<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

二兎を追ったら三兎をねらう。

ハーモニカの師匠、浅見安二郎先生がyoutubeに登場。タンゴを2曲披露している。
youtubeを開いて「浅見安二郎」と打ち込むと出てきます。

キーの違う2本のハーモニカをホルダーを使って横に並べて吹いている。こんな吹き方をするのは先生が初めてなんじゃないだろうか。
ハーモニカを変えるときは首を横に振るような感じで、ちょっと面白い動きだけれど、演奏は抜群にかっこいい。
d0117565_2243252.jpg

音が雑なのが残念だけれども、ライブの感じはよく出ているね。

前に「コンドルは飛んでいく」を練習したときに2本のハーモニカを使ったけれど、上下に指で挟んで持って吹いた。
先生のようには出来ないけれど2本も時々練習しなければなあ・・・。

These days, I'm practicing"St.Louse Bluse".
I can't play well yet.
But someday I want to play just like Asami-sennsei.
by katabami03 | 2009-04-30 22:24 | 音楽又はブルーズ | Comments(6)

アイム タイアード!

以前にこの欄で、6月に仕事で香港に行く話を書いた。
今から中国語は無理だとしても、英語ならもう少し話せるようにはなるんじゃなかろうか、と何冊か本を買ってきた。ところが、だ。この甘い目論見は見事に打ち砕かれたのであった。
d0117565_2324070.jpg

もう見事に頭がパーになりきっている。もう情けないくらい入ってこないのだ。
もともと受験を経験していないお馬鹿ボウズだったうえに、辞書を引くのが大嫌い。これで英語使いになろうってのがそもそも無理な話だ。さっき覚えたはずの単語が3時間後にはわすれているんだよ。3時間後!!
若者よ、オジサンは声を大にして言いたい。
何だかんだといっても若いうちはそんなに苦労しなくても頭に入る。シッカリ学べよ。

と打ちひしがれている中年オヤジに朗報が。

今夕、学生の時の友人でパソコンの師でもあるK君と一献傾けた。その時に同席したk君の友人の一人に英語使いがいて「今からでも遅くはない英語の学習法」を聞いた。そのうちの一つに、毎日3行英語で文章(日記)を書く。というのがあった。

いつまで続くか分からないけど、今夜からとりあえず続けてみよう。

Today,I was so busy.
I'm tired.
I want to sleep.

See you!

うわっ、いきなり4行も書いてしまった。
間違えていたら訂正してください。
by katabami03 | 2009-04-29 23:41 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(7)

耳なし法一。(リシノメ57)

国立にある某高級スーパーのあるビルの上。
d0117565_17173212.jpg

いったいどうしたらこんな風になるの???
by katabami03 | 2009-04-28 17:17 | リシノメ | Comments(3)

池袋三越閉店。

このゴールデンウィークをもって、池袋三越が閉店するそうだ。
d0117565_23391251.jpg

d0117565_2350159.jpg

d0117565_021862.jpg

子供のころの記憶では、池袋東口には西武、丸物、三越の三つのデパートがあった。丸物は60年代の初めころにつぶれて、その後がパルコになった。
三越は家からいちばん近いところにあったので、母親の買い物についてたびたび出かけた。屋上にはたいした遊具もなかったが、それでもよく行ったものだ。
都内のデパートとしてはかなり売り場面積は狭いのだが、子供のころは一応おもちゃ売り場や書籍、レコード売り場などもあった。中学に入ったときに万年筆を買ってもらったのもここだし、グループサウンズのレコードや父親が運転免許を取ったときに道路地図を買ったのもここだ。
d0117565_2338322.jpg

70年代に入るあたりから西武デパートが勢力を増し、80年代には独走態勢、三越は完全に遅れたデパートとなってしまった。
その後サンシャインシティーに出店を開くなどするが、これがまったく裏目。とはいえ池袋三越には恩があるんだなあ。というのは、初めて陶芸の個展を開かせていただいたのがここの画廊。結局全部で5回やらせていただいた。

ここ数年の状況はといえば、店内はいつもがらがらで、混んでいるのは北海道物産展を開くときくらい。うちの母親などに言わせると「すいていて買い物がしやすい」との由。正直なところ、よく持ちこたえているなあと思っていた。

まあ、時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、原風景がまた一つ消えるようで、やはり寂しい気持ちは否めない。
by katabami03 | 2009-04-28 00:05 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(8)

ジャーナリズムは死んだ?

みなさんご存知のことと思うが、数日前にスマップという歌が下〇で有名な歌唱団の一員、クサナギ某という人が深夜に全裸で酔っぱらっていたところを逮捕されたそうだ。で昨日、本人のお詫び会見があったようだ。
d0117565_2227134.jpg

この話を最初に聞いたのは、昼のテレビ番組を見ている時の臨時ニュース。よく状況が分からなかったが、徐々にことの全貌が分かるにつれて思ったことは、「逮捕されるほどのことかなあ・・」だった。
だいたい若いころ、酔っぱらって裸になることくらい誰だって一度や二度・・・・三度かなあ・・・ま、そんなことはあったんじゃないの。
ケンカしようが裸になろうが、それでパトカーに乗せられ、トラ箱に入れられることはあっても、朝方には「ほどほどにせいよ」とか言われて放免されるくらいのものだろう。
それはそれとして、ちょっと気になったのは、たかがそんなことで家宅捜査まで行われた、ということ。芸能人とはいえそれはないでしょ、と思った。
そしてだ、最大の問題は、その件に関する新聞の報道。
事実をありのままに報道するという原則はよいとして、この件、家宅捜査するほどの問題か?こんなことが許されたら立ち小〇もできないじゃん。これって人権問題じゃないの?
ジャーナリズムっていうのは正確な報道とともに権力のチェック機能もはたしていると思っていたのに、その辺のことに関しては何一つ書かれていない。

政府関係のCM?クサナギ某が出演しているからか、政治屋のおじさん・・以前、友達の友達はアルカイダと語ったあのおじさんがなにか文句をいったらしいけど、それに対する講義がネット上で飛び回っているらしい。
実際に見ていないので何ともいえないが、この件に関しては新聞よりもこちらのほうが健全なような気がするんだよなあ。
by katabami03 | 2009-04-26 23:09 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(5)

生け花展告知。

古流かたばみ会の展覧会です。

例年秋に行っていたのだが、今年は会場の都合で5月に開催。
2月3月4月と続いたので、本当はここらあたりで一息入れたいところだが、そうも言っていられない。
良い季節ですので近郷近在のかた、お時間がございましたらぜひぜひご高覧くだされ。
d0117565_13232695.jpg


5月10,11日・入場無料。場所はコチラ↓

d0117565_13243165.jpg


毎年案内状がたくさん残ってしまうので、今年は最初に多めに配った。これが裏目に出て、ほとんど無くなってしまったため、かなり未発送の方がでてしまった。この場を借りてお詫び申し上げます。
by katabami03 | 2009-04-25 13:23 | 展覧会・イベント | Comments(0)

いけばなLABO4月。

ハイ、毎月最後の金曜日はいけばなLABOの日です。

あれ?もう終わったんじゃないの?と思われる方。そう、もう講師は終了いたしました。
今月から講師は私が深く敬愛する松田隆作さん。どんなことをLABOるのか、指導法は・・等々興味深々。
・・・ということで今回から生徒として特別参加させてもらうことにしましたんですの。

で、今回の講義、前半は隆作さんのいけばな観を交えたお話。隆作さん、語る語る。でもとてもいい話でした。

講習内容ですけど、直径7~10センチ、長さ1,5メートルほどの竹が一本。それを毎回のテーマに沿って作品をとして仕上げていくというもの。

今回は割る、切る、穴をあけるなど、どれか一つワンアクション。それに各自用意した枝を使って作品化する、というもの。

こんなのができました。
d0117565_23342371.jpg

上部を拡大すると。
d0117565_23351186.jpg

最初は右側に一本枝が付いている状態だったのだけど、「切ったほうがいいんじゃない?」というコメントをいただきこうなった次第。

新鮮かつ楽しい時間を過ごせた。時間の許す限り参加したいと思う。
by katabami03 | 2009-04-24 23:43 | いけばな | Comments(3)

植物は正直。

今年も牡丹(ボタン)が咲いてくれた。
d0117565_222408.jpg

写真の右側にもう一輪、最初に咲いたのがあるのだが、そちらはすでに終わりに近い。
2株でそれぞれに2輪づつ。そこはかとなく嬉しいもんです。
この牡丹は4年ほど前に某いけばな展で使ったものを持ち帰って植えておいたもの。翌年は2,3輪づつ咲いて、これは豪勢と喜んだものの、その次の年は一つも花をつけなかった。でその次の年(昨年)は1輪だけ咲いた。
いろいろと話を聞いて、とにかく肥料をたくさんやると良いとのことだったので、花の終わった後に配合肥料を入れ、その後も時々生ごみを埋めたりして、12月頃にももう一度周囲に肥料を入れた。
結果、オミゴトごらんのとおり。

子供はいくら肥料を入れてもその通りの結果をだしてくれるとは限らんもんなあ。たはっ。
植物は正直でかわいいもんだ。
by katabami03 | 2009-04-23 22:20 | 草花 | Comments(3)

久しぶりの感覚。

「レッドクリフⅡ」を観てきた。

d0117565_23154396.jpg

まあ細かいことを言えばいろいろとあるのだけれど、全体的には娯楽映画の王道を行っている作品だと思う。
こういう長い映画は西部劇や戦争もの、歴史ものなど折々観てきたが、どの映画でも観終わった後、心地よい疲労感といったものを感じる。それから、感動というほど大げさではないが、なにか胸にぐーっとくるものがあるんだなあ。今回は久しぶりにそんな感覚を味わった。

それにしても今回出演している中国人(モンゴル人もいるけど)俳優、みんないい顔しているんだなあ。
中国映画は今までカンフーものを除いて、観たことがなかったけれど、まああれだけの人口を抱えているわけだから層も厚いのだろうね。

ところで昔から気になっているのは、中国人俳優にはどうして欧米風の名前を付ける人が多いんだろう。
監督からしてジョン・ウー(中国名?は呉宇森)だし、古くはブルース・リーやジャッキー・チェン。タイトルバックではそれぞれ、李小龍とか成龍(ジャッキーチェンは本名は陳某らしいが)と出てるよねえ。
誇り高い民族なのに不思議に思うのは私だけ?
どうせなら日本の俳優も真似したら面白いのにね。
金城武はタッキー金城、中村獅童はシド中村だ!
d0117565_2316058.jpg

by katabami03 | 2009-04-22 23:17 | 映画・演劇 | Comments(4)

だまされた。

先日新潟へ行ったおりに、少し時間ができたすきを見計らって長野(北信)に行った。長野で所用をすませての帰り道、1キロくらい手前から並べられている看板(まつたけ1000円とか桃1000円とかってやつ)に引き寄せられて、街道沿いの農産物の販売店によった。
でまあ、街で買うよりもかなり割安でもあるので、ついあれこれ買ってしまったわけだが、その中のひとつにリンゴがある。
試食用を食べたら、まあまあシッカリしていたのでひと山購入(500円くらいだったかなあ)。
家に帰って食べてみると、試食で食べたよりもかなり柔らかいじゃないの。ちょっと、それはないよオネーチャン、ってくらいボケてるんですよねー。家人も一口食べてそれ以上食べようとしないし、オレ一人でたべるには多すぎるし・・・。
d0117565_2320062.jpg

ということでリンゴジャムをつくることにした。
もう6時を過ぎたことだし、・・・っということでとりあえずプシュします。
d0117565_23312544.jpg

材料はかのリンゴと砂糖、レモン。
d0117565_23223460.jpg

でもってひたすらリンゴの皮をむく、ひ~っ。
d0117565_23275189.jpg

切り刻む、ふ~っ。
で、ようやく砂糖をまぶして鍋にぶち込む。
d0117565_2327174.jpg

その間にビンの煮沸をすませて、あとは煮えるのを待つばかり。

できたてのリンゴジャム。ビンに詰めて脱気して出来上がり。
d0117565_23353541.jpg

あしたはヨーグルトにかけて食べようかなあ。
by katabami03 | 2009-04-19 23:39 | 食べ物・飲み物 | Comments(10)