ウンザリだけどアップしま~す。(高崎物語64)

世は押しなべて桜、桜、桜。SNSを開けば桜だらけ。アップしているのはそれぞれとっておきの一枚なのだろうけれど、こうもてんこ盛りだと食傷気味。
・・・とはいうものの、やはり生で見る桜はいいもんだ。
付近にも国立駅前とか昭和記念公園とか、桜の名所があるのだが、実は我が家から徒歩1分のところに植木の畑(?)があって、桜が植えられてからかれこれ7,8年、ご近所一同、ここの桜で存分に花見をさせていただいている。ソメイヨシノをはじめ枝垂れ桜も多く、よって結構長い期間にわたって楽しませていただいている。

本日は高崎出張。毎年この時季には高崎のお城跡に立ち寄り、お堀端の桜を鑑賞して帰るのが恒例となっている。
満開の日に合わせていくわけではないので、年によって終わりかけていたりといろいろだが、ロケーションがよいのでそれなりに楽しめる。
今年は例年より遅いのが幸いして、まさに今日が盛りであった。

d0117565_18375697.jpg
d0117565_18374082.jpg
食傷気味の方には申し訳ないがご覧のような感じでした。先月の高崎市の花展で当会の飯野理江さんの作品が欠落していました。再掲いたします。
d0117565_18451303.jpg

by katabami03 | 2017-04-09 18:45 | 高崎物語 | Comments(2)
Commented by うみうし at 2017-04-09 22:03 x
見事な写真ありがとうございます。徒歩20分辺りに都立光が丘があり、戦前からの古い巨木が緑の芝生の丘陵地に点在して見事な枝ぶりを楽しませてくれるのですが、今年は二人とも何だかんだと理由を付けて見物に行きそこないました。桜で一番印象にの残っているのは4年前に行ったバスクのサンセバスチャンの公園の隅に、遠慮がちに咲いていた三本のソメイヨシノでした。遠い異国の地でひっそりと咲いている様子が可憐に思えたのです。
Commented by katabami03 at 2017-04-10 08:23
>うみうしさん
バスクってスペインですよね。スペインに桜、意外だけど興味ある取り合わせですね。
異国の桜の下でバスク料理とワイン、これでキマリですね。
<< 平々凡々、これに限る。 春を呼ぶ花展。(高崎物語63) >>