ガッデム!!!

ブログの編集の仕方が大幅に変わって分かりにくいことこの上ない。
行変えなどがうまくいかないので読みにくいことと思います。
慣れるまでもうしばらくかかると思います。しばしお許しを。


# by katabami03 | 2017-04-17 16:33 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

平々凡々、これに限る。

SNSを賑わせた桜の喧騒もようやく落ち着いた。街を見回せば芽吹きの新緑が何とも目に優しい。
d0117565_16103243.jpg
d0117565_16121935.jpg
今年は寒の戻りが何度もありほんとうに気を持たせた。某テレビ局のお天気担当者が「もうダウンをしまっても大丈夫です」と宣言してからも2,3度寒さが戻ってきた。あの人、そうとうバッシングを受けただろうなあと同情してしまう。
待ち焦がれた春だというのになにやら物騒な話が飛び交っている。冷静な対話が通じない人たちだけにモヤモヤは募るばかりだ。
せめて季節くらい何事もなく穏やかに推移してほしいものだ。
# by katabami03 | 2017-04-17 16:30 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

ウンザリだけどアップしま~す。(高崎物語64)

世は押しなべて桜、桜、桜。SNSを開けば桜だらけ。アップしているのはそれぞれとっておきの一枚なのだろうけれど、こうもてんこ盛りだと食傷気味。
・・・とはいうものの、やはり生で見る桜はいいもんだ。
付近にも国立駅前とか昭和記念公園とか、桜の名所があるのだが、実は我が家から徒歩1分のところに植木の畑(?)があって、桜が植えられてからかれこれ7,8年、ご近所一同、ここの桜で存分に花見をさせていただいている。ソメイヨシノをはじめ枝垂れ桜も多く、よって結構長い期間にわたって楽しませていただいている。

本日は高崎出張。毎年この時季には高崎のお城跡に立ち寄り、お堀端の桜を鑑賞して帰るのが恒例となっている。
満開の日に合わせていくわけではないので、年によって終わりかけていたりといろいろだが、ロケーションがよいのでそれなりに楽しめる。
今年は例年より遅いのが幸いして、まさに今日が盛りであった。

d0117565_18375697.jpg
d0117565_18374082.jpg
食傷気味の方には申し訳ないがご覧のような感じでした。先月の高崎市の花展で当会の飯野理江さんの作品が欠落していました。再掲いたします。
d0117565_18451303.jpg

# by katabami03 | 2017-04-09 18:45 | 高崎物語 | Comments(2)

春を呼ぶ花展。(高崎物語63)

3か月ぶりの高崎。風はまだ少しひんやりするものの、冬場にはくっきりと見える山々にも淡い霞がかかり春の訪れを感じさせる。

浅間山と谷川岳。
d0117565_14335320.jpg
d0117565_1434199.jpg


研究会を終えた後に高崎シティーギャラリーにて「高崎市華道協会いけばな展」を拝見する。

整然と生けられた生花や自由花には春の空気が横溢。

d0117565_14372734.jpg

d0117565_14373594.jpg
d0117565_14374315.jpg


かたばみ会会員、後期出品者の作品紹介。
群馬支部長・中島理慶
d0117565_14385279.jpg

飯塚理敏
d0117565_14434781.jpg

金子理政
d0117565_14442316.jpg

高橋理貞
d0117565_14444675.jpg

浦部理幸
d0117565_14452472.jpg

萩原理久美
d0117565_14461836.jpg

松原理清
d0117565_14464371.jpg

# by katabami03 | 2017-03-13 14:48 | 高崎物語 | Comments(2)

嗚呼、春よ。

昨年の暮れ頃からどうも体調がすぐれず、かといってぶっ倒れるほどのこともなくだましだましやってきたのだが、ここに来てピロリ菌、インフルエンザ、肝炎(の疑い)と、病のデパートと化している。
ピロリ菌は古流協会展の最中に投薬によって一段落。4月に再検査して除菌されていれば無罪放免。インフルは軽く済み、今は肝炎の疑いで3度血を抜かれた。幸い重篤ではないようで今は様子見。とはいえ6日後に造影剤をいれての再CTと血液検査。これで今後どうするかという事らしい。

春と秋は展覧会シーズンで多忙なのだが、これも幸いなことに今春は最低限の出品があと2回あるだけで体への負担はかなり軽減される。元気ならば久々のハッピースプリングなのだが世の中思ったように回ってはくれない。なんとも歯がゆい今日この頃。

少し前の話に立ち戻ってしまうが今年の『古流協会展』、諸般の事情で通常6日開催が4日に縮小されての開催となった。それににもかかわらず予想以上の観客動員数を得て無事終了。ご来駕いただいた皆様、あらためて有難うございました。


会期中はできる限り会場に行くようにしている。今年も一応全日会場に赴いた。
自宅からだと中央線山手線と乗り継いで有楽町駅から徒歩で松屋に向かう。
途中でプランタンのまえを通るのだが、ああ、そうか、プランタンは廃業したのだな。

d0117565_16585856.jpg


ここはできたての頃に数回足を運んだが、その後はついぞ中に入ることはなかった。
場所は有楽町駅と銀座通りとの中間で決して悪い環境ではないのだが、逆にやや中途半端な位置と受け取れなくもない。
できたての頃はフランスの香りを感じさせるような演出をしていたが所詮日本、なんか違うんだよなあ、という微妙なズレを感じたものだ。
デパートの外、通称マロニエ通り側の歩道にはこれもパリの古本屋を意識してのものらしき古本のワゴンが並べられていたが、全くの野ざらしで、とりわけ冬は終日陽の差さない環境ゆえ売り子の姿が痛々しく見えたものだ。
様々な営業努力はあったのだろうがついに来るべき日が来てしまったという事なのだろうか。

外壁には次に入る店の表示がドカッと掲げられている。
なるほどね、そういうことなのね。
全国一律どこに行っても同じような店がまた一軒増える、ということだ。
# by katabami03 | 2017-03-02 17:27 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(11)