これはすごいぞ!

『新いけばな主義』展の搬入が始まった。
ここBankART Studio は駐車スペースが限られているために、今回出品者27名を捌くには事前に決めたタイムテーブルに従って行わなくてはならない。(搬入時間決めも大変だったのよ~~ん)
今日のスタートは午前8時から。私が8時に着いた時にはもうすでに3組の出品者が入館待ちをしていた。
9時を過ぎるころから風雨が強まり10時ころには横殴りの雨。それにもめげず黙々と荷物を運ぶ姿に、手伝いのものを含めた出品者の並々ならぬ意気込みを感じる。
d0117565_21581965.jpg
d0117565_21583449.jpg
d0117565_21585738.jpg
d0117565_21591330.jpg
d0117565_21592771.jpg
1人当たりのスペースがかなり広いのだが、それすらも足りないとばかりのボリューム感のある作品や、天井高を活用した作品など、今日搬入、制作に取り掛かったのは半数ほどにもかかわらずどれもこれも目を見張る力作ばかり。
これは私達実行委員が当初予想した以上のお化け展覧会になりそうな予感。
思わず「いけばな、なめるな!」なんて言いたくなる。



# by katabami03 | 2017-06-21 22:06 | 展覧会・イベント | Comments(4)

いざ、決戦場へ。

横浜BankARTでの『新いけばな主義』展の搬入がいよいよ明日に迫った。
搬入の一番手は明日の朝8時から会場に来るので、その時間にはバンカートにいなければならない。
我が家からだと6:30には家を出なければならない。というわけで今日は横浜に前泊。
決戦前夜のディナーがコレだ。
d0117565_20445047.jpg
東京以外の土地での展覧会の時にはこんな感じの生活をたびたびしてきた。
わびしいと思われる方もいると思うが、これが結構楽しいんだな。

さあ、あすから戦闘開始、まずはしっかり食べて。



# by katabami03 | 2017-06-20 20:53 | 展覧会・イベント | Comments(0)

告知。

24日から始まる『新いけばな主義』展。
3年越しの計画がいよいよ始まる。当初は「Fの会」主導での開催を企て、会合で提案したのだが賛同者は皆無。思えば皆それぞれのポジションで活躍しているので、これ以上仕事が増えるのを避けたかったのだろう。わずかに今回の実行委員をお引き受けくださっている日向洋一先生が賛同してくださるばかりだった。
当初はグループ展程度のものを考えていたが、やってくれそうな2,3人に声をかけたところ、あれよあれよという間に今回の規模に膨れ上がったという次第。
いわゆる「現代いけばな」という、極めて個人的な表現行為としてのいけばなの大規模な展覧会は1999年に「Fの会」が企画し、横浜の新都市ホールで開催されたものを最後に、実に17年もの間開かれなかった。
若い世代は「現代いけばな」という言葉すらなじみがない現状だが、私たち世代の怠慢でこれを終わりにしてならない。そして、伝統的ないけばなばかりではないいけばなの多様性や可能性を提示し、次世代につなげていく必要性と責任を感じている。
幸いにも今回の企画に少なからぬ若手の華道家やフラワーアーティストが賛同、参加してくださる。これで私の肩の荷も少しは軽くなりそうだ。
ご来駕ご高覧、お待ちしております。

d0117565_18422408.jpg
d0117565_18424196.jpg

# by katabami03 | 2017-06-15 18:43 | 展覧会・イベント | Comments(0)

仕切り直しで。

というわけで再チャレンジ。

5月は連休だの花展だのであたふたしているうちに、あっという間に過ぎてしまった。まあ華道界では春秋は展覧会シーズンでこの季節にぼ~っとしていると一年中ぼ~っとしていることになっちゃう。
5月の花展から。

ゴールデンウイーク後半に2件の花展。
まずは古流協会のお仲間、華耀会の社中展。

d0117565_21184101.jpg
d0117565_21193615.jpg
家元、石塚理燿先生と会長、北原理満先生の生花置き合わせ。
d0117565_21221170.jpg
続いて松慶会社中展から。
d0117565_21241620.jpg
d0117565_21245722.jpg
家元、荒井理松先生作。
d0117565_21261172.jpg
連休明けからは「日本いけばな芸術展」今年は日本いけばな芸術協会ができてから50年の節目とあって、出品流派はみな気合が入っていた。
入場者数は最終的には6万5千人近く入ったそうだ。

日本橋高島屋1階入り口正面に飾られた池坊の巨大な立華。
d0117565_21494595.jpg
当会からも私を含めて4名出品。

大門理正
d0117565_21280152.jpg
仲谷理燿
d0117565_21283880.jpg
山本理京
d0117565_21291894.jpg
拙作
d0117565_21294486.jpg

華道界では池坊、草月、小原の三つの大流を「三流」と称している。一流二流三流の三流ではなく、単純に三つの流派ということで三流と言っているわけだ。
この三流が入っていない最も大きな団体に「帝国華道院」という団体がある。歴史的にも古く、毎年秋に意欲的な展覧会を開催している。
この華道院の有志が「花道アーチスト協会展」という展覧会を今の時期に開催している。そちらの花展から。
d0117565_21370419.jpg
d0117565_21375825.jpg
d0117565_21382172.jpg
d0117565_21384263.jpg
同じ時期に松屋銀座ではマミフラワーの展覧会。
d0117565_21463521.jpg
毎回趣向を凝らした会場設定で楽しませてくれる展覧会。今年はピンク、黄、白、緑のコーナーに分けて、マミフラワーの指導者の先生方が意欲作を発表。
d0117565_21435944.jpg
d0117565_21441076.jpg
d0117565_21442203.jpg
d0117565_21443661.jpg
d0117565_21444801.jpg
d0117565_21450166.jpg
川崎マミ先生と川崎恵太先生の作品。
d0117565_21423686.jpg
d0117565_21425633.jpg
月末には日本橋三越で池坊の展覧会が開催された。

まずは家元三代の作品。
d0117565_21532832.jpg
d0117565_21534295.jpg
d0117565_21535485.jpg
緻密に生け込まれた立華は圧巻。
d0117565_21551105.jpg
d0117565_21555403.jpg
d0117565_21554358.jpg
d0117565_21553132.jpg
d0117565_21560953.jpg
池坊の自由花は軽やかさが身上。
d0117565_21573768.jpg
d0117565_21574878.jpg
話題の映画「花戦さ」は池坊専好が主役の物語とあって、池坊が全面協力。会場内では映画のPVまで流されていた。

さて6月だ。
相変らず花展はそこここで催されているが、月末には何といっても私たちの数年来の念願だった展覧会が開催される。
さあ、気合入れていくぞっ!



# by katabami03 | 2017-06-02 19:03 | 展覧会・イベント | Comments(4)

やっちまったあ~!

もう立ち直れないよ~。
5月に見てきた展覧会をアップしようと思い、写真もいっぱい載せていよいよおしまいのおしまいの所で、キーボードのどこかを触ってすべてがパー。
これ、ブログを書き始めたころによくやったのだけれど、最近はなかったので迂闊だった。
もうダメ、後日書き直します。

あ~あ。



# by katabami03 | 2017-06-01 22:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)