やっぱりやめらんねェ。

スキーの指導員研修会に行って来ました。楽しかったなあ。

指導員研修会は全日本スキー連盟(SAJ)のそのシーズンの指導方針や技術を末端の指導者に伝達する為の講習会で、二年に一度の出席が義務づけられている。
最近はめっきり滑走日数が減った。学生の時には30日前後、最多で40日くらいだったかなあ。仕事を始めてからでも、多い年には20日くらい。これ、かつての1シーズンの滑走日数。
ここ数年は一桁、というか片手、今年は日帰り2回と研修会2日で合計4日。
こんな状態なのでこの講習会、面倒ではあるが、まあ有難くもある。

今回の会場は志賀高原の「熊の湯」。ここはひときは懐かしい場所だ。
始めてきた時は16歳、まだ高校1年の時の冬休みだった。山仲間のM君と二人で夜行電車に乗り、バスに揺られて登ってきたものだ。

笠岳を望む。
d0117565_2225183.jpg

講習初日は雪。アオモリトドマツやダケカンバに降り積もる雪がとてもきれいだったのだが、カメラを持参しなかったので写真を撮らずじまい。残念。
研修会は年齢別に班分けされるので、長いことやっていると知り合いが何人も出来てくる。
「やあ、久しぶり」とか「まだやってます」なんて挨拶が交わされる。休憩時間は「最近膝が」とか腰が、肩が、なんて話がひとしきり。そのうち、「いやいや、わたしの場合はそんなもんじゃなくて・・」なんてヘンな病気自慢、怪我自慢で盛り上がったりする。
頭薄かったり、白かったり。おなか出てたり。そんなおっさん、おばちゃんたちだけど、ひとたび雪上に出れば、「オレが一番!」みたいな感じ。永遠のスキー小僧、スキーギャル。
みんな華があるんだよねえ。やっぱりやめらんねえなあ。

閉会式。
d0117565_22553418.jpg

お疲れ様でした。

心に華を、腰にサロンパスを。
by katabami03 | 2008-03-30 22:59 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by おけい at 2008-03-31 10:17 x
桜の花が咲いているのに。。。
こんなに雪があるので驚きました。

りし様何でも出来る男!!ですね(^m^)

心に華を、腰に・・・・
その勢いいいですね(^^)
Commented by risi@いけばな at 2008-03-31 23:26 x
少ない特技のうちの一つです。
年を経るにしたがって何かに燃える、ということが少なくなっていくのですが、研修会では上手い人がいっぱいいて、たいへん刺激をうけます。
やっぱりくやしいです。
いつまでたってもオトナになりきれないrisiです。
<< 上野の山は花盛り。 この日のために息をひそめて。 >>