レーシングカー作っちゃった。

末息子と車を作る。

材料:ダンボール、竹串、ストロー、酒蓋、ガムテープ、セロテープ

最初は輪ゴムを動力にしたものを考えたが、構造を考えているうちに面倒くさくなって、まぁ動けばいいや、ということでこんなん出来ました。
d0117565_22195023.jpg

手前が息子作、子どもが作ったにしてはイイ出来だ。後ろの羽などホントよく出来ている。
拙作。
d0117565_22212970.jpg

上の子供達が小学生の頃「ミニ4駆」というのがはやったことがあった。何となくその頃目にしたレーシングカーのイメージで作ってみたが、これが結構よく走る。
なんたって前輪は越後湯沢の銘酒「白瀧」、後輪はこれまた奥多摩の銘酒「沢の井」。

子どもの頃から「図工」は好きだったね。
「図画・工作」、どちらかと言うと「工作」のほうがより好きだった。けれども中学のときの「技術・家庭」の「技術」の授業というのはイマイチだった。きっちりミリ単位まで定規で計って、というのがどーも性に合わなかったみたい。
思えばず~っとそういうアバウトな人生を送ってきたわけだ。

それにしてもこの工作は面白かった。
今度はゴム動力に挑戦してみようと思う。
by katabami03 | 2008-09-07 22:45 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(8)
Commented by 日本橋うさぎ at 2008-09-08 00:53 x
白瀧 澤乃井。
イカしたホイールです!!!(笑)。
Commented by 風うたい at 2008-09-08 01:56 x
段ボール、こんなに楽しく変身して。
ホイールもなかなかの味。
ゴム動力も期待できそうですね。
TAKUMI号との競争は、さてどちらが勝つか?

Commented by ジョー at 2008-09-08 05:30 x
この粋なタイヤでドリフトしているところを見てみたいです!
Commented by ぶーすけ at 2008-09-08 06:20 x
TAKUMI号は全輪、澤乃井ホイールですね

このホイールの為に何本か・・・・・(笑)
Commented by risi@いけばな at 2008-09-08 14:14 x
>うさぎさん
今度は「天狗舞」と「美少年」でいこうかと思っています。

>風うたいさん
簡単に作れてなお且つ奥深い。なるほど、日比野克彦くんがハマッているわけだ。

>ジョーさん
どっちかっつーと「千鳥足走法」ですな。

>ぶーすけさん
お、なかなか鋭い観察眼。
新作を作るためにせっせと飲まなければ。

そうでした、沢の井ではなくて澤乃井ですよね。さすが!
Commented by 風うたい at 2008-09-08 15:20 x
日比野克彦さん、面白いですねぇ。
先日金沢の21世紀美術館で堪能してきました。
段ボールでつくった舞台、毛糸を通した人の顔、
変幻自在ですね。
Commented by いとへん at 2008-09-08 17:40 x
こんにちは。わーすごいですねー レーシングカー!私は子供の頃は図工が苦手で夏休みの宿題、課題は8月の末になると父が作ってくれたものでした(汗) 先だっての小原流の華展もみてみたいものです、御年82歳の情熱、頭がさがります。ここナントでも小原流で活躍されているフランス人もおられます。
Commented by rusi@いけばな at 2008-09-08 21:59 x
>風うたいさん
まぁ何といったって芸大教授ですもんねえ。でもダンボールの作品はどう見たって遊びの延長って感じですよね。

>いとへんさん
以前ワインを飲んだあとのコルク栓をためていたことがありました。中には絵柄がついているのもあったりして、あれを材料にして何か作ろうと思っていたのですが、結局何もせぬ内に処分してしまいました。素材としては魅力的なんですけどねえ。
最近の安ワインは、こちらでは味も素っ気もないキャップだったりゴム栓だったりしています。そちらではそんなことはないんでしょうねえ。
<< 何と美味しそうな葉っぱ。 来週は北海道で。 >>