伝えられていくもの。

古流協会のお仲間、古流松麗会の社中展を拝見。

古流会館の2階に現代華(自由花)3階に生花(古典花)が整然と展示されている。
爽やか、伸びやかな自由花の展示コーナー。

d0117565_20155348.jpg
d0117565_2016029.jpg
d0117565_2016959.jpg


3階には格調高い生花がこちらも整然と展示されている。

d0117565_20174522.jpg
d0117565_20175375.jpg


家元、梶川理仙先生と副家元、久米理真先生による連作。

d0117565_20273011.jpg


先代家元は2年前にお亡くなりになられたが、端正な姿の中にもみなぎる活力は先代ゆずり。その感覚や技術は現家元にもしっかりと伝承されている、そんな姿を見るようであった。
by katabami03 | 2016-07-31 20:30 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 恒例(?)の草刈。 「花は足で生けろ!」、お説の通りで。 >>