<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今回は3つ見れた。

土日は人出がすごいと聞いていたが、どんなものか予想がつかなかった。
まず驚いたのが、会場の家を開ける時間が10時からとなっているにもかかわらず、9時ころからお客さんがやってくるのだ。
ダメだ、とも言えないので、作品のメンテもそこそこにお客さんの対応に追われる。

そんなこんなでバタバタしながらパフォーマンスの準備。
瞬く間にイベント時間になり、流れに任せて勢いでやっつける。

イベント終了後、農舞台にて秋期展の打ち合わせ。
午後4時過ぎに打ち合わせ終了。今がチャンス。遠くの作品は時間的にムリだが、近くなら大丈夫なので、蓬平からさら山奥に入った先の桐山集落周辺の作品を見に行く。

クロード・レビック、「静寂あるいは喧噪のなかで」。
d0117565_20475277.jpg
d0117565_2048742.jpg
d0117565_20482138.jpg
d0117565_20483537.jpg

4部屋に作品が展示されている。
赤い岩みたいなのはイマイチしっくりとこなかったが、あとの3作はそこはかとなく感じるものがあった。青いのが特に良かったなあ。
一見、気持ち悪そうなのだけど、ゆっくり見ていると、「何だかわからないのだけど、なんとなく心地いい」。
まあ、こういう感覚というのはある意味、アートの原点あるいは王道をいくものなのかもしれない。
ちなみにレビックさんは今年のベネチア・ビエンナーレのフランス代表とのこと。

みかんぐみ+BankART1929,「BankART妻有」。
d0117565_211850100.jpg
d0117565_2119652.jpg

一軒の家をたくさんのアーチストが関わって作品としているのだが、オジサンにはきつい。一部屋一部屋はそれぞれに面白いのだけれども、トータルで観るとごった煮の感が否めないし、周囲の環境や風景とのギャップも大き過ぎて感覚的に付いていけないんだよなあ。

マーリア・ビルッカラ、「TIRAMISU3持ち上げて―行ったり来たり」。
d0117565_2129815.jpg
d0117565_21292550.jpg
d0117565_2129456.jpg

これは前回の作品だけれども初見。「気持ち悪い」と言う人もお多いのだけれども、それは仏壇が置かれた暗い一室があるから?仏壇の部屋だけに限らず、日本人にとっては直接的な表現がちょっときついのかなあ。

旧清水小学校の川俣正さんのところも寄りたかったのだけどタイムリミット。
次回は3,4日。十日町の北の方や津南にもまだ見たい作品があるし、でも来ていただくお客さんともお話したいし、あー、長いようで短い「大地の芸術祭」。
by katabami03 | 2009-08-31 20:55 | 大地の芸術祭 | Comments(5)

妻有、近づく秋。

稲穂も色づきはじめ、すすきが風にそよぐ。
越後妻有ははや秋色。
d0117565_21445880.jpg

八月最後の日曜日、我が「蓬平いけばなの家」も大盛況。

一軒の空家にこれだけの入館者の靴。
d0117565_21473097.jpg

詳しくは明日。
by katabami03 | 2009-08-30 21:49 | 大地の芸術祭 | Comments(3)

心技体。

昨夜、パソコンの調子悪く書き込めず。

さあ、いよいよ終盤に入る。
今日はメンテをして、あすはパフォーマンス。
心技体、いずれも8割といったところ。
悔いの残らぬように、そして楽しくやってきましょう。

d0117565_5115876.jpg

「森の学校・キョロロ」にて。
by katabami03 | 2009-08-28 05:13 | 大地の芸術祭 | Comments(3)

丸ごと移動。(リシノメ65)

’08年12月21日に、このブログ上で命運が危惧された「うなちゃん」、何と丸ごと移動していた。
d0117565_1824180.jpg

きっと移転を拒み続けたんだろうなあ。
店構えからも察せられるように、きっとイッコクモノの主人なのだろう。

常連さん達からだろうか、飾花が2台。
d0117565_186331.jpg

なにはともあれめでたい。
by katabami03 | 2009-08-26 18:08 | リシノメ | Comments(4)

都会は不思議。(リシノメ64)

そんな人、いるんかいな?
d0117565_22184588.jpg

・・・っていうか、いるからこういうのが出るんだろうね。

人生いろいろ、自転車もいろいろ。
by katabami03 | 2009-08-24 22:23 | リシノメ | Comments(5)

雪国ならではの・・・その3.(リシノ63)

くどいようだが知っている人にはわざわざ何でこんな物を、とおもわれるものばかりだが、雪国を知らない人というのは意外と多い。
雪国の人には当たり前の光景だが、しばしお付き合いを。

これは道路ですね。
d0117565_21195269.jpg

この、道路の真ん中にある丸いヤツ。これが融雪装置。
d0117565_21213971.jpg

ここから水が出て、道路の雪を溶かすわけだ。
かなりの山奥でもこの装置が設置されているのに、しばしば驚かされる。

余談だが、とあるスキー場の駐車場では、その近辺の温泉の廃湯を使っていて、そこの温泉は鉄分を含んでいるお湯のためか、駐車場が赤茶色になっている光景を思い出した。

こんなのもあるんですねえ。
d0117565_21303231.jpg


これは背の高い消火栓の別バージョン。
d0117565_21273658.jpg

無駄のない姿といい、民家の壁面との写り合いといい、キッパリとした潔い美しさすら感じてしまう。

街なかの消火栓。(別に消火栓にこだわっているわけではない・・・こだわってるか、はぁ。)
d0117565_21323164.jpg

コンクリでがっつりとガードされている。よく見ると雪囲いの板がはめられるようになっている。
d0117565_21341845.jpg

ええい、ついでだもう一丁。
d0117565_21351664.jpg


このあたりを移動していると、いたるところ道端にたくさんの花々が植えられているのが目につく。
d0117565_21383123.jpg

「道庭」と言うそうだ。
自分たちの楽しみというよりも、道行く人達をもてなす気持ちの表れ、と聞いた。

忘れかけていた暖かい気持ちが生きている。

妻有は心のふるさと。
by katabami03 | 2009-08-23 21:43 | リシノメ | Comments(5)

20日は多忙、21日はちょっと一息。

20日はAM4時ころに目が覚めてしまった。
もう一眠りと思ったけれども、結局寝れず、5時前に家を出る。
途中の上里SAで20分ほど仮眠、朝食。十日町には9時頃到着。

十日町で染色をしている、岩田重信・金由起ご夫妻の家に行く。お二人とは前回の大地の芸術祭の時に知り合った。
作品のメンテナンスがあるので、挨拶もそこそこに蓬平に向かう。

この日は10時オープンと同時にお客さんがご来場。手直しをしながら対応する。
それでも子供の客に花びらを散らすのを手伝わせたりして、楽しみながらメンテナンス終了。
その後も個人客やツアーバス2台分のお客さんの対応に追われる。
お昼近くに一息入れていると、小原流のツアーが二波に分かれてご来場。
小原規容子理事長はじめ、工藤和彦先生、鈴木英孝先生、古作厚子先生、難波佳代子先生等、小原流の重鎮の先生方に混じって、懐かしい原明子先生、工藤亜美ちゃん、川上裕之君等ともお会いできた。多謝。

午後も断続的だが客足が絶えず、せわしない一日だった。

この日は田島征三さんの絵本美術館になっている、旧真田小学校のすぐ下に家を借りている、映像作家のヒグマ春夫さんのところに泊めさせていただいた。二人で焼酎をいっぱい飲んだ。

翌朝、酔い覚め爽やか(?)な身で蓬平に行く道中の作品をチェック。

犬伏集落の空き家。
中村敬「伊沢和紙を育てる」。
d0117565_22475560.jpg

一階には暗くした中に木材と和紙を使ったインスタレーション。二階は三つの部屋に分かれて、3グループが作品を展開している。
d0117565_2248981.jpg
どれも自然素材のやわらかさを生かした美しい世界だった。

同じく犬伏にある、塩澤宏信「翼/飛行演習装置」。2003年に作られたもの。
d0117565_22482053.jpg

元は焼き場だったところに作られた、焼き物の巨大な塔。
d0117565_22483188.jpg

ここに座り何を想うか・・・。
d0117565_22484338.jpg

以前に見た時は気がつかなかったが、子供作ったと思われ陶器のプレートが作品中にいくつも埋め込まれている。集落の子供たちかな?だとしたらもう大きくなっているだろう。いい記念だ。

田んぼの近くに行くとお米のにおいがする。7月には成長が気にかかっていたイネもしっかり育って、頭を垂れはじめた。
d0117565_22493038.jpg

by katabami03 | 2009-08-21 22:50 | 大地の芸術祭 | Comments(6)

パフォーマンスの告知。

「大地の芸術祭」もバックストレートを過ぎて、第三コーナーに差し掛かった。

来る8月29日午後3時より、大地の芸術祭「蓬平いけばなの家」にてパフォーマンスを行います。
d0117565_20483636.jpg


お時間のある方は是非ご高覧ください。
もう面白そうだと思ったことは何でもやっちゃる!

で、明日はまた新潟。
相変わらず、睡魔との格闘はあるものの、通い慣れたらそう遠く感じなくなってきた。

今回は朝の内に数か所まわって、あとは蓬平でお客さんとお話でもしようと思っている。
行ってきまーす。
by katabami03 | 2009-08-19 21:07 | 大地の芸術祭 | Comments(3)

ふくろう包囲網。

豊島区の会合で区民センターに行く。
行きは急いでいたので気がつかなかったが、帰りにエレベーターを降りると。
d0117565_22232535.jpg

ちょっと見はカワイイがデカイ。
d0117565_22242844.jpg

目が・・・。
d0117565_2225194.jpg

で、出口に向かって振り向くと。
d0117565_2226051.jpg

おお、もう一匹・・・一羽か。でもこれだけの大きさになると一頭という感じだ。

外に出ると、正面の公園には・・。
d0117565_2228696.jpg

事務所に向かって、左に向かうと隣の保健所は・・・。
d0117565_22292412.jpg

何だかこの辺はふくろうの漬物状態。
by katabami03 | 2009-08-18 22:31 | フクロウ | Comments(2)

大地の芸術祭、見てある記。(その3)

「大地の芸術祭」もいつの間にやら半分過ぎた。
今回はピンポイントで数か所を拝見。

自作の手直しを終えてから、先ず最初に向かったのは、蓬平からさらに10分ほど山を上がった所にある、アンティエ・グメルス「内なる旅」。
d0117565_21523464.jpg

森の中に設置された無数の目。予想していたよりもはるかにアッケラカンとした感じ、それでいてどこか神聖な雰囲気が漂う。
目の場所まで行く途中のアプローチも心地よい。
d0117565_21561151.jpg


次いで一気に北上。旧飛渡第二小学校、向井山朋子「Wasted」。
d0117565_2231238.jpg
d0117565_2232690.jpg
d0117565_22343100.jpg
d0117565_2235799.jpg

コンセプトの明晰さ、作品の強さ、それでいて美しく心地よい。もう完全に参った。
土市の「ストーム・ルーム」と並ぶ今回の出色のひとつ。

川西の大白倉に行き、花友・伊藤庭花さんの「はなの棲む家」を拝見。
d0117565_22131878.jpg
d0117565_22133261.jpg
d0117565_2213464.jpg

二部屋に作品を展開。気合が入っている。
実はここは、搬入時に合間を見て一度来た時には作品が出来上がっており、すでに拝見していたのだが、二度見ても飽きない。

松代方面に戻る途中で旧仙田小学校・東京芸大の「克雪ダイナモ・アートプロジェクト」に立ち寄る。
d0117565_22275034.jpg
d0117565_22281814.jpg
d0117565_22284294.jpg

1階から3階、屋外、プールまでてんこ盛り。

前回感動した、丹治嘉彦+橋本学の新作(というかリニューアル?)「再生・海そして川からVol.2」。
d0117565_22322784.jpg

前回の感動が蘇る。

再び松代に戻り、スタシス&コウォジェイスキ/ヴィタシェフスキ(A+D)「訪問者」。
d0117565_2237765.jpg

この意外性は!!
道路に近いのが惜しい。(車が作品の前に止まると悲惨な光景になる)

次いで薊平の日比野克彦の作品見学。
d0117565_22203623.jpg

話題のダンボールの船。こんなのほしい。
d0117565_22402250.jpg

校舎の二階の作品。
d0117565_22411973.jpg

これを裏から見ると。
d0117565_22421779.jpg

ここで採れた種が北海道から沖縄まで、全国で成長している。その標本。

森の学校「キョロロ」に立ち寄り、今回付き合わせた三男を少し遊ばせているうちに6時近くなってしまった。

最後に津南にある金九漢「かささぎたちの家」に立ち寄る。
d0117565_2249916.jpg

この地域に子供たちを遊ばせる公園がない、ということを聞いた作者が半年かけて作った小公園と焼き物の家。
家の中から外で遊んでいる子供にこえをかけたら、窓から入ってきた。
d0117565_22541130.jpg


満ち足りた一日だった。
by katabami03 | 2009-08-17 22:55 | 大地の芸術祭 | Comments(2)