カテゴリ:私は思う。(日々雑感)( 436 )

私は怒っている。

・・・というわけで選挙だ。

この欄では極力政治に関することは書かないように努めてきたが、今日は少しばかり言わせてもらおう。
政治家の質の低下は今に始まったことではないが、ここ数年のヒドサは目に余る。金しか頭に無いような志の低い政治屋や浅薄な二世三世たち。まっとうな政治家もいない訳ではないのだろうけれども、政官業の癒着構造から外れた者は表舞台にたつことも無く、加えてジャーナリズムの堕落。権力追随で批判精神を失い、まるで政府の広報機関のような新聞、テレビまである。
結局そんな政治屋を選んでいるのも国民なのだから、日本の民度とはその程度のものなのだろうが、だからといってこのままあきらめていいって訳じゃないよね。
広がる格差、蔓延する拝金主義、税金をむしり取られまるで封建時代のようだ。このままにしておくのもこの流れを変えるのも、結局私達が異議申し立て出来る機会は選挙しかない。
d0117565_20251992.jpg

共産党や社民党が言っていることは、一応筋は通っているが政権をとるまでにはいたらない。
民主党とて寄り合い所帯で本当に信頼に足るかといえば、やはりおぼつかない。結局、「どちらがよりマシか」といったところしか選択の基準が無い。何とも寂しい政治風景だ。
こんな悲しい状況だが、シラケていたり諦めてしまっては未来に対して余りにも無責任だ。

私は怒っている。
by katabami03 | 2007-07-07 20:48 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

踏み切り考 その2

昨夜は酔った勢いで饒舌が過ぎた。
今朝の新聞に中央線高架の記事が出ていたが、それによると、混雑時の踏み切りの待ち時間はどーも尋常ではなかったようだ。近隣にとっては、「人生の隠し味」なんて悠長なことは言っていられない状態だったそうな。救急車のことなど全く想定していなかった己の思考の浅薄さ加減・・・深く反省しています。
高架化はJRの都合というよりも、周辺自治体の悲願でもあったわけだ。ここは素直に「おめでとうございます」と祝辞を述べよう。

でもやっぱり私、踏み切りって嫌いじゃないですけどね。
by katabami03 | 2007-07-02 22:23 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

踏み切り考

  昨日、JR三鷹~国分寺間で高架への切り替え工事があった。
 家に帰る時間には、電車はまだ完全には止まっていなかったのだが、かなりの間引き運転だったので、西武線、武蔵野線を利用して帰ってきた。
 全体、高架にすることでどのような利点があるのか、帰路あれこれ考えを巡らした。
 利用者側としては、見晴らしが良くなる事ぐらいだろうか。ホームが高くなるが、今でも階段の上り下りはあるので、特に不都合はない。高架の駅は冬場風が冷たい。これは余り有難くない。
周囲の環境としては、踏み切りがなくなることで、道路状況がかなり良くなるだろう。しかしどう考えても電鉄会社が乗客の眺望や道路事情のために莫大な予算をかけて高架にするはずが無い。踏切事故が無くなる。ということも考えられるが、飛び込み自殺するやつは所かまわず駅でもするしなあ・・・。結局結論らしいものは出ずじまいだった。今度駅員に聞いてみよう。

 そうしてみると、高架にすることで最も恩恵を受けるのはだれなんだろうか?
 踏み切り渋滞が無くなる、という点では諸々のドライバーにとっては有難いことだ。しかしこれとても、たまさか踏み切り渋滞に遭遇してしまった人には迷惑この上ないことだが、いつも通っている人には想定内のことであろう。
 踏み切りで渋滞にハマってイライラしたことがある人は多いと思う。斯くいう私も時々そんな状況にハマルことがあるが、よくよく考えると、「なにをそんなに急いでいるのだろうか・・・?」というところに行きつく。
 親が危篤だ!といえば、そりゃあ急がねばなるまい。でもそんなことは長い人生の中で言えば普通は二回しかないことだ。連れ合いがいたとしても、せいぜい四回だ。その他に危急を要する事ってそれほど多くは無いと思う。してみると、踏み切り待ちのイライラっていうのはどーも大したことではない、ってーのがほとんどなんじゃないのかな。

 私事で恐縮だが、踏み切りで電車待ちしているとき度々思うのは、過ぎ行く電車を眺めつつフッと脳裏をよぎる、「あー、どこかに行きたいなあ~。」っていう気持ち。
 二十代の頃、漂白とか流浪に憧れた一時があった。頭の片隅にそんな青春の澱みたいなものがこびりついているんだろうなあ。尽きせぬ思い、かなわぬ願い、嗚呼、演歌の世界だなあ。よーし、もう一杯いこう。

 そんな訳で、高架されればそれだけ渋滞も無く効率も良くなるのだろう。それはそれでよい。でも、人にはそれぞれその人にあった時間の流れがあってしかるべきだろう。なにも最速に合わせる必要など全く不要なんじゃないかなあ・・・。

 これまた私事だが、陶芸をやっていて思うこと。、ま、いろいろ釉薬の調合をするわけだが、いろいろやっていて思うのは、化学的に精製された原料を使うよりも、天然の原料をつかった方が焼きあがったときの深みとか力強さみたいなものが断然良い。当然だが天然原料というのは様々な夾雑物が混じっている。それが精製されたものには無い深みを与えているのだろう。
 家庭料理を見ても、煮物などはそれぞれの地方や、あるいは各家庭によって、みな秘伝みたいなものがあるだろう。なかんずくカレーなどはその家ごとの隠し味のオンパレードだ。

 全て効率優先の世の中だが、一見無駄に思える行為や時間、そんなものでも私は無碍に扱いたくない。踏み切り待ちの時間とて、そのどーでもいいような時間が案外人生の隠し味になりえることもあるのだと思う。



 

 
by katabami03 | 2007-07-01 19:30 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

昨日今日明日。

昨日は稽古が終わってから、吉祥寺に行った。ブルースハープのコンテストがあり、そこでハープの師、浅見先生と会う約束をしていたので、予定よりかなり遅くなってしまったのだが、取りあえず行ってみた。ところが会場(ライブハウス)の場所が分からず15分ほど吉祥寺の街を彷徨ってしまった。無事にたどり着いたが、もう中には入らず、楽屋口で先生と立ち話をして、用件をすませて帰ってきた。前日の不運を引きずっているのか・・酒を飲んでさっさと寝た。

今日は一日平和な日だった。西早稲田の両親の所に顔を出してきた。
休日で学生はほとんど見かけなかったが、やはり懐かしい。建物や店など、変わってしまったところも多いが、雰囲気と言うか空気と言うか・・・そういったものは昔とさして変わっていないように思えた。

明日から古流協会の旅行に行ってきます。毎年一泊で親睦旅行を行っているのだが、ここ二年ほど参加しなかったので、たまには顔を出さねば。弥彦神社や良寛さんの記念館など回ってきます。面白い写真が撮れたらUPします。
by katabami03 | 2007-06-03 23:38 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

九紫火星・・だ。

きょうはやることなすこと裏目裏目の一日だった。
わりと早起きしたのに、余裕かませすぎてバスに遅れる。隣のホームの電車が先に出る。スーパーのレジではレシートの給紙切れ。・・・もしかして「今日はジッとしていた方が無難」なんて占いに出ていたりして・・・。

おみくじとか雑誌の後ろに載っている占い、あのテのあまり罪のないものは別にして、占いには深入りしないようにしている。強い自意識で生きているわけではないので、見てしまえば気にはなるし、意識的であれ無意識であれ、やはりどこかで自己規制してしまうからね。

占いとはちょっと違うかもしれないけど、学生の頃、初対面の人には必ず生年月日を聞く女がいた。そくざに分析して「この人はカクカク、シカジカ、ああでこうで」と人物像をシッカとイメージ作っちゃうんだろうね。ま、べつに危害を加えるわけでもないのでとやかく言う筋合いはないんだけど、初めっから決め付けちゃうのもチョットねえ。

ところで私は羊年生まれ、O型、さそり座で九紫の火星です。
「ああ、やっぱり」、と思われますか、それとも「え~、以外」、と思われますか?
by katabami03 | 2007-06-01 22:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

私は相変わらず豊かでない!

池袋の事務所へ行ったついでに、かたばみ会館はどうなったのだろうかと見てきた。
ご覧のように八分方解体されていた。
今まさに解体中の場所は私が起居していた部屋の天井部分。感傷はないが、やはり少しばかり心が痛んだ。
d0117565_2219788.jpg
d0117565_2219223.jpg

最近街を歩いていると古いビルの取り壊し現場を良く見かける。経済が上向いている、と言うことはこういうことなのだろうか。にも拘らず、好景気の実感は全く無い。
私は相変わらず豊かでない!
by katabami03 | 2007-05-28 22:25 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)