ふとセミの周期を想う。

予想外の涼しいお盆だった。
子供たちが小さいころは毎年どこかに出かけていたが、今年は遠出をすることもなくダラダラと過ごしているうちにいつの間にか盆休みも終わってしまった。ウダウダ過ごした日々であったが、天気が悪かったことも手伝って、それなりのいい休養になったと思える今日この頃。これが年相応というものなんだろうかねえ・・・。

昨日は一応仕事始めということで、池袋の教室に行く。
池袋駅前から護国寺方面に伸びる道、およそ300~400mくらいだろうか、両側は見事な緑の回廊となっている。
d0117565_20593016.jpg
この辺りはいつの頃からか「グリーン大通り」と名付けられている。
こういう命名って大概名に反してショボいことが多いのだが、ここはその名に恥じぬ見事な並木道に成長している。
昭和30年ころの池袋駅前の写真を見るとそこにはまだ戦後の匂いが漂っていて、およそ緑のひとかけらもない光景が見て取れる。
この辺りの植栽は日本の高度成長期と合わせるように企画、整備されてきたものだ。平和な時代が続いたからこそこういう姿が生まれたのだとたびたび思う次第。

昨日この道を歩いている時もそうだったのだが、今年はミンミンゼミの鳴き声が例年以上に多いと思う。周期として発生数の多い年なのだろう。
そこで疑問なのだが、セミはその種類によって地中にいる時期が異なるのだろうか。個体によってちょっと早めに出てきてしまったのがいたり、のんびりしていて普通より遅く出ていたりするのがいればもっとバラケると思うのだが、ほとんどのセミは律儀なのだろう。
若いころ一時期瀬戸で過ごしたことがあったのだが、ある年アブラゼミが大発生した年があった。それはもうすさまじい数で、夜など窓を開けていると度々室内に飛び込んでくるほどだった。
もしセミによって成虫になる周期が異なっているようだったら、ある年にはAセミとBセミの大発生の周期が重なる年もあるだろう。そうなるとその鳴き声、多分ハンパないすさまじさなんじゃないか?
・・・そんな他愛のないことを考えながらの8月17日。


by katabami03 | 2017-08-18 21:34 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2017-08-19 11:14 x
ミンミン蝉の鳴き声が賑やかですね。雨後など特に感じます。蝉とともに夏が足早に去ってゆくようです。川辺の緑道を歩きながら丈の高い草薮で蝉の脱け殻をみた翌日に、舗装道路に死骸がおちていたり。今夏一番のりは随分と早かったようなのですが、種類により鳴く時期が違っても、いずれも成虫の期間は短い? あらためて蝉の一生に思いを馳せます。残暑にお気をつけくださいませ。
Commented by katabami03 at 2017-08-20 15:34
> 風うたいさん
数日前からコオロギが泣き始めました。なんだか不順な天候続きですが、季節は着実に進んでいるようですね。
このところの雨続きで野菜の高騰が気になりますが、それよりもお米の作ゆきが心配です。農家の方はさぞかし気がかりでしょうね。
<< 雨中の尾瀬。 「北アルプス国際芸術祭」鑑賞。... >>