上海の旅ー7

こうしてあわただしい中にも充実した二日間の花展は終わった。
折角上海まで来てすぐに帰るのはもったいないので、翌日はしばし上海の市内観光。

すでに一度来た「新天地」をこの日はゆっくりと見物する。
d0117565_21141429.jpg


中国共産党ができた当初ここで第一回目の会合が開かれたそうで、その建物が記念館のような形で保存されている。
d0117565_21164280.jpg
d0117565_2117537.jpg
d0117565_21172846.jpg
d0117565_21174314.jpg


ここでの会合は秘密裏に行われたものであろうが、あえてこういう場所を選んだというのは、みごとに時の政府の裏をかいたという事だろう。
それにしても見学者が思いのほか少ない。私たちがあたりで写真を撮ったりしている間でも、わずかに一人か二人の出入りがあっただけだ。数十年前なら見学者が後を絶たなかっただろう。ほとんど資本主義社会のように変貌した現在、中国人にとってはもはや興味の対象外ということなのか。

上海は西安などの古都と違って歴史的建造物などが少ないが、そんな中にも豫園(ヨエン)という古い庭園がある。私たちが訪ねたときはすでに閉演時間となっており中に入れなかったので、前庭のようになっている池を巡ったり、そこから続く土産物店などを徘徊する。
d0117565_21343951.jpg
d0117565_21353282.jpg


土産物屋や飲食店が軒を連ね、雰囲気は浅草のような感じ。
d0117565_2138213.jpg
d0117565_21382124.jpg
d0117565_21383815.jpg
d0117565_21385958.jpg
d0117565_21391863.jpg
d0117565_21393671.jpg
d0117565_21395648.jpg


漢方薬の専門店は興味津々。
d0117565_21405954.jpg
d0117565_21411221.jpg
d0117565_21412511.jpg


その晩には上海の夜景も見物。
イギリス租界だったあたりは川沿いにモニュメンタルな建物が並んでいて、夜にはライトアップされている。
d0117565_21442435.jpg

d0117565_21444675.jpg
d0117565_21445950.jpg
d0117565_2145174.jpg
d0117565_21453068.jpg
d0117565_2145488.jpg


35年前の中国の旅では上海が最終地で、ここの建物の一つが中国の物産、土産物を売っているデパートのようになっていた。当時、旅行者は中国人一般が使う人民元とは異なる兌換券をつかって買い物をした。この川沿いの通りは大勢の人が歩いていて、私たちもこの通りを歩き、川岸で写真を撮ったりした。
道路から直接川を見ることができたのだが、どうも当時と様子が違う。聞けば道路を拡張し、堤防をかさ上げしてその上を遊歩道にしているとのことだった。
堤防の上に上がってみると対岸には色とりどりにライトアップされた夜景が広がっていた。
d0117565_220202.jpg

d0117565_2203461.jpg


日本から上海まではおよそ3時間ほどではあるが、その3時間に加えること35年、時の流れをしみじみとかみしめる上海の旅であった。



  -終わり-
by katabami03 | 2016-11-08 22:08 | 旅・山 | Comments(0)
<< いつのまにやら。 上海の旅ー6 >>