カテゴリ:私は思う。(日々雑感)( 438 )

恒例(?)の草刈。

巷は夏休み。我が家も夏休みだけれど、上の息子二人は独立していて、家にいる末息子も受験生なので家族で出かけることもなくなった。
子どもたちが小さいころは休みともなれば海だ山だと家にいることなど皆無だったが、各自が各自の生活をしているこの頃、老夫婦は出かけることもなく家でくすぶっている。
というわけで今日は庭の草刈をする。
春にかなり徹底して刈り込んでおいたのだが、梅雨明け以降どこもかしこもスクスク成長して放置しておくわけにもいかず、覚悟を決めて取り掛かる。

牡丹が植わっているところ。ビフォーアフター。
d0117565_22473276.jpg

d0117565_22474491.jpg


裏庭、ビフォーアフター。
d0117565_22475892.jpg

d0117565_22481545.jpg


取り掛かるまではどうにも億劫なのだが、いざ始めるとこれが意外に燃えるのだな。
根が大雑把だから庭師のようにビシッとはできないけれど、自分でも驚くくらいバシバシと枝や草を刈りこんでいく。
数日前のような暑さではなかったが、それでも今日はかなり汗をかいた。

枝をバシバシ切るというのは結構な快感で、これって結構なストレス解消になるようだ。
運動不足やストレス解消になるし、庭はきれいになる。
終わった後はお決まりのコース。シャワーを浴びてビール。
始めるまでに覚悟はいるが、始めてしまえばなぜだかのめり込んでしまう。
とはいえ一回やれば数か月はほったらかし。このくらいのインターバルも好ましいのだな。
by katabami03 | 2016-08-13 22:42 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(5)

いまだに「走り出したら止まらない」ってか。

家から最寄り駅までは速足で歩いて15分ほどだが、家の近くにバス停ができてからというもの、何かにつけちゃあバスに乗ってしまう。
今朝はそれ程暑くなかったので久しぶりに歩いていく。

道中(?)栗や柿の実がいつの間にか大きくなっている。

d0117565_20513781.jpg
d0117565_20514468.jpg


このところいくつかの案件が同時進行していてなんだか気ぜわしく、ゆっくり自然(といっても身近な自然だが)を感じる時間がなかった。
面倒なことからは手を引いて、のんべんだらりと生きていこうと思えばそんなにアタフタすることもないのだが、持って生まれた貧乏性というか、あるいはやらなければいけない時があるということからか、気力体力、余力のあるときにやっておかねばこともあるか。それが今なのか・・・。
ともあれ昔から走り出したら先のことは考えずにやってきたサガ。自制などできようはずもないのは百も承知。せめて季節の移り変わりを感じ取る余裕くらいはね、なくしたくないものだね。
by katabami03 | 2016-07-26 21:18 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

長生きはするもんだ。

栂池に行くには夜行バスを利用した。
まだ10代の頃は山、スキー、旅行とどこに行くにも大概夜行電車やバスが当たり前だったが、新幹線網が整備されてからというもの、夜行は数十年来使うことがなかった。
ちなみに古い山のガイドブックを見ると、前夜発日帰りとか、前夜発〇泊とかばかりだが、最近のガイドブックには前夜発などどこを見ても見当たらない。

そもそも夜行には、「きつかった」思い出が多すぎるのだな。
夜行電車は対面シートの普通の中距離用の車両で、なまじ椅子に座るよりも床(座っている人の足の下とか通路)に段ボールを敷いて横になった方がマシだった。
バスはスキーツアーで随分とお世話になった。これもふつうの観光バスが主で、リクライニングといっても椅子がせいぜい10センチくらい後ろに倒れる程度のもので、それ以上に良い設備のバスに乗ったという記憶がない。スキー全盛のころは補助いすまで使っていたこともあったもんなあ。

バス旅行で忘れられないのは1981年にアメリカ合衆国をロサンゼルスからシカゴまでバスで行ったことか。ちなみにこのときはバスを乗り継いで5日間かかった。
米国はグレイハウンドとトレイルウェイズという二大会社が北米大陸を網羅している。
移動手段としてバスを利用するというのはあまり豊かでない階層の人達とか学生がほとんだそうで、旅の途中で知り合った学生は「僕たちはグレイハウンドをグレイハードと呼んでいる」と言っていた。逞しいかの国の若者達にとってもバスでの移動は楽ではないという事だろう。

ともあれ何事も経験、パソコンにて予約を入れて当日新宿に赴いた。

バスの乗り場は数か月前にオープンして話題になった「バスタ新宿」。バスターミナルを略しただけで、なんか安直な命名だが「対案を出せ」といわれても、う~~ん、妙案は浮かばぬ。ま、こんなもんなのだろう。
新宿駅の新南口を出ると、おお!
d0117565_21354028.jpg


バス乗り場のイメージがかわるぞ。
そこからエスカレーターで3階(4階だったか?)に上がる。

d0117565_21382483.jpg

待合室は飛行場のようだ。
東海、関西や北陸方面へのバスがひっきりなしに発着している。それを伝えるアナウンスも絶え間なく続く。こういう喧騒の中にいると、久しく忘れていた旅心が沸々と湧いてくる。

そうこうするうちに栂池行きのバスの出発時間が近づいた。
指定されたバスに乗ると、予想以上に快適そうだ。おまけに今回の乗客は十数人。ほぼ貸し切り状態のようなもの。シート間には余裕があり、さらに背もたれを後ろに倒すと、こんなに倒してもいいのかなあと思うくらい倒れる。飛行機でいえばビジネスクラスといったところか(のったことがないので知らないけれど)。
根は神経質な方なのだが年を取って図々しくなったのか、12時に車内灯が消されると知らぬ間に眠りに就いていた。

今回のバスは栂池が終点だったが、槍ヶ岳や穂高、立山方面に向かう人達を下すために何度か途中停車した。そのたびに目が覚めたりもしたが思いのほか寝ることができた。こいつを利用してまた北アルプスに行くのもいいなあ、と思ったりした。
by katabami03 | 2016-07-08 21:02 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

小自然。

都心から少し離れた我が家には、時々闖入者が現れる。
以前、なぜかコウモリが入ってきたこともあった。

最近時々顔を見せるのはやもりだ。
出現場所は風呂の窓。風呂場の電気を消すとどこかに行ってしまうので、多分明かりに集まってくる蛾などを狙ってくるのだろう。
d0117565_20101697.jpg


まあやもりくらいなら都心でも古い家なら出てくるだろうが、やもりのちっちっという鳴き声が聞こえたり、秋にはコオロギの鳴き声が聞こえたり、豊かな自然とは言い難いが、都会に比べれば結構田舎っぽいところ、結構気に入っている。
by katabami03 | 2016-06-24 20:13 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

復活しました。

大変ご心配をおかけいたしましたが、ようやく熱から解放されふつうの状態にもどったようです。

雅叙園から通しでご報告。

まずは『いけばな×百段階段』展、第7期。
改めて、今回はエントランスロビー、EVホール、「清方の間」を担当。

エントランスホール
d0117565_18474550.jpg


EVホール
d0117565_1849451.jpg


清方の間・仲谷理燿
d0117565_18503493.jpg


清方の間・西村理季
d0117565_18511466.jpg


大塚理司
d0117565_18513377.jpg


5月1日に搬出が終わり、翌2日に龍生派130周年の展覧会を拝見に渋谷に行く。

d0117565_18532642.jpg

d0117565_18533716.jpg
d0117565_18534528.jpg
d0117565_18535634.jpg

d0117565_18572569.jpg


プロジャクションマッピングなどを取り入れ、敷居が高いと思われているいけばなを身近なものにしている試みは評価されよう。

さてこの後、お昼を食べてから、搬出時に雅叙園に忘れてきた電動工具を取りに向かおうと思ったのだが、どうにも体がダルい。担当者に、後日引き取りに伺う旨電話して自宅に戻り、即布団にもぐり込む。その晩から熱が出だしたってわけだ。
翌日から38,5度~39,5度の熱が続き、5日目にようやく下がり始めた。
朝晩の微熱もなくなり、もう大丈夫だと思うが、いまだに体が自分のものでないような感じだ。
熱のある間はほとんど固形物を食べれなかった。体重は3キロ減。風呂で足を見たら、人間ってこんなにも急激に肉が落ちるものか、というくらい太もものあたりが痩せ細っている。
さあ、明日からリハビリだ。
by katabami03 | 2016-05-11 18:54 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

ああ、シンドい。

長らくの休止、ご不審に思われた方も多かろう。

2日の晩から発熱し、原因不明の高熱で何をする気にもならずただただ臥せっていた次第。
昨夜あたりから少し熱が下がり始め、ようやくパソコンに向かっている次第。

d0117565_17343112.jpg


そんなわけで、回復したらことの経緯をご報告させていただきます。
取り急ぎ。
by katabami03 | 2016-05-08 17:38 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

檜デビュー?

ここ数日、花粉症の症状がひどかった。
一週間か十日くらい前にスギ花粉はピークを過ぎ、あとは徐々に収束に向かうと聞いていたのでちょっと安心していた。それがいきなり来たので、何だどうしたとうろたえていたのだが、どうも檜花粉のピークになりつつあるようだ。
2,3年前に耳鼻科で調べてもらったときは檜に関してはそれほど過敏ではなかったので油断していた。
ああ、とうとう檜までもらってしまったようだ。

d0117565_2273091.jpg


甜茶、ヨーグルト、ヤクルト400等々、良いといわれるものはいろいろとやっているのだが、どれもイマイチ効いているとは言い難い。
稽古日や人に会うときなど、鼻水を垂らしているわけにはいかない時などには薬を服用している。
ひどい時はアレグラはあまり効果がない。以前に体中に発疹ができたときに処方してもらったアレルギー用の薬がたくさん残っているのでこれを時々飲む。この薬はよく効くのだがもうめちゃくちゃ眠くなる。
そんなこんなで、今は日々様子を見ながらだましだまし過ごしているような状態だ。

花粉症のベテラン(?)に言わせると、さまざまな花粉が一年中飛んでいるとのこと。だから一年中薬を飲んでいるそうだ。

杉檜はもうすぐ終わるが、今後ほかの花粉にも過敏になっていくのだけは何としても避けたいものだ。
by katabami03 | 2016-04-13 22:21 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

昔のまんまだ。

高校時代に入っていたワンダーフォーゲル部の1コ下のI君が某大手建設会社の社長に就任することになったそうだ。
この歳になると友人知人の中には結構偉くなる者もぽちぽち現れてくるが、大手ゼネコンの「社長」ってーのは初めてだ。
ってことで、親しい仲間内でお祝いを兼ねてOB会を開こうということになった。OB会といっても部活を共にした、I君の学年とその前後2学年までのミニOB会。
大半は高校以来の再会だったので最初はほとんど誰が誰やらわからなかった。けれども話をしているうちにいつのまにやらタイムスリップ。会は大いに盛り上がるのであった。

会が開かれた居酒屋の前の駐車場で記念撮影。このロケーション、なんだか妙にハマリだな。

d0117565_21395471.jpg


その後同期の5人で二次会。
d0117565_21415944.jpg


みんないいオッサンになったもんだ。
5人でまた山に行く約束をして散会した。
by katabami03 | 2016-03-16 21:44 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)

豊洲探訪記。

所用にて豊洲に行く。

日本全国、どこに行っても似たような無個性な街がうじゃうじゃ増殖している昨今。豊洲は未来都市的な様相を呈していた。

d0117565_2142107.jpg


このあたりはどこも人工島だが、不明にもいつ頃作られたのか定かでない。

d0117565_2140596.jpg


最近は築地の市場が移転することで少しばかり話題になっている。その流れで、以前には東京ガスの施設があったことなどをわずかに知るばかりだ。
実際に現地に行ってみると新しいビルなどが次々と建てられているといった様相だ。

d0117565_21354610.jpg

d0117565_21355640.jpg
d0117565_2136668.jpg


地下鉄の豊洲駅の真上にある交差点の近辺にはすこしごちゃっとした街並みが残るが・・・。

d0117565_2138058.jpg


目を転じると・・・。

d0117565_21413269.jpg


片側5車線、シンガポールのような光景!

d0117565_2144013.jpg


さすがにF-1はむりだろうけれど、ここでゼロヨンなんかやったら面白いだろうなあ・・・、でもそういう発想はないよね、このお国には。

歩道も広くて気持ちいい。なんてオシャレな歩道橋!

d0117565_2144368.jpg


ポッカリ空いた空間は風水かいな?

d0117565_21452041.jpg


高層マンションの住人もやっぱり土が恋しいのかな。

d0117565_21461466.jpg


ここまで来たのでお土産に月島で焼き豚を買って帰ろう。
地下鉄に乗れば一駅だが、お昼ごはんの腹ごなしを兼ねて歩くことにする。

工場などがあった名残? 今は使われていない鉄橋。

d0117565_2150513.jpg


月島は人工島とはいえ古い土地柄か、表通りから一歩裏に入ると昭和ノスタルジーむんむんの家並みがそこいらじゅうに残る。

d0117565_2152272.jpg
d0117565_21523845.jpg


さて、月島のお目当てはここだ。

d0117565_21532473.jpg

d0117565_2153579.jpg


名物の「焼き豚」と焼き豚のタレで煮込んだ「半熟煮卵」をお土産に月島を後にする。
by katabami03 | 2016-01-25 21:18 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

霜の華。

今朝は久しぶりに(?)キンと冷えた。
暖冬のおかげで寒い思いをせずに過ごせるのは有り難いのだが、我儘なもので、やはり冬はそれなりに寒くないとどうもピリッとしないなあと思っていた矢先だけに、「よ~し、来たか」ってな感じの朝。
昨日は少しばかり霙交じりの小雨模様だったので、確信をもって早めに家を出る。
最寄りのバス停ではなく、畑の間を抜けていく遠い方のバス停に向かう道の両脇は、どこもここも霜の華の博覧会のよう。

d0117565_2234537.jpg
d0117565_2235396.jpg
d0117565_224478.jpg
d0117565_2241478.jpg


お茶の葉や大根の葉も細工物のよう。

d0117565_2245190.jpg
d0117565_2245968.jpg


日が当たると消えてしまう儚い華々。

d0117565_2217101.jpg

d0117565_22115810.jpg


寒い朝、束の間の贈り物。
by katabami03 | 2016-01-13 22:12 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)