うまくなりたい!

はたと気づけば一月も半分過ぎてしまった。
昨年の総括をしていなかったのであらためて反省することにしよう。

まずは新春第一弾、古流協会展。
d0117565_22361663.jpg
昨年の協会展は最悪だった。
前年の12月ころから体調不良で、何をするにも体が重く、気力体力共に絶不調。展覧会直前まで制作意欲がわかず、開催ギリギリになって球体を作り上げた。前年の秋口に確保しておいた松の古木を活用し、作品的にはどうにかまとめることが出来た。
会期後の検査で判明したのだが、体の不調は自己免疫性肝炎ということだった。肝腎かなめというが、気力がわかない状態というのは本当につらいものだ。お酒も注意しないとね。

3月には恒例の「いけばな協会展」。こちらでは毎年生花を生けることに決めている。
d0117565_12320376.jpg
牡丹籠(ボタンカゴ)に木瓜(ボケ)を生ける。
牡丹籠は大蔓籠とも呼ばれ、大きく弧を描いた蔓とその中に行けられたはなとの間合いが好ましい。春らしくあでやかに生けることが出来た。
この牡丹籠は大振りなのだが花席の大きさにぴったりのサイズなので、この花展ではたびたび使用している。

5月には日本いけばな芸術協会の創立50周年記念花展が開かれた。
d0117565_12513851.jpg
当初は生花を生ける予定で花屋に注文したところ、届いた花材を見ると枝振りが生花に向かないものだったので急遽自由花に変更。色彩的なインパクトを強調するために深紅の芍薬を入れたのだが、半分ほどは莟のまま会期終了、悲しかったなあ。
そもそも生花を生けるつもりだったわけだ。「花は足で生けろ」と言われる。自分で材料を見極めて切り出すのがベストだということのたとえだが、自分で足を運んで花材を見極めるなどこの忙しい時世になかなか出来ることではない。ついつい花屋任せにしてしまうが、ときにこういう結果になってしまう。これもまた大きな反省材料。

さて6月。10年来の懸案であった横浜バンカートでの展覧会が実現した。
(写真は後ほどアップします。)
この展覧会は仕掛け人として何が何でも開催して、やりきることを最大目標としていたために、自身の作品は二の次三の次。じっくりと構想を練るような状態ではなかったため過去の作品のバリエーションを作成した。
幸いにも出品者一同期待に応える佳作を発表、多大な反響を得ることが出来た。

自分の中では、昨年もっとも気力体力ともに充実して作品制作が出来た展覧会が「東北震災復興支援・つなげようはなのこころ」展だ。
d0117565_13164920.jpg
作品コンセプトはタイトルの「鎮魂譜ー2」そのまま、すなわち鎮魂。
「鎮魂譜」という作品を3年前の同展で発表していたため「ー2」となった次第。
ドームの中は彼岸と此岸の接点。祈りの場であり、かの震災を改めて心に刻み付ける場とした。
中に3つ設置した水盤の中はすべて赤バラがいいのではないかという意見を何人かの方からいただいた。諸々の意味でその方がインパクトはあるので私も当初迷ったのだが、大水盤は彼岸の情景ということであえて甘い花畑をつくった。対して赤バラは私にとっては生の象徴。来場者に散華していただくようにした。

さて11月、恒例の「いけばな×百段階段」展。
d0117565_13335496.jpg
昨年は春に50周年記念花展が開かれたので初めての秋開催。個人的な感想だが、どうもあそこの会場は秋の方が向いているような印象を受けた。
事務局からロビーとエレベーター前も依頼されたのだが、あそこをやるとどうしても部屋の方が手薄になるし、二年連続はやはりキツイ。おかげで部屋の作品に集中できた。

まあざっくりと振り返ってみるとどの作品も至らぬ点多々。しかし不完全であるがゆえにこの仕事を続けていけるのだとも思う。
さて、今年の計画ももうすでに始まっている。幸いにも体調はまずまずだ。
いけばな、もっともっとうまくなりたい。手抜きをせずにフルスロットルで行こう。





# by katabami03 | 2018-01-16 13:48 | いけばな | Comments(3)

新春。

新年明けましておめでとうございます。

元旦の記憶といえば大概は旅先にいた。
10代後半から30歳くらいまでは山かスキー場でお正月を迎えるのが恒例。その後はつい数年前までカミさんの実家かスキー場にいるのがいつものことだった。つまりはおよそ40年、自分の家でお正月を迎えることがなかったわけだ。ところがここ数年、自宅で元旦を迎えている。
じつは昨年末も、大晦日から一泊で近場の山にでも行ってご来光を拝もうかという思いが頭をよぎった。まあそれも可能ではあったのだが、お正月には家を離れた子供たちが帰ってくるという。めったの会えないくらい遠くに住んでいるわけでもないし、何をいまさらという感もないわけではないが、やはりお正月というのは普段とは別の、いわば一年のけじめみたいなものではある。
考えてみれば今の地に住み着いて20数年、私自身にとってはたまたま縁あってここにいるわけだが、子供たちにしてみればここが故郷でありホームベースなのだ。そこに帰ってくるわけだから、まあお正月くらいは付き合ってやるのも悪くはなかろ・・・というわけだ。

で、全員集合の大晦日はダラダラと飲んで食べて、テレビで格闘技や紅白やおバカ番組を見て、ゆく年くる年を見るころには酔眼朦朧。皆より先におやすみなさい。
元旦はお約束通り昼まで布団の中。午後に長男夫婦を嫁さんの実家に送り届け、その後は特に興味もないテレビ番組をダラダラ見ながらチビ飲みチビ飲みしているうちに一日がおわってしまった。
昨日は朝から駅伝とラグビーのテレビ観戦。箱根駅伝は相変らずアチラさんが本命だし、ラグビーは二試合とも母校が出ていないし、なんだか盛り上がりに欠けるまま半日が終わる。初詣に行く予定が二転三転、この日も結局自宅でダラダラと過ごして終わった。

本日は正月三日目にして初詣に行く。
若いころは年明け早々に明治神宮やら鎌倉の八幡宮やらに遠征したものだが、最近はもっぱら近くの氏神様、小平神明宮さんにお参りしている。
d0117565_21223043.jpg
d0117565_21232128.jpg
特に信仰する宗教もない身だが、新年の初詣はなんとなく恒例の行事になっている。
年が明けたとて、昨日今日、今日明日、何一つ変わることがあるわけではないのだが、前述のように一年のけじめとして気持ちを新たにすることは悪いことではなかろう。

さすがに三日目の夕方ともなると並ぶ人も少なく、ゆっくりお参りすることができた。
毎年楽しみにしている振る舞いの甘酒が終わっていたのが残念だった。




# by katabami03 | 2018-01-03 21:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)

檜山君。

遅ればせながら、メリークリスマス!

檜山悠君が主宰するコンサートに行ってきた。

檜山君とは今春に三男のパソコンを買いにPCデポに行った時に知り合った。
たまたま彼が担当で、色々と説明を受けている時はパソコン好きの学生かフリーターがアルバイトをしているのかな、くらいに思っていた。
で、機種が決まって手続きをしている間、雑談のなかで彼が声楽をしているということを知った。ならば何かの発表の折には連絡いただきたい旨伝えて名刺を渡しておいた。
その後何度か連絡をいただいたがあいにく都合がつかず聴きに行けなかった。
先日ようやく時間が合い、初めて彼の肉声を聴くことができた。

その日の演目は、クリスマスが近いということでバッハのオラトリオという楽曲だった。
d0117565_17143925.jpg
クラッシックは好んで聴くことはないので、恥ずかしながらオラトリオというものがあることを初めて知った。
以下、檜山君の説明によると、オラトリオというのは物語を歌で語っていくもので、芝居のないオペラのようなものだとのこと。
この、バッハのオラトリオは、ドイツではキリストの降誕祭の前、7日間にわたって毎晩30分くらいづつ演じられるそうで、全曲通しでやると4時間近くかかる楽曲だそうだ。
今回はキリスト誕生の際の物語を、朗読をまじえて前後編合わせて1時間半ほどの短縮版を聴かせていただいた。
d0117565_17274376.jpg
これも檜山君の受け売りだが、バッハは生涯のうちにおよそ1000曲の作品を書いているが、このような楽曲を約200曲かいているそうだ。
最近亡くなられた阿久悠さんがかなりの曲を書かれていたことに驚愕したが、その比ではないな。まあバッハと阿久悠とを単純に比較はできないけれど、やはり天才と呼ぶにふさわしい作曲家だったのだなあ。
私が知っているバッハの宗教曲というと、波状攻撃のように押し寄せてくる圧倒的な音の波に飲み込まれて、ましてやあのバロック建築の教会の中にでもいようものならキリスト者ならずとも「おお、神よ!」とひれ伏してしまいそうな威厳のあるものだが、今回演じられたものは、一部にそのような凄味を感じたものの、総じて聴き易いものだった。バッハの曲の中ではややエンタメ系なのかもしれない。
ともあれ、普段はブラックミュージックばかり聞いている身にとって、少しばかり気が引き締まるひと時だった。

おまけ
毎回、その日の曲に合わせて様々なものを展示してくれているそうで、今回はバッハの家系図。ずいぶんきちんとしたものが残されているものだと感心する。当の大バッハは左から6列目の下の方にいるとのこと。写りが悪くてすみません。
d0117565_17442232.jpg


# by katabami03 | 2017-12-25 17:49 | 音楽又はブルーズ | Comments(0)

力持ち。

過日「イケバナインターナショナルフェア2017」という催事があった。一日限りの催しだが、毎年藷流派の家元による花展が開催される。
今年は水仙の古典生花を生けた。
d0117565_21180848.jpg
d0117565_21175944.jpg
花展終了後は家に持ち帰ってその後を楽しんでいる。
我が家にもとりあえず床の間風の一角はあるのだが、そこには本棚が鎮座しているため居間に飾る。なんだか混沌の世界。
d0117565_21221551.jpg
さらに数日が過ぎ一部の葉が黄ばみ始めたが、花は相変らず良く水が揚がっている。
よく見ると、家に持ち帰ってから咲いた花々が上から被せた葉を持ち上げている。
d0117565_21283055.jpg

d0117565_21282139.jpg

古流生花では、水仙を生ける際に様々な手間をかけて成形して独自の様式美を表現する。
その際に、すでに咲いている花を組み込むとどうしても垂れ下がった感じになってしまうので、余分な花を切りおとしたり、花を葉の上に乗せたりと、あれこれ腐心する。
昨日アップした写真(本当はお見せしたくないのだが)、全体の花姿を整える前の状態なので、花が下に垂れている状態が見て取れよう。かような状態でも2,3日して水がしっかり揚がると花は上を向いてくれる。
枯れる直前であるにもかかわらず、何と気高く凛々しい姿であろう。









# by katabami03 | 2017-12-11 21:47 | 展覧会・イベント | Comments(4)

じわじわと暮近づく。(高崎物語66)

今朝は寒かったが高崎に着くと素晴らしい青空が広がっていた。
 毎年のことながら冬は上州の山々がくっきりと見渡せて心地よい。
今年は雪が早く、谷川岳はもとより、浅間山もすっかり雪化粧。
d0117565_17531047.jpg
d0117565_17532340.jpg
今日は支部の研究会で水仙の講義と実演を行った。
d0117565_17555058.jpg
d0117565_17560375.jpg
水仙の基本となる3本を生け、参加者各々が実際に生け始めてから、空株(カラカブ=花を入れない株)を2本加えた。
d0117565_17561359.jpg
久しぶりに参加される方もいて懐かしく楽しい時間を過ごせた。参加された方々もそれぞれ充実した時間を持てたことだろう。

d0117565_18083455.jpg
駅ではダルマがクリスマスモード。
暮が近づいている。



# by katabami03 | 2017-12-10 18:05 | 高崎物語 | Comments(0)