食欲の秋。

花展後の片付けやら何やらがあるのだが、カゼ気味なので今日は休むことにした。とはいうものの、久しぶりに美味しいそばを食べたくなり、思い立って西東京市に行った。

西東京市役所近くの「一喜」というそば屋。
ここの主人は以前東池袋の「あさひ支店」で出前持ちをしていて、今は取り壊された「かたばみ会館」に時々届けてもらっていた。
出前持ちをしながら、そばの名店「一栄」で修行をしていた、と言うことは後に知った。

西東京市には最近移転したということで、ネットで住所を調べて訪ねた。
d0117565_2174518.jpg

フトンが干してあるのを若干いぶかしく思いながら、入り口に行くと、ガビ~ン!なんと定休日だった。
幸いご主人も奥さんもいたので、久闊を謝し、「またきますね~。」と言って店を後にした。
結局昼飯はそばが中華に化けた。

嗚呼、喰えないとなると益々食べたくなる、わたしの欲深い胃袋よ。
by katabami03 | 2007-11-05 21:26 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 伊勢の縄文人。 やっと終わった。 >>