高崎物語(15)

秋らしい爽やかな一日だった。
空気もだいぶ澄んできた。

高崎線に乗って北上すると左手に奥武蔵、奥多摩の山々が望まれ、さらに進むと秩父の山々、そして高崎に近づくと妙義、榛名、赤城と上州を代表する名山が近づいてくる。また、冬の晴れた日には右手(東)のはるか先に、雪を頂いた日光の男体山や那須の連山も望まれる。
まことに山好きにとっては見飽きることのない光景が展開される。

高崎市内の陸橋の上から近くの山をウォッチング。

先ずは正面、榛名山。
いくつも頂きがあって、もちろん主峰というのもあるのだろうけれども、全山をひっくるめて榛名山と呼んだほうが似つかわしい山容だ。
d0117565_2131042.jpg

コチラは高崎から見ると南西の方角。
かつて日航機が墜落した御巣鷹山がある近辺といえば分りやすいか・・奥秩父に連なる山塊。
d0117565_2136575.jpg

名峰、赤城と妙義は建物が邪魔でどうにも写しきれなかった。

さらに奥の山々も視認した。

中央のうっすらと見える山は上越国境、谷川岳あたり。
d0117565_2141740.jpg

碓氷峠の向こう側、浅間山も確認。
d0117565_21422391.jpg

谷川岳、浅間山共に、冬のよく晴れた日、運がよければ純白の、まばゆいばかりに神々しい姿を見せてくれる。
これからの季節、高崎行の楽しみの一つだ。
by katabami03 | 2008-10-12 21:52 | 高崎物語 | Comments(4)
Commented by 風うたい at 2008-10-13 00:49 x
わぁ、嬉しい。山脈の教科書ができました☆
私の保存版にします。
Commented by risi@いけばな at 2008-10-13 07:27 x
>風うたいさん
冬になるともっと鮮明に見えるようになると思います。。
キレイな写真が撮れたら再アップいたしますのでお楽しみに。
Commented by いとへん at 2008-10-13 19:10 x
榛名山、主峰ではなく横のなんと言ったか名前は忘れてしまいましたが登りました。岩が多く、小さな子供には無理かもしれませんが、小学校高学年以上からなら登れるでしょう。まるで宮崎映画の千と千尋のようななんとも言えない空間があります。浅間山も真っ白になると美しくてしびれますねー☆
Commented by katabami03 at 2008-10-13 22:31
>いとへんさん
へ~ぇ、そうなんだ。榛名山にはそんな面白そうなところがあるんだ。
機会があったら行ってみたいですね。
純白の浅間、ホントしびれる。それと降り始めて間もない頃の、全山雪が筋状に見える姿。見飽きることの無い光景です。
<< ありゃりゃ。(リシノメ37) 花展をハシゴ。 >>