私は怒っている。

・・・というわけで選挙だ。

この欄では極力政治に関することは書かないように努めてきたが、今日は少しばかり言わせてもらおう。
政治家の質の低下は今に始まったことではないが、ここ数年のヒドサは目に余る。金しか頭に無いような志の低い政治屋や浅薄な二世三世たち。まっとうな政治家もいない訳ではないのだろうけれども、政官業の癒着構造から外れた者は表舞台にたつことも無く、加えてジャーナリズムの堕落。権力追随で批判精神を失い、まるで政府の広報機関のような新聞、テレビまである。
結局そんな政治屋を選んでいるのも国民なのだから、日本の民度とはその程度のものなのだろうが、だからといってこのままあきらめていいって訳じゃないよね。
広がる格差、蔓延する拝金主義、税金をむしり取られまるで封建時代のようだ。このままにしておくのもこの流れを変えるのも、結局私達が異議申し立て出来る機会は選挙しかない。
d0117565_20251992.jpg

共産党や社民党が言っていることは、一応筋は通っているが政権をとるまでにはいたらない。
民主党とて寄り合い所帯で本当に信頼に足るかといえば、やはりおぼつかない。結局、「どちらがよりマシか」といったところしか選択の基準が無い。何とも寂しい政治風景だ。
こんな悲しい状況だが、シラケていたり諦めてしまっては未来に対して余りにも無責任だ。

私は怒っている。
by katabami03 | 2007-07-07 20:48 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 高崎物語(3) 外回りをしてきました。 >>