舗、キンカ堂が閉店したことを知ったのは数日前のことだ。
キンカ堂は今で言うディスカウント店のはしりとでも言えよう。
子供のころ、ウチの母親も布やボタンなどを買いに行っていたことを記憶しているし、私自身も、学生のころから何かにつけて覗いていた店でもある。
d0117565_23331539.jpg

前を通りかかったら、店のシャッターに何やら張り紙が一杯。
d0117565_23341668.jpg

近寄ってみると閉店を惜しむ声が書き連ねられている。
d0117565_2337565.jpg

d0117565_23381663.jpg
d0117565_233604.jpg
d0117565_23362518.jpg
d0117565_2337281.jpg

d0117565_23384083.jpg

こんな写真を張り出している人も。ふ~ん、開店は1951年だったんだ。
d0117565_23422534.jpg

時代の流れとはいえ、やはり寂しい。

それにしても、布売場の一段高い所に立って、1メートルの物差しを器用に操り、巻かれた布を素早く採寸。スパーッと切る、あのおばちゃんたちのハサミさばきは見事だったなあ。
by katabami03 | 2010-03-16 23:52 | リシノメ | Comments(4)

不思議なライオン堂。(リシノメ82)

所用で町屋を歩いていたら不思議なスポーツ用品店があったので、思わず覗いてしまった。
d0117565_22425355.jpg

何が不思議かというと、お店の中はかろうじて人ひとりがはいるだけのスペースしかなく、周りの棚というか壁というか・・とにかく床から天井までがびっしりと品物に埋め尽くされている。
d0117565_22432323.jpg

d0117565_22444772.jpg
その中に入ると、まるで現代美術のインスタレーションのよう。見事な異空間と化しているのだった。

ところでこのお店、中に置かれているものは新しいものもあるのだが、全体少し古いものが多いみたい。かといって中古品ではないようだし、有名選手のサイン入り、っていう風でもない。スニーカーなんか無造作に4,5足まとめて積み上げられているし。それになぜかポケモンやマリオの人形があったり・・・。
ひょっとしたらひょっとして、知る人ぞ知るレアものの店?

まあそれはそれでいいや。

最近はスポーツ店といえば、お茶の水や神田周辺の店か、スーパーやショッピングモールに併設された大型店ばかりになってしまった。
個人経営のスポーツ用品店はなんとなく懐かしい気がして、軟球を一つ買ってきた。
d0117565_2257466.jpg

休みの日には近所のブロック塀を相手に、キャッチボールをしよう。
by katabami03 | 2010-03-15 22:58 | リシノメ | Comments(3)