どうなる、キリン堂薬局。(リシノメ29)

池袋東口五差路に面して、ビルの谷間、そこだけポッカリと時代から取り残されたかのように、かろうじて建っているような薬局、それが「キリン堂」だ。
最近(昨年くらいから?)店が開いていないので気になっている。
d0117565_2049132.jpg

店内はわずか2,3坪の店だが、ここには時々お世話になっていた。
一番助かったのは硫酸。若い女の子にかけたりする為ではありません。陶芸で必要なのです。
陶芸→硫酸??と思われるでしょう。その話は別の機会ということで・・。
昨今の大きなドラッグストアでは劇薬指定のものなど扱っていないんですよね。で、キリン堂。あと、若い頃は二日酔いの日に度々お世話になった。キリン堂スペシャル=ドリンク1本と散薬2包、お代はワンコインの500円。これはわりとよく効いたなあ。
5,6年位前までは、白衣を着たおばあちゃんが店を切り盛りしていたが、1年くらい前に行ったときは、店には5,60代のおばさんしかいなかったので、消息を尋ねたら、「毎日元気に歩いている」とのことだった。

この一軒をのぞいて、表通り沿いは全てビルになってしまった。
キリン堂から写真で見ると右手、護国寺の方に少し行ったところに、昔「人生座」という映画館があった。
多少なりとも映画好きを自認する人なら誰でも知っている「文芸座」とともに、小説家の三角寛が経営していた、いわゆる名画座だ。
人生座はもう4,50年前に廃館してしまったが、文芸座の方は、というと・・。

現在の文芸座の姿。
d0117565_21101856.jpg

元あったところはご覧のようなパチンコ屋になっていて、映画館の入り口は左手。
d0117565_21365693.jpg

以前の建物は正面の壁面にギリシャ彫刻の女神像(自由の女神みたい)のようなレリーフが施してあったなあ。
文芸座は10年くらい前に一度廃館になったが、5,6年前に「新文芸座」として再スタートした。表の掲示を見ると、おやまあ昔とあんまり変わっていないじゃあないですか。特集は香川京子さん。次回上映予定は「アメリカン・ギャングスター」と「アイム・ア・レジェンド」ナンと2本立てで1300円はやっぱり安ッ!
d0117565_2136164.jpg

最近は近所のシネコンしか行かなくなってしまったが、・・なつかしいなあ。
初めて入ったのは高校生の頃、料金は100円か150円だったと思う。その後少しづつ値上がりしていった。一番よく行ったのは300円くらいの頃だ。
「行ってきます」と家を出て、学校行かずにここに来たことも何度かあった。ジェームス・ディーンや黒澤明の特集を見たのもここ。時々5本立てオールナイトなんてえのも見たものだ。3本目、4本目くらいになるともうストーリーや役者がごっちゃになって、でもあれはあれで面白かった。
risi、遠い遠い青春の一こま。
by katabami03 | 2008-04-28 21:55 | リシノメ | Comments(6)
Commented by 大江戸時夫 at 2008-04-29 00:02 x
ふふふ、正しくは「文芸座」ではなく、「文芸坐」なのです(人生坐もそう)! 何かこだわりがあったように記憶しますが、詳しくは忘れてしまいました。 小生は新しくなってからも2度行きました。 でも、あの3階席まであった大きな空間が懐かしい。正面の色あせたブルーの壁面に女神のレリーフが懐かしい。そして、邦画専門の文芸地下、演劇やオフシアター上映のル・ピリエなんかも、かなり通ったもんです。
Commented by risi@いけばな at 2008-04-29 08:46 x
おお、さすが大江戸先生、たしかにそんな感じでしたねえ。
そうそう、地下が邦画で一階が洋画専門でした。昔の、ちょっと堅めで普通の劇場より少し狭いシート。
ル・ピリエ、ありましたねえ。これでもかっ、つーくらい小っせー劇場。あそこでカルメン・マキ観たですよ。
あと、「キネマ旬報」のバックナンバーとか置いてる狭ーい店も。
risi、頭が走馬灯でグルグルでやす。
Commented by 風うたい at 2016-07-19 12:49 x
「文芸坐」ピリエ、地下の暗くて狭い一角でしたね。「戦艦ポチョムキン」など観たような記憶が…。ヴェトナム戦争最中のころ、実写なども。
カルメン・マキさん、独特の雰囲気でしたね。
遠い記憶の断片、寄せ集めています(笑)
Commented by 風うたい at 2016-07-19 12:49 x
「文芸坐」ピリエ、地下の暗くて狭い一角でしたね。「戦艦ポチョムキン」など観たような記憶が…。ヴェトナム戦争最中のころ、実写なども。
カルメン・マキさん、独特の雰囲気でしたね。
遠い記憶の断片、寄せ集めています(笑)
Commented by 風うたい at 2016-07-19 12:58 x
なぜか、同じコメントを二つも送ってしまい失礼しました。「文芸坐」では「メキシコ万歳」なども上映したのでは? エイゼンシュタイン監督のモノクロ映画、面白かったです。
Commented by katabami03 at 2016-07-20 10:03
>風うたいさん
16~25歳くらいまでの間によく通ってました。
洋画邦画ジャンルを問わず、暇なときには何でも観ていました。
オールナイトの5本立てなんていうのも懐かしいです。
<< 待ちに待ったこの日。 えらい葉っぱ。 >>