小原流、多摩美とてんこもり。

というわけで朝一、青山の小原流会館へ「マイ・イケバナ2008」を拝見に。

1Fロビー左手に五世家元・小原宏貴さんの作品。
d0117565_2233547.jpg

コンセプトはよくわからないけれど、こういうことが出来るっていうのは若さですよね。

右手には招待作家・辻綾子さん。
この人はマイイケで何度も賞を取っているので、いろいろ見てきたが、今回のはインパクトも強く、かつ完成度も高い。
d0117565_22375160.jpg

この作品は小さな帆立貝の貝殻で出来ている。気の遠くなるような仕事だ。
d0117565_22395527.jpg

2F展示風景。
d0117565_22404029.jpg
d0117565_22411489.jpg

迫力ある球体の作品は工藤亜美さん。
d0117565_2243175.jpg

岩田佳川さん、インパクトありますね。
d0117565_2245373.jpg

2Fで目に付いた作品をいくつか・・。
d0117565_22464533.jpg
d0117565_2247410.jpg

d0117565_22491949.jpg

d0117565_22494787.jpg

古い友人、川上裕之君も頑張っている。
d0117565_2251165.jpg

続いて3F。
d0117565_22525671.jpg

こんな面白い作品も。
d0117565_22533050.jpg

展示する場所の大きさが決まっているので、似た傾向の作品が出てきてしまうのはいたしかたないが、なかにはこんな軽みのある作品も。
d0117565_22581267.jpg

3F,もう片側の会場。
d0117565_22591643.jpg

電気仕掛けの作品。面白く且つキレイ。
d0117565_2301874.jpg

d0117565_2313126.jpg

繊細な作品。
d0117565_231064.jpg

一際軽やかな作品。誰かと思ったら伊藤庭花さんでした。
d0117565_233461.jpg

紹介し切れなかったけれど、原明子さんや山室和嘉子さん森重幽花さん重田仁子さんなどそうそうたる先生方が出品されていて、見ごたえの有る展覧会だった。

教室に戻って研究会をやっつけ、午後3時過ぎ、大急ぎで八王子の多摩美へ行く。
長男の小学校の時の友達が今春多摩美の環境ナントカ学科にはいったのだけど、今日まで屋外で竹のインスタレーションを展示しているとのこと。
d0117565_23142743.jpg

d0117565_231516.jpg

多摩美は始めて行ったが何とすばらしい環境なんだろう。こんなところで学べるって、羨ましい限りだ。
ゆるやかな坂を上っていくとかっこいい建物が・・。
この建物は図書館だそうです。
d0117565_231768.jpg
d0117565_23173597.jpg

竹のインスタレーション、荒削りな面もあるが、どれも若さあふれ楽しめた。
d0117565_23195419.jpg
d0117565_23201072.jpg
d0117565_23202767.jpg
d0117565_2320481.jpg
d0117565_2321350.jpg
d0117565_23211557.jpg

d0117565_23242177.jpg

竹以外でもそこここに面白い作品が展示されている。
d0117565_2323111.jpg
d0117565_23234333.jpg


時間がなくて屋内の作品を見ることが出来ず残念。
長い一日だった。
by katabami03 | 2008-07-20 23:31 | 展覧会・イベント | Comments(4)
Commented by おけい at 2008-07-21 10:57 x
今日もたま色んな作品の紹介ありがとうございました。
すごい発想の作品ばかりで驚きました!!

まだ修行がたりない私は時々作品のよさがわからない事が
あるんです^^;
以前に流派の青年部のイベントで公園に参加者全員で大きな
作品を作ったことがあります。
達成感はあったのですが・・・作った自分も作品の良さがあまり
わかりませんでした^^;
まだまだです。。。
Commented by 風うたい at 2008-07-21 11:06 x
竹をつかったオブジェの面白さ。
色んな発想があるんですねぇ。貝殻、思わず見惚れてしまいました!
Commented by LABO 雲 at 2008-07-21 15:43 x
凝縮されたヴェテランのエネルギーと、未来に輝く情熱との対比が心地よいです。いけばなの可能性を若い世代にゆだねたいですね。
Commented by risi@いけばな at 2008-07-21 19:41 x
>おけいさん
いけばな作品に限らず、美術って頭で理解するようなものではないと思います。
私の場合、まず好きか嫌いか、面白いか面白くないか、それが全ての出発点です。
わかる、わからない、というよりももっと自由に好き勝手に、わがままに感じるまま、思いつくままに見ていいんですよ。

>風うたいさん
竹はわたしも随分使ってきたのですが、若者ののびのびとした作品を見ていると、このおっさんのは最近ヒネてきているなあ。一度原点に立ち戻らねば、と深く反省するのでした。
貝殻・これは私には絶対できません。執念、業、あんまり見ているとすご過ぎて憂鬱になります。

>T先生
仰るとおり。
いいなあと思うと知っている人だったりして、それはそれでいいんですけど、もっとベテランを脅かすような新人、若手がどんどん出てきてほしいもんです。
<< 免罪符? なんかヘンな家がありました。(... >>