バスは定刻に来ない。

国立駅北口、白線に囲まれた中央分離帯がある。

この白線内のエリアは送迎の車の恰好の停車場だった。
2,3年前にこの部分が可倒式のポールで囲われた。
それ以来、朝の通勤時間帯、特に雨の日は送迎の自家用車で駅前は大混雑。
歩道側はバス停になっているため、自家用車はバス停と中央分離帯の間に車を止めなければならないため、駅前周辺は大混雑となり、周辺の道路もその影響で渋滞必至。
・・・で、バスのダイヤはめちゃくちゃとなる。

今日見たらポールに代わって、赤白模様のコーンになっていた。
d0117565_217773.jpg

はてさて、この次はどうなるのだろうか?
行政側もいろいろと苦慮しているのだろうけれども、どーも裏目に出ている感じ。
できれば何もせずに余分なものは全て撤去して、もとの姿に戻していただけるのが一番いいのだけれど。
by katabami03 | 2009-01-18 21:16 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< ウォーターフロントにはこんなも... もうやめようかと思っていたのだけど。 >>