何が彼らをそうさせたのか?

日本テレビ開局55周年記念番組、というのを見てしまった。

第二次大戦中オーストラリアの捕虜収容所で実際に起こった事件を題材にした話。
脱走の可能性がほとんどない中で、死を覚悟の上行われた暴動を描いたもの。TVドラマとしては力作であろうし、歴史的な考証としてもそれなりに価値があるとは思うが、多分に情緒的で、何よりも「何が彼らをそうさせたのか」ということがほとんど語られていない。そこに物足りなさ、底の浅さを感じてしまった。それ以上を求めるのは酷というものか。今のTVドラマの限界なのだろう。

そんなわけで今日行った美術館の話、明日upします。

おやすみなさい。
by katabami03 | 2008-07-08 23:42 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 英国の現代美術、意外とマトモに驚く。 梅雨時の花・・その3 >>